世界24ヵ国・500都市で上演され、世界観客動員800万人に迫る和太鼓エンターテイメント集団「DRUM TAO(ドラムタオ)」の2018年新作『RHYTHM of TRIBE~時空旅行記~』の豊洲PITでの上演が決定。

新作『RHYTHM of TRIBE~時空旅行記~』のコンセプトは、SAMURAIたちが過去・現代・未来を行き交う魂の旅。

国籍もジャンルも越えて鳴り響くリズムにのって、心は躍り、身体が揺れてしまうこと間違いなし!!

2016年の『舞響-Bukyo-踊る○太鼓』で初タッグを組んだ映像クリエイティブ集団ZERO-TENが、本作の映像制作も担当。プロジェクションマッピングによる映像で、舞台を異空間にいざないます。そして衣裳を手掛けるのは、今年で7年目となるコシノジュンコさん!!コンセプトのトータルプロデュースは、音楽・映画・美術・舞台など幅広いジャンルに造詣の深い立川直樹さんが手掛けます。

 

また、東京初 の『TAOの夏祭り』の 同時開催も決定!!

TAOの拠点でもある大分県の竹田市久住では、毎年メンバー自身が手掛ける盛りだくさんの「夏フェス」が開催されており、大変な盛り上がりをみせます。今回は、開演の2時間前にOPENし、ロビーでのお迎えLIVEなど、大人から子供までTAOを満喫することができます。

 

【公演概要】

■タイトル  DRUM TAO『RHYTHM of TRIBE~時空旅行記~』

■日程 ・会場 2018年 7月19日(木)~27日(金) 【全15公演】  豊洲PIT

■演出・制作  フランコドラオ

■衣裳デザイン コシノジュンコ

■舞台デザイン 松井るみ

■コンセプト 立川直樹

■映像 ZERO-TEN

■出演 DRUM TAO

■公式ホームページ  http://www.drum-tao.com/

(2018,04,10)