NorieM magazine本誌で「藤田俊太郎のなないろ」を連載中の藤田俊太郎さんがロンドンでミュージカル演出デビュー!!

 

藤田さんが参加するのは、梅田芸術劇場が英国 チャリングクロス劇場と共同で演劇作品を企画・制作・上演する新規プロジェクト。
米国ブロードウェイと並び、世界的な演劇の拠点である英国ウエストエンド。その中心部に位置するチャリングク ロス劇場は150年以上の由緒ある歴史を持ち、オフウエストエンドの中で今最も注目を浴びている劇場のひとつ。

チャリングクロス劇場の芸術監督トム・サザーランドさん総指揮のもと、日本とイギリス共同で公演を企 画・制作し、演出家と演出プランはそのままに、「英国キャスト版」と「日本キャスト版」を各国の劇場で上演するという、日本演劇史上でも稀有といえるプロジェクトです。

藤田さんは、単身渡英し、ウエストエンドで数々の作品を手掛ける一流クリエイティブスタッフ、キャストと共に 約6週間の稽古を重ね、チャリングクロス劇場で約3ヶ月の完全プロデュース興行に挑みます。

『VIOLET』作品について
トム・サザーランドさんと藤田俊太郎さんが協議を重ね、その独創的な脚本と音楽に惚れ込み『VIOLET』の上演が決定。

本作は、1997年にオフ・ブロードウェイにてプロデュースされ、7部門のドラ マ・デスク・アワードにノミネート。ドラマ・クリティックス・サークル・アワードの最優秀ミュージカル賞、ルシル・ ローテル賞の最優秀ミュージカル賞受賞作。音楽のジニーン・テソーリが手掛ける楽曲は高い評価を受けた作品です。

今回のプロジェクトについて、藤田さんは、「チャリングクロス劇場のラインナップとなる一作を日本の演出家に託すという、素晴らしく野心的で、 自分の人生の中でも大きなチャレンジとなる機会に感謝致します。オファーを頂いた時には、梅田芸術劇場の皆さんの演劇・ミュージカルに対する気迫と熱意に押し倒されそうでした。ゼロからの気持ちで 挑戦します」とコメントを発表。

ロンドン公演は、2019年1月14日(月)からプレビュー公演が上演され、 2019年1月21日(月)-4月6日(土) にチャリングクロス劇場で上演予定。日本公演は、ロンドン公演終了後の 2019年以降に東京・大阪にて上演が予定されています。

(2018,06,22)

#NorieM #NorieMmagazine #藤田俊太郎 さん