Our Hikaru Asami Musical Top Hat interview has also been translated into English.

You can find it below the Japanese. Be sure to check it out!!


ミュージカル『TOP HAT』は、本当に大好きな作品と語る朝海ひかるさん。

11月、12月と東京、大阪で上演されるミュージカル『TOP HAT』マッジ役で出演の朝海ひかるさんに、作品の魅力、ミュージカルの魅力を語っていただきました。

ー華やかでゴージャスなこれぞミュージカルという作品である『TOP HAT』。朝海さんにとっても久しぶりの海外ミュージカルへのご出演になりますね。

前回出演したのは、ミュージカル『シカゴ』で色のない世界でした。実は演出するマシューさんも以前ミュージカル『シカゴ』への出演経験があり、“『シカゴ』のように決められた動きや形もとても美しいけれど、この作品については、キャストのキャラクターに合わせて動きも変わっていいし、自由に楽しくやってくれていいよ”と言われました。この作品は“楽しさ”だけでできているミュージカルといっても過言ではない作品です。今から本当に楽しみにしています。

 

ー来日版をご覧になって、手が痛くなるくらい拍手をし、感動した作品に朝海さんご自身が出演すると決まった時の気持ちはどうでしたか?

オーディションを受けたときは、受かるか否かよりも、この作品がすごく好きだから参加しました。オーディション会場で演出のマシューさん、振付のビルさんとお会いできたことがとても嬉しかったです(笑)。

オーディションは緊張しましたが、“君にお願いするよ”とマシューさんに言っていただき、本当に嬉しくて飛びあがり、抱きついて、“Amazing!!Miracle!!”とありったけの単語を使って喜びました!!

ーミュージカル『TOP HAT』に朝海さんが感じる魅力とは?

本当に全部なのですが、強いて言うならば、すべてのダンスナンバーです!!群舞のダンスナンバーは特に圧巻です。振付が素晴らしく、ダイナミックで、長いナンバーでも観る人を飽きさせることなく、ダンス!!ダンス!!ダンス!!と真っ向勝負しているところが魅力だと思います。

 

ー200着以上の衣裳が準備されているということでも、注目が集まる作品ですが、衣裳を纏ったときのお気持ちと撮影エピソードを教えてください。

今回イギリスで上演された際に使用された衣裳がそのまま日本に来ています。素材感や微妙な色合いが既成のものでは作ることが出来ないものなので、袖を通すのがとても楽しみでした。

ポスターやリーフレットに掲載されているマッジが被っている帽子もかぶる角度がとても難しく、角度違いで何回も撮影しました。その中から選りすぐりの1枚が現在公開されていますので、ぜひご覧ください(笑)。

 

ー歌にダンスに衣裳も華やかで盛りだくさんなこの作品のために準備してきたことを教えてください。

ボイストレーニングはもちろんですが、久しぶりのミュージカルですので、体力づくりをしています。私の演じるマッジはほとんど踊らないのですが、すごく動きまわる役ですので、体力はあった方がいいなと思い、トレーニングをしています。

 

ー朝海さんが感じるミュージカルの魅力を教えてください。

もちろん作品ごとにちがいますが、歌や音楽が入る事で、登場人物の感情が解き放たれ見ている人の心にすっと入ってきたり、目の前のビジュアル的要素にも広がりを感じられることがミュージカルの魅力だと思います。

ー今回実力派であり、個性派のキャストの皆さんが揃っていますが、楽しみにしていることを教えてください。

益岡徹さん、浅野和之さんのお芝居は観客としても大好きで、できる限り観に行かせて頂いているので、おふたりとの共演は何より楽しみです。

坂本昌行さん、屋良朝幸さんは、やはりジャニーズの方独特の華やかさとタレント力を兼ね備えていて、多部さんは、映像はもちろん、以前出演なさった舞台『オーランドー』を拝見しましたがとてもチャーミングで、役の心情をストレートに客席へぶつける純真無垢な演技がすごく素敵でした。こんなに早く共演が叶うとは思っていませんでしたのでとても嬉しく思っています。

 

ーミュージカル『TOP HAT』での朝海ひかるさんの見どころを教えてください。

“朝海ひかるがこういう役をやるようになったんだな”と思ってご覧いただければと思います。何の違和感もなくストーリーの中に入っていけたらいいなと思います。お金持ちで自由奔放、自立心があるマッジの憎めない愛らしさを演出のマシューさんが引き出してくださると思います。そこが見どころです!!

 

ー最後に改めて作品の魅力をお願いします。

まだこの作品をご覧になったことのないミュージカルのお好きな方、これを観なくちゃミュージカルは語れない!!ミュージカル作品の決定版です。何か用事があっても、その用事をおしてでもご覧いただく価値のある作品です。

ミュージカルをご覧になったことのない方は、益岡さん、浅野さんというお芝居のスペシャリストの方がいらっしゃいます。強力にキャラクターが押し出され、お芝居の部分も充実した作品になると思います。そちらもぜひ楽しみにいらしてください。

 

英国オリジナルクリエイター陣による 日本人キャスト版、華やかでゴージャスな世界。歌もダンスもそして物語も楽しめるミュージカル『TOP HAT』ぜひ劇場でご覧ください。素晴らしい衣裳の数々にもぜひご注目を!!

 

【公演情報】

■タイトル ミュージカル『TOP HAT』

■日程・会場

東京公演:2018年11月5日(月)~11月25日(日) 東急シアターオーブ

大阪公演:2018年12月1日(土)~12月5日(水) 梅田芸術劇場 メインホール

■出演

坂本昌行 多部未華子 屋良朝幸 朝海ひかる 益岡徹 浅野和之 ほか

■公式ホームページ https://www.tophat-musical.jp/

photo:Satoshi Yasuda

interview&text:Akiko Yamashita

 

10/2(Tue)に開催された制作発表レポートはこちらをクリック!!

 


An interview with Hikaru Asami! The actress discusses the appeal of the musical Top Hat and the appeal of musicals in general.

 

Hikaru Asami explains her love for the musical Top Hat.

Hikaru Asami, who plays the role of Madge in the musical Top Hat, to be performed in Tokyo and Osaka during November and December, shares with us the appeal of this production and the appeal of musicals in general.

– Top Hat is a fabulous, gorgeous production, a musical among musicals. It also marks your first time in a while appearing in a foreign musical, correct?

My last time was the colorless world presented by the musical Chicago. Actually, our director Matthew has appeared in the musical Chicago in the past, and he said to me “The fixed movements and forms of Chicago are very beautiful, but for this production, movements can be changed to match the cast’s characters, and you can more freely have some fun with it.” It’s no exaggeration to say this a musical comprised entirely of fun. I’m really looking forward to it.

– Having seen the overseas production visiting Japan, being deeply moved and clapping until your hands hurt, how did you feel when it was decided that you would be appearing in this version?

When I took the audition, rather than thinking about passing or