20178月の大阪公演、9月の東京公演と大好評を博した『アイチュウ ザ・ステージ』が、『アイチュウ ザ・ステージ ~Stairway to Étoile 2018~』として、新たなキャストを迎えての再演が決定。2月の上演を前に、池袋・サンシャインシティ噴水広場で公開制作発表が開催されました。

制作発表には、川井雅弘さん、丸目聖人さん、小波津亜廉さん、佐川大樹さん、結城伽寿也さん、登野城佑真さん、須永風汰さん、田中晃平さん、そして演出の田尾下哲さんが登壇し、会場に駆けつけたたくさんのファンの皆さんと一緒にライブ会場のような盛り上がり、公演への期待感が高まる制作発表となりました。

「アイチュウ」は、20156月からサービスが開始され、現在 100万ダウンロードを突破した、恋愛アドベンチャーゲーム。

ゲームのストーリーからも女性ユーザーを中心に話題が広まり、昨年の11月に開催された1日限定のライブ「LIVE!!アイチュウ The Stageétincelle」は、チケット発売から数分で完売するという注目の人気作。

制作発表は、I❤︎B(アイビー)が「深海マーメイド」、F∞F(ファイヤーフェニックス)が「I am a HERO」を披露。

 

 

ラビ役の新キャストの須永風汰さんは、「昨年のライブを見させていただいていたので、今このグループの中にいることが不思議な感じで、夢みたいです。今日他のメンバーの姿を見て、”うわっ!!本物だ!!”って感動しました」と笑顔を見せると、メンバーの結城伽寿也さんからは、「予想を超えた面白さを持っていて、大人しそうに見えて、人見知りかなって思っていたんだけど、そんなことはなくて、本当に面白いんです」とコメントが。

今回の再演が決まったと聞いた時の気持ちを、田中晃平さんは、「再演は、前回よりグレードをあげなくてはと試行錯誤しています。いいものになればと思っています」と語ってくれました。

また、新しく愛童星夜を演じる川井雅弘さんは、会場の大きな声援に「胸が飛び出るかと思いました。お客さまを目の前にすると緊張感が桁違いですね」とコメント。新加入の川井雅弘さんについて、丸目聖人さんは「すごくやる気がみなぎっていて、愛童星夜をすごく感じるので、稽古が楽しみです」とコメント。

川井さんは、「経験のある方たちばかりなので、大船に乗った気持ちでいます。皆さんしっかりした個性があるので、その個性につぶされないように、愛童星夜としてガンガン前に出ていきたいと思っています。ユニットの個性も楽しみにしてください」と語ってくれました。

それぞれのグループのセールスポイントについて、「F∞F(ファイヤーフェニックスは、ファミリー感です。星夜を筆頭に、家族のようなチーム力が魅力だと思います。そして、何よりかわいい皆んなを見守っていけるように頑張ります。I❤︎B(アイビー)の魅力は、それぞれキャラクターが立っていて、あと楽器を使うのでそこも魅力のひとつですね」と丸目聖人さん、小波津亜廉さんが語り、「I❤︎B(アイビー)は、波長がすごく合うなって思います。シャアハウスに一緒に住んでいるという感じを出せるかなと思います。僕らから見てF∞F(ファイヤーフェニックス)は、THE HEROという感じです」とノア演じる佐川大樹さんが語ってくれました。

演出家の田尾下さんは、今回の再演について「シャッフルユニットもありますし、新しいキャストも加わりましたので、そこはフレッシュな気持ちでいこうと思っています」とコメント。

また、今回新キャストに加わったメンバーの皆さんをスクリーンでご紹介。

新キャストを迎えパワーアップする『アイチュウ ザ・ステージ ~Stairway to Étoile 2018~』お見逃しなく!!

【公演情報】

◾️タイトル 『アイチュウ ザ・ステージ ~Stairway to Étoile 2018~』

◾️日程・会場 2018223日(金)~31日(木) 池袋・サンシャイン劇場

◾️原作 恋愛リズムアドベンチャー「アイチュウ」(リベル・エンタテインメント)

◾️演出 田尾下 哲

◾️脚本 保科 由里子

◾️音楽 早川 大地

◾️出演

川井 雅弘、丸目 聖人、小波津 亜廉、石渡 真修、宮城 紘大、佐川 大樹、結城 伽寿也、登野城 佑真、須永 風汰、田中 晃平、綾切 拓也、神越 将、菊地 燎、山内 圭輔、荒 一陽、岸本 卓也、設楽 銀河、竹石 悟朗、田中 精、井上 一馬、大場 達也、吉窪 司

◾️公式ホームページ http://i-chustage.jp/ 

photo&text:Akiko Yamashita

(2018,01,29)

#NorieM #アイチュウ #アイステージ