2003年にブランドをスタートし、着心地がよくてさりげなくモード感のあるハイブリッドなデザインが多くの女性たちから支持を集めている「Dw2R(ディ・ダブル・トゥアール)」。

NorieM magazine#31 冬号ではイタリアのデザイナーズブランド「ALYSI(アリジ)」とのコラボレートで新しい魅力を見せてくれました。

さらに2018年春にはショップでの「LrdR」とのコラボレート展開が決まっており、新しい一歩を踏み出します。

デザイナーの井野和美さんに自身のブランドへの思いと今後の展望についてお話を聞きました。

 

―NorieM magazine#31 冬号での「アリジ」とのコラボレートはいかがでしたか?

表紙にもなっていて評判も上々です。
「アリジ」はトレンド感のあるエレガントなブランドでテイストが全然違うので、最初は不安がありました。でも、実際にコーディネートしてみるとものすごく相性がよくてバッチリでした。「アリジ」のインパクトのある柄がフレッシュなエッセンスになりました。今までにないミックスコーディネートが新鮮だったし、すごくかっこよかった。私自身も刺激をもらいました。

 

 

―2018年春には「ルクルカ」とコラボレートした「エルアールディーアール」の展開にも挑戦されますが、どのように取り組んでいく予定ですか?
「デニム」と「ナチュラル」という共通テーマを決めて、それぞれ商品構成を考えました。「ルクルカ」がナチュラルでスタンダードなもの、「Dw2R」はハイブリッドで遊びのあるものという役割分担をして幅広い提案をしていきたいと思っています。個性が違うからこその意外な発見や化学反応が今から楽しみです。

 

―「Dw2R」には独特のかっこよさがあるように思うのですが、ルーツはどこにあるのでしょうか?
間違いなく、ロックですね(笑)。ニルヴァーナやレッド・ホット・チリ・ペッパーズ、LINKIN PARK、コールドプレイなどが大好きで夏フェスにも毎年出かけています。だから、自分がデザインするものにもどこかロックっぽさが入ってきてしまうんです。でもそれは決してカジュアルすぎたり、ストリートっぽいものではなくて、大人がかっこかわいく着られるようなエレガントなロックっぽさを目指したいと思っています。

 

―服作りで大事にしていることは?
今はデザイナーが一方的に「これがかっこいいでしょ」って押し付ける時代ではなくなりました。ですから、服作りもお客さまに共感していただけるのが一番大事。トレンドや新鮮さは意識しながらも、着心地よく、着こなしやすくなるように企画しています。例えば、スラリとおしゃれに着こなせるように時代にかかわらずロング丈のIラインをメインにしたり、体型カバーできるデザイン効果を入れたり、流行の柄を大人っぽくデイリーに楽しめるように素材選びに気を付けたり。お客さまの悩みやニーズに手を差しのべていきたいと思っています。それが他との差別化にもなり、強みになっていく気がします。

(写真は、2017年秋冬コレクション)

 

―これからどんなブランドに育てていきたいですか?
地に足のついた企画をしながらも、もう少しエッジィなファーストラインを作れたらいいなと思っています。海外でも展示会を開くのが夢です。5年以内には実現して、存在感のあるブランドになっていきたいです。SNSでも情報発信しようと思っていますのでチェックしてみてください!!

 

Profile

福岡生まれ。1995年渡米。fashion design、fashion businessを専攻。帰国後、ESMOD JAPON東京校でスティリズム、モデリズムを専攻。ファッション工科卒業。

2003年アシスタントデザイナーとして「Dw2R」をスタート。2011年より「Dw2R」メインにデザインを担当。

■Dw2R facebook https://www.facebook.com/Dw2R.MIC/

■Dw2R Instagram https://www.instagram.com/dw2r_press/

 

interview:Harumi Yasuda

photo:Akiko Yamashita

photo(Collection):Dw2R


The brand “Dw2R” was started in 2003, and has gathered support from many women with its comfortable, nonchalant, fashionable hybrid designs. In the winter issue of “NorieM magazine #31”, we saw a new appeal of the brand through collaboration with an Italian designer’s brand “ALYSI”. Furthermore, an in-store collaboration called “LrdR” will be taking place in spring 2018, representing another step into the future. We asked designer Kazumi Ino about her own feelings toward the brand and her future prospects.

 

― How did you find your collaboration with “ALYSI” in “NorieM magazine”? It was very well received, and even made the cover.
“ALYSI” is a trendy, elegant brand with a totally different taste, so initially I was a little unsure. But once we actually coordinated a few pieces, they went together very well and looked just perfect. The impact of the “ALYSI`s” patterns really provided a fresh new essence. The mixed outfits were very fresh, like nothing we’ve done before, and looked really cool. I myself was thrilled too.

 

― For spring 2018, you will also be taking on a collaboration with “Lucruca”, called “LrdR”. How do you plan to work on that?
We’ve decided upon common theme of “denim” and “natural” and have planned each product accordingly. “Lucruca” will be working on natural and standard items while “Dw2R” will be handling fun hybrid items, which I think will allow us to propose a wide variety. Owing to the unique nature of both the brands, the exceptional outcomes and chemical reactions would be great and I can’t wait to see them.

 

― I think the “Dw2R” brand has a very unique style. What do you think the roots of that are?
Rock, without a doubt. I love “Nirvana”, “Red Hot Chili Peppers”, “Linkin Park”, “Coldplay”, and I hit the summer festivals each year. That’s why the pieces I design naturally take on that rocky touch in them. But it’s never something too casual, or street wear type. I’m aiming for elegant rocky-elements that adults can wear and look cool.

― Where do you mainly focus while designing your clothes?
We’ve left behind the era in which designers unilaterally pushed their ideas on others, saying “This is cool, right?” So, in clothes designing as well, shared empathy with customers is the most important thing. While taking trends and freshness into account, I plan for comfort and ease of wear. For example, regardless of generations I use the long length I-line as a main item to look slim and fashionable, or make effective use of a design that covers the body shape, or carefully select the materials so that trendy designs can be worn daily in a mature manner. I want to respond to the concerns and needs of my customers. I suppose this would make the brand different from others and become a big advantage.

 

― What kind of brand do you want to develop into the future?
I would like to design a little more edgy first line while keeping it realistic on planning. It’s also my dream to hold an exhibition overseas. I want to realize that within five years, and create a brand that has real presence. I am planning to share information on SNS as well, so do check it please!!

 

Profile
Born in Fukuoka. Went to America in 1995 where she majored in fashion design and fashion business. After returning to Japan she majored in Stylism and Modelism at the ESMOD JAPON Tokyo School, graduating in fashion engineering. Participated in “Dw2R” since its start in 2003 as an assistant designer, and then as the main designer since 2011.