小学館「マンガワン」にて連載され、現在はスピンオフ作品「REIGEN」を不定期連載中のONE原作「モブサイコ100」の舞台化作品、舞台『モブサイコ100』~裏対裏~が本日開幕!!

初日公演前に、 伊藤節生さん、馬場良馬さん、河原田巧也さん、松本岳さん、平田裕一郎さん、なだぎ武さんによる囲み取材が開催され、意気込みや見どころを語ってくれました。

 

伊藤節生さん:影山茂夫 役
前回は初めての舞台。この作品も旗揚げ公演でした。初めての舞台でしたので、僕的にはてんやわんや。気持ちも落ち着かないままに本番を迎えましたが、今回は稽古の段階から本番を見据えて楽しみながら作ってこられたと思います。
見どころはモブ君以外を推したいところですが、そこはお任せして、僕が推したい見どころは、戦闘シーン。今回は派手です!!僕がとにかくたくさん動きます。カッコよく映るように稽古をしてきたので、そこをお見せできればと思っています。前作の時にもお話しましたが、名前のないキャラクターたちがとても面白いので、そこにも注目してください。
ストーリーも前回とは雰囲気が変わってきます。新たなキャストを迎えて、新しい風を巻き起こしていきたいと思っています。
前回はどのような反響を頂くのか不安ながら楽しみにしていましたが、今回の続編は皆さんからのたくさんのお声を頂いて実現したと思っています。とても嬉しいですし、その皆さんの期待以上のものができていると思います。ぜひ楽しみに劇場へ足を運んでください。よろしくお願いします。

 

馬場良馬さん:霊幻新隆 役
初演の前作が今年の1月。そして新作の続編を9月に上演できることになりました。短いスパンで続編をできるのは、前作をお客さまに支持していただいたおかげだと思います。また、本作への皆さんの期待値が高いのも必然です。そこを優に超えられるように稽古をしてきました。新しいキャラクターも登場しますし、何より律とモブの兄弟愛が作品のキーとなっています。存分に噛み締めていただきたいです。
霊幻として見どころは、原作に無いエピソードが盛り込まれていて、ショウとも絡んだりします。そこがオリジナルなので、注目して観ていただけたら嬉しいです。馬場良馬として個人的に好きなシーンは、覚醒ラボのメンバーです。とても濃いのでぜひご覧いただければ嬉しいです。
今回は神戸での公演があります。この作品の輪が広がるように全力で頑張って、今回少し出てきている爪のメンバーや、先があるのでは無いかと期待させる作りになっているので、この作品の波がどんどん大きくなって、日本中に、世界中に浸透していけばいいなって思っています。

 

河原田巧也さん:花沢輝気 役
前回は後半の戦いで出演させていただき、その時はアナログ的な戦い方でしたが、今回は思う存分いろいろな技術を駆使してアクションシーンを表現していきます。これが超能力バトル!!という前回とは違った形を出しています。今回は戦いに踏み込むキャラクターではなく、全体を見ている新しい形を皆さまにお見せできると思っています。
個人的な見どころは、前回はストーリーの中で満を持して後半に出演するという形でしたが、今回も同じポジションではありますが、とてもおいしい兼ね役をいただきました。テルとは全く違う役ですので、ぜひ探してみてください。
前回の公演でモブと戦った時は、実は学ランのままで戦っていて、漫画ですと白のTシャツで戦っていて、服が破れて白Tポイズンというあだ名ができましたが、今回は舞台ならではの新しいあだ名ができましたので、どういう経緯でそうなったのかというところをストーリーを追って楽しんでください。
ゲネプロが終わって、初日が終わって、いろいろなキャストの写真がインターネットにアップされていくと思います。僕は諸事情があって写真では見れないのでぜひ劇場にその姿を観に来てください!!

