韓国アイドルグループ大国男児として活動し、2018年本格的なソロ活動をスタートしたカラムさんが主演を務める新作ミュージカル『GRIEF7』が開幕しました。

自由な国アメリカを舞台に、カラムさん演じるリュウが日本でのアイドル活動を辞め、単身渡米。アメリカで本物の歌手を目指すリュウが、挑戦するオーディション番組のプロデューサー殺害容疑で刑務所へ。そこで出会うカワイ、グニョン、サム。

そして、リュウを気にかけるのは、リュウが日本でのアイドル活動時代から兄として慕っているフクダ。

看守として見守るムラセ。牢獄の中に閉じ込められながらも、自由と幸せを模索する人、牢獄の外にいながらも不自由と罪を感じながら生きる人。孤独になりきれない男たちが巻き起こす監獄ストーリー。

初日公演を前に演出を務める錦織一清さん、カラムさん、米原幸佑さん、加藤良輔さん、碕 理人さん、SHUNさん、三浦海里さんら出演キャストが登壇し、作品への意気込みを語ってくれました。

 

錦織一清さん

今年は梅雨明けの早い中、暑い最中におよそ1ヶ月の稽古をしてきました。昨日は場当たり、ゲネプロで初めて通し稽古を観る日となりました。ゲネプロが終わってバトンタッチができたかなと思っています。僕の中でいろいろな感想はありますが、荒削りなところも好きなところですし、僕からのバトンがお客さまの前で落ちてしまっても、それを必ず拾って走ってくれればお客さまは喜んでいただけると思います。お客さまと一緒にこの作品がすくすくと育っていくと思います。僕自身もお客さんとしてこの作品に期待しています。

 

カラムさん

言葉のことで僕なりに大変なこともありましたが、錦織さんはじめ皆さんにお手伝いいただき、素敵なミュージカルに出演できることがとても嬉しいし、今までいろいろな舞台やミュージカルに出演しましたが、一番自信のある作品になりそうです。たくさんのお客さまに早くご覧いただきたい気持ちでいっぱいです。みんなで力を合わせて素敵な作品になるよう頑張ります。

 

米原幸佑さん

本当に豪華で素敵なスタッフの皆さんが集結した『GRIEF7』。そのスタッフさん恥じないパフォーマンスを10公演お客さまへ届けられるようしっかり頑張っていこうと思っています。

 

加藤良輔さん

いよいよだなって感じがしています。舞台上は緊張感のある雰囲気なので、いい緊張感を持って皆んなで繋いでいって、ラストまで行ければと思っています。応援お願いします。

 

碕 理人さん

この作品の顔合わせのときはすごく緊張していましたが、稽古が始まってからはあっという間でした。お話自体はすごく重たいですが、錦織さんの演出で笑いが入って、歌やダンスで極上のエンターテインメントになっていると思います。このメンバーだからこそできた『GRIEF7』があります。皆さんに観に来て頂き、“最高だったな”と思っていただけるよう精一杯頑張ります。応援よろしくお願いいたします。

 

■SHUNさん

あっという間の1ヶ月。その中で本当にみんなで一緒に作り上げてきて、愛情もあります。来ていただくお客さまにこの作品を愛して、楽しんでいただけるように精一杯、全力で挑みたいと思います。

 

三浦海里さん

基本1回出たら緊張しないんですが、この作品はずっと緊張しっぱなしです。看守として弱そうに見えてしまうので、肩パットが入っています(笑)。その肩パットに頼らなくてもいい男になることが千穐楽までの目標です(笑)!!精一杯10公演頑張ります。

 

今井稜さん

最初は不安もありましたが、今までやってきたことを信じて、少ない時間ですが、最後まであがき続けてお客さまへ良いものが届けられるよう精一杯頑張ります。

矢内康洋さん

ゲネプロが終わって安心した部分もあり、初日を迎えることにドキドキしています。本番10公演走り切りたいと思います。応援よろしくお願いいたします。

 

【公演概要】

タイトル ミュージカル『GRIEF7

日程・会場 2018727日(木)~731日(火) 俳優座劇場

演出 錦織一清

脚本 三浦 香

原作 野村桔梗

出演 カラム、碕 理人、SHUN、三浦海里/加藤良輔/米原幸佑

公式ホームページ

https://www.clie.asia/g7/

(2018,07,28)

©️2018CLIE/TOKYO MX/G7

photo&text:Akiko Yamashita

#NorieM #NorieMmagazine #GRIEF7 #musical