2018年1月発売春号#32のmeets Princeで本誌初登場してくれた前山剛久さんが7月10日発売の秋号#34のFASHION PARTYでモデルに初挑戦!!

撮影後の前山さんに撮影の感想と6月2日から上演をスタートした舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰についてもお話をうかがいました。

 

ー撮影おつかれさまでした。まず撮影終わっての感想をお願いします。

今回みたいなボリュームあるファッションページの撮影の経験は今までになかったので、楽しかったです!!

 

ー今回モデルに初挑戦でしたが、難しかったところを教えてください。

スタイリングの中でかぶった魔女の帽子。かぶったことのない帽子だったのですごく難しかったですね。最初はかわいい雰囲気のショットだったので、そこは昔を思い出しながら撮影しました。モデルってかわいい表情からかっこいい感じまでいろいろな表情のショットが必要で、特に、かわいいショットがすごく久しぶりで難しかったです(笑)。クールなイメージの方は、今の僕に近い感じかな。それでも、モデルは服を見せる仕事で、今回の撮影で一番モデルっぽいなと思ったのは、ロングコートをバックショットで動きを見せて撮影したことですね。役者の仕事の中での撮影でバックショットはあまりないので、それが不思議でしたね。撮影中にも話しましたが、なかなか無い経験ですごくびっくりしました‼︎

 

ー今回全部で10スタイルの撮影でしたが、撮影した中でのお気に入りのスタイリングを教えてください。

今回撮影した中では、このインタビューで着ているスタイリングが一番気に入ってます。黒なんだけど、かわいいし、かっこよくてすごく魅力的でした。自分で服を選ぶときは黒も多いけど細身のシュッとしたイメージのものが多くて。このスタイルは、いつもの自分の好きな雰囲気もありつつ、かわいさがあって、撮影中はネックレスに帽子もプラスされて、しかも帽子もすごく特徴あるかぶったことのない形のもので、アーティスティックなスタイル。アーティストさんのアー写に近い雰囲気だったので、役者として演じながら撮影できたかなと思ってます。

 

ー雑誌の発売の前に、舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰の公演がありますが、この作品に出演が決まった時の気持ちを教えてください。

すごく嬉しかったです!!出たいなと思っていた作品でしたし、お客さんとしてミュージカル版もストレートプレイ版も拝見していました。また、仕事をしていく中で、これらの作品に出演しているキャストがすごく増えて、出演したキャストの皆さんの作品への愛をすごく感じていたので、今回出演できることはすごく嬉しいです。特に今回演じる鶯丸はとても気になっていたキャラクターだったのでめちゃくちゃ嬉しかったです。

 

ー前山さんが演じる鶯丸、どんな風に役を作っていきたいと考えていますか?

末満さんとは、別の作品でもご一緒していて、ゲームでまずは声と雰囲気はしっかり勉強して欲しいと言われる方なので、最初は声から作っていってます。鶯丸の声は僕にとってはすごくやりやすい声で、もしかしたら自分の声に近いのかもしれませんね。初めて演じる役ですが、動きもスムーズに入ることが出来ているので、気持ちの面も追いついて、内面を深めていこうと進めています。

 

ー公開されているビジュアルもとても素敵ですが、ご自分でビジュアルをみた感想を教えてください。

服もタイトで、今までにない髪型だったので自分の中ではすごく不安だったのですが、似合ってると思いました。周りの方の反応も良かったので、すごく嬉しいですね。

 

ー舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰への意気込みとメッセージをお願いします。
シリーズ過去作品をお客さんとして観ていて、そしてアプリゲームでプレイしながら僕自身のめり込んでいる部分があり、キャラクターへの思いもあるので、そこをクリアしてきちんと演じていきたいと思っています。役者としては、最初に鶯丸を演じるので、しっかり鶯丸に見えるように努力して、そこから前山剛久の色が垣間見えるように、そして新しくこの作品に参加する事で、新しい作品の魅力にプラスになれたらと思います。ぜひ楽しみにしてください。そして、7月発売の秋号では本当に楽しいファッション撮影に挑戦しました。こちらもカッコよく撮っていただいたのでぜひ楽しみにしてください。

ファッション撮影が行われたのは、5月13日。現在上演中の舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰の稽古が始まったばかり、稽古場の雰囲気を「キャスト間の雰囲気はほんわかしていてみんな刀剣男士たちはわいわいしていますが、緊張感もあって、みんなプロなのでしっかりやろうという感じがあります。僕自身はこの作品が初めてなので、何回か出演しているキャストと比較すると足りないところがあるので頑張っていかなくてはと思っています。楽しい中にも覚悟をしながら毎日稽古に臨んでいます」と語ってくれた前山さん。

昨日明治座公演の千穐楽を迎えたばかり、前山さんが出演する舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰の公演情報はこちら。ぜひ劇場でご覧ください。

【公演概要】
■タイトル 舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰
■日程・会場
明治座特別公演:2018年6月2日(土)~6月6日(水) 明治座
京都公演:2018年6月14日(木)~7月1日(日) 京都劇場
福岡公演:2018年7月4日(水)~7月6日(金) 北九州ソレイユホール
東京公演:2018年7月19日(木)~7月22日(日) 日本青年館ホール
東京凱旋公演:2018年7月25日(水)~7月29日(日) 天王洲 銀河劇場
千秋楽公演は全国147の映画館でライブビューイング上映が決定!!
■出演
三日月宗近:鈴木拡樹 山姥切国広:荒牧慶彦/骨喰藤四郎:三津谷亮 不動行光:椎名鯛造 へし切長谷部:和田雅成 歌仙兼定:和田琢磨 鶴丸国永:健人 燭台切光忠:東啓介 大般若長光:川上将大 鶯丸:前山剛久 大包平:加藤将/小烏丸:玉城裕規

足利義輝:中河内雅貴 鵺と呼ばれる:碓井将大 他
■公式ホームページ  https://www.marv.jp/special/toukenranbu/ 

 

【Profile】

1991年2月7日生まれ 0型 特技 ギター、テニス
2018年6月から上演の舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰 鶯丸役で出演。また、8月に上演の舞台版『戦刻ナイトブラッド』では上杉謙信役。9月開催の『あんステフェスティバル』(『あんステフェス』) では天祥院英智役として出演が控えている。

(2018,06,07)

photo:Hirofumi Miyata

hair&make:Junko Kobayashi

interview&styling:Akiko Yamashita

#NorieM #NorieMmagazine #fashion #fashionnews #fashioninterview #前山剛久 さん #刀ステ