ファニーなモチーフや楽しい色彩、好奇心を掻き立てるユニークな素材感、そして、ほんのりと薫る異国情緒……。「io comme io」はさまざまなエッセンスがブレンドされた“ナチュラルコンフォート”スタイルで人気のブランドです。得意のニットを中心に心まで豊かにしてくれるアイテムを、2003年のデビューから変わることなく提案し続けています。尽きることのないモノづくりへの情熱とインスピレーションソースをデザイナー 齋藤友里子さんにうかがいました。

 

―「io comme io」で1番大切にしていることは?
“私は私らしく”というコンセプトはスタートした時から変わっていません。スーチングではなく手持ちの服にも合わせやすい単品を中心に、ストーリーのあるモノづくりをしたいと思っています。素材のマッチングや組み合わせ方が分かりやすいように、グルーピングを明確にした提案を心がけています。そして、“ナチュラルコンフォートスタイル”というテーマにもあるように、“自然”からのインスピレーションを得ながら、大人の女性たちが素敵に安心して着こなしていただけるように、温もりや優しさを意識してデザインしています。例えば、顔周りが華やかに見えるように優しいディテールや小物をプラスしたりしています。この+αのデザインは糸1本から作れるニットならではの楽しさですし、私らしさが出ている自慢できるところでもあります。

 

―毎シーズン、とても豊かな発想にワクワクします。そのアイデアはどんなところから生まれるのでしょうか?
クリエーションというと何もないところから発想して、絵を描いてデザインするというイメージだと思うんですが、私の場合は“モノを作る”延長線なんです。編んだり、縫ったり、作ったりするのがもともと好きで、実際に手を動かしながら考えていきます。既成のものの組み合わせではなくて、自分の考えの範囲の中で1から新しいものを作っていきたいと思っています。そして、自分の根っこには“エスニック”があるので、柄や色を決める時にはわりと意識しています。今はインターネットに情報があふれていて、簡単になんでも買える時代ですが、だからこそ、じっくり着て味わっていただけるような服を作りたい。見た目の派手さはないけど、着た時に“なんだかちょっと違うよね”とか、“ここはこんな風になっているんだ”とか、“ここは手作りなのね”というところが伝わったらいいですね。

 

―モチーフの多彩さや色のセンスのよさにも定評がありますが、ご自身ではどんなことがルーツだと思われますか?
若い頃からいろんな場所に住み、ファッションを軸にいろんな仕事をしました。文化服装学院を卒業後、オートクチュールのアトリエを少し経験して、すぐにニットメーカーに就職。その後、自分でオーダーメイドの仕事をするようになったのですが、若くて勢いもあったので、思い切ってパリに行くことにしました。そこでハイブランドのショップスタッフをしながら2年過ごし、せっかくだからイタリアも見て帰ろうとローマやフィレンツェを巡って、最後はナポリに。すぐ帰る予定だったのにイタリアには4年も滞在してしまい、ナポリでは江戸褄の着物をリメイクしてドレスを作ったりして商魂たくましくやっていました(笑)。6年半近く海外にいて1999年に帰国したのですが、この経験が色に限らず、モノづくりに生きている気がします。今も年に2回は必ず海外に行くようにしています。自分の古巣でもありますし、自分が持ち合わせているものはモノ作りに出てしまうので、自分の発想を最大限生かしてモノづくりしていくためには、見聞を広めて引き出しをたくさん持っておかなくてはいけないと考えています。

 

―春夏のテーマについて教えてください。
去年旅した「ルクセンブルグ」をテーマにしました。街並みやお城、人魚をモチーフにしたプリントを使った楽しいコレクションになっていると思います。季節の境目にはおれる軽いコートやハオリやベスト、1枚でもおしゃれに決まって着心地のよいトップスも充実しているので、ぜひ手に取ってみていただきたいです。

(写真は、2018年春夏コレクション)

 

―今後の展望は?
今、モノづくりへの意欲が再燃中です。トレンドは分かっていますけど、流されなくてもいいじゃないかと。それよりもファッションさえもがデータ管理されて合理化されている時代だからこそ、感性に訴えかけるモノを作るべきだと強く感じるようになりました。それこそ昔は何もないところから、ニットなら糸1本、生地もオリジナルで作ってきました。ですが、今1から服を作れるのは私達のような往年の世代しかいなくなってしまったように思います。いろんな服を作ってきましたが、かつての経験値を生かして改めて原点に戻っていくのもおもしろいですね。幸いに私には協力してくれるスタッフやパタンナー、ニッターや織物メーカーなど、貴重な財産があります。みなさんの知恵と力を借りながら、よりよいものを作っていきたいと思っています。

 

