東京・西麻布で行われた2019年春夏コレクションの展示会に行ってきました。

デザインを立体裁断で行うことで、とっかかりとなるシルエットを感覚的に探り当て、そこから全体を彫琢(ちょうたく)していくという方法で服作りを行っている同ブランド。

“(un)usual”と題した今シーズンは、日常の中にエレガンスをもたらすようなデザインを提案していました。
また、写真にはありませんが、人気のあったプリントのアイテムを無地で展開したものなど、これまでのベストセラーといえるアイテムを、新たにベーシックラインとして提案したデザインも登場。

デザイナーの田中崇順さんによると「エッセンスを加えながら、洗濯ができるようにしたり、価格を抑えたりしました」ということなので、こちらも注目を集めそうです。

(2018,09,14)
photo&text:Shinichi Higuchi

#NorieM #NorieMmagazine #fashion #fashionnews #divka #ディウカ #19ss #展示会