 

松本岳さん:影山律 役
前作に引き続き、影山律という役をできることを光栄に思っています。前回が漫画の1から3巻の途中までのお話で、律の出番が少なかったのですが、今回は演出家の川尻さんが律の内面的な部分をすごく繊細に描いてくださっているので、それに応えられるように僕も頑張りたいです。キャストのほとんどが前回から引き続きという方が多いので、稽古をしていく中での仲の良さが舞台上で伝わればいいなと思っています。
僕的な見どころは、神室真司との出会いで心が変化していくところとそれによって生まれた兄さんへの剥き出しの感情。そこは、律としても観ていただきたい感情です。他のモブのキャラクターたちが輝いている舞台だと思います。そこにも注目してください。
今回出番もたくさんあるし、次につながるような作品にできたらいいなと思っています。今回だけで終わらないと僕は思っています。次にうまくバトンを繋げられるような舞台にしたいです。全力で挑みます。観に来てください。

 

平田裕一郎さん:神室真司 役
今回演じる神室真司は初登場で、僕自身も初めてこの作品の世界へ入りました。今回は律とモブの兄弟愛と演じる神室真司の兄へのコンプレックス、嫉妬心を持っていて、そのために律をうまく利用しようとするという人間模様があります。稽古を楽しくやってきましたので、あとは本番でうまく描けたらなと思っています。
個人的な見どころは、律と神室とで不良たちをねっとりと追い詰めていくところと、まさかの地獄をみる神室というところまでの流れを楽しんでいただけたらと思っています。あとは、この人がこの役がやるんだという兼ね役となだぎさんのアドリブです(笑)。
今回のサブタイトルの裏対裏という裏の主人公としてモブたちへ影響を与えていきます。僕が今まで演じたことのない役をいただいていますので、ぜひ楽しんでご覧いただけたらと思っています。

 

なだぎ武さん:エクボ 役
長い芸能生活の中で、首から下を消されて、ほぼ顔だけで演じるということが初めての経験でした。今回は全身タイツということで似合うような体型を作るために、毎日20㎞走ってきました(笑)。いい意味で原作のファンの期待を裏切りつつ、そして大事なところで原作ファンの皆さんを裏切らない舞台にしていきたい。
今回のパートナーは律くん。モブが生まれつきのスーパー超能力者。弟の律は、超能力が無いというコンプレックスを抱えていて、エクボがきっかけで覚醒するという大事なパートナー。ふたりの掛け合いに注目してください。
前回もすごく盛りあがりを見せた舞台ですので、続編でもものすごい盛りあがりになるのではと思っています。ぜひ劇場に足を運んでいただき、芝居で盛りあがって、帰りに物販で私のグッズを買っていただければと思います。オススメは、私がなぜか脚立に座っているという不思議な写真があります(笑)。そちらを買っていただき、楽しんでいただけたらと思っています。

原作は2012年4月から裏サンデーにて連載がスタートし、小学館のコミックアプリ「マンガワン」にて連載。コミックスは最終刊第16巻を刊行、 2016年7月にはTVアニメ化され大ヒットし第2期の放送が2019年1月に決定、さらに2018年1月には実写ドラマ化もされ、メディアミックス展開でも今大注目のコンテンツです。
初演で暗田トメを演じた田上真里奈さんの映像出演と見どころ満載!!
衝撃のサイキック青春グラフティ、お見逃しなく!!

【公演概要】
■タイトル 舞台『モブサイコ100』~裏対裏~
■日程・会場
東京公演:2018年9月13日(木)~9月17日(月・祝) 天王洲 銀河劇場
神戸公演:2018年9月20日(木)~9月23日(日) 新神戸オリエンタル劇場
■原作 ONE「モブサイコ100」(小学館「マンガワン」連載)
■脚本・演出 川尻恵太(SUGARBOY)
■出演
影山茂夫 役:伊藤節生
花沢輝気 役:河原田巧也 影山律 役:松本岳 神室真司 役:平田裕一郎 鬼瓦天牙 役:大海将一郎
徳川光 役:星乃勇太 米里イチ 役:末永みゆ 郷田武蔵 役:兼崎健太郎 エクボ 役:なだぎ武
ショウ 役:永田聖一朗 桜威 役:神里優希 誇山 役:和成 密裏賢治 役:平尾健蔵
霊幻新隆 役:馬場良馬
[脳感電波部]
犬川 役:森公平 猿田 役:田代哲哉 雉子林 役:匁山剛志
[肉体改造部]
佐川 役:米村秀人 隈川 役:赤谷翔次郎 志村 役:能登屋ヒヒ丸
[映像出演]
暗田トメ 役:田上真里奈

2019年2月6日(水)に早くもBlu-ray&DVDリリース決定!!

■公式ホームページ  https://www.marv.jp/special/mob_stage/
■公式Twitter @mobpsycho_stage
(C) ONE・小学館/舞台『モブサイコ100』製作委員会

(2018,09,13)

photo&text:Akiko Yamashita

#NorieM #NorieMmagazine #モブサイコ100