Profile

私は人生と共に旅をする。旅のスタートは新潟。奈良、東京と日本での暮らしを経てパリ、ローマ、フィレンツェ、ナポリへ。情熱的なイタリアで、あるときは大自然の中で感性を研ぎ澄まし、そしてあるときは心地よい太陽の下でリラックスするという人生の中での転機となる時間を過ごした。帰国後、1999年、io comme ioの前身ブランド「JK2」をスタート。2002年、私は私らしく…というコンセプトで「io comme io」をスタート。

■io comme io facebook https://www.facebook.com/iocommeio.MIC/

interview:Harumi Yasuda

photo:Akiko Yamashita

photo(Collection):io comme io


Funny motifs, delightful colors, unique texture that stir up curiosity and the faintly exotic air…….. “io comme io” is a popular “natural comfort” brand that blends together a wide variety of such different essences. Since its debut in 2003, the brand has continued to come up with wonderful items to cheer you up, with focus on its special knitwear.
We talked with designer Yuriko Saito about her unending passion for creation and her sources of inspiration.

 

― What does “io comme io” value the most?
The concept of “being true to myself” has remained unchanged since the start of the brand. I want to create stuff with a bit of story in them, so I focus on single items that can be matched with your existing clothing, instead of requiring any special outfits. I ’m very careful to make grouping is clear, so that material matching and combinations are easy to understand. Also, in accordance with the theme of a “natural comfort style”, I draw inspiration from nature while designing with an awareness of warmth and kindness, so that mature women can be at ease wearing my pieces and look absolutely lovely. For example, I add gentle details or accessories in order to make the area around the face look more vivid. These designs that go the extra mile also have the kind of fun that can only be achieved by knitting them from a single thread of yarn, and I can proudly declare how true they are to myself.

 

― Every season, your remarkably varied range of ideas is always so exciting. Where do all those ideas come from?
When you think of “Creation”, you may imagine thinking of an idea from nothing, and then drawing a picture to design it, but in my case creation is just an extension of “making something”. I’ve always loved knitting, sewing and making things, and I think as I work.
Rather than combining existing things together, I want to create something new, from scratch, from within the range of things I can think of. My own roots are “ethnic”, so I’m quite aware of them when deciding patterns or colors. Nowadays the internet is overflowing with information, and you can easily buy whatever you want, but that’s also exactly why I want to make clothing worth settling into and wearing properly. My pieces are not too flashy, but it will be great if wearing them makes you feel like “This one is different”, or “so that’s what happening here”, or “This part is hand-made”.

 

― You also have a good reputation for diverse motifs and your color sense. Where do you think these things are rooted?
I have lived in various places since I was young, and did a variety of jobs in fashion. After graduating from Bunka Fashion College, I got a little experience at Haute Couture`s atelier, and then immediately I started working as a knit maker. After that I started to make my own order made pieces, but I was also young and very driven, so I decided to go to Paris. I spent 2 years there, working as store staff for a high brand. Now since as I was already in Europe, I decided to use that opportunity to see Italy before coming back, and so I went to Rome, Florence, and finally Napoli. I originally planned to come back to Japan soon, but I ended up spending 4 years in Italy! In Napoli I really worked on my commercial spirit (laugh), remaking Edo-style kimono and making dresses. I returned to Japan in 1999 after staying close to 6.5 years overseas, and I think those experiences come through not only in my use of color but also my making as a whole. I still make sure to go overseas twice a year, without fail. I have my old haunts over there, and I bring a lot of myself into what I make, so in order to maximize my own ideas I need to expand my horizons and draw out as much from myself as I can.

 

― Please tell us about your theme for Spring & Summer.
I took “Luxembourg” as my theme, a place that I travelled to last year. I think this is a very fun collection, using prints with motifs such as townscapes, castles and mermaids. It has a rich collection of light coats, formal coats, vests etc. that can be worn during season change, and comfortable tops that would just be enough for that smart look.
I hope people will experience these for themselves.

 

― What’s the outlook for the future?
At the moment, I’m reviving my passion about manufacturing. I know the current trends, but I don’t think I need to be swept along with them. Rather, as we now live in an age in which even fashion is managed as data and becoming completely rationalized, I strongly feel that I need to make things that appeals to emotions. Exactly like how I used to take a single thread of yarn, for a knitted item, and create something original from nothing. But I think nowadays we former generations are the only ones making clothing from scratch. I’ve made all sorts of clothing, but I think it’s also interesting to use my experience while returning to the starting point. Luckily for me, I am blessed with precious assets in the form of staff, partners, knitters and textile manufacturers etc. who would cooperate with me. I hope to lean on their knowledge and strength, and create even better stuff.

 

Profile

My life has been a journey. It started in Niigata. I lived in Nara and Tokyo, Japan, before heading to Paris, Rome, Florence and Napoli.
Living in passionate Italy formed a turning point in my life, at times honing my sensibilities amid the sprawl of nature, at others relaxing comfortably beneath the sun. After returning to Japan I started the brand “JK2”, precursor to “io comme io”, in 1999. In 2002, based in the concept of “being even true to myself”, I started “io comme io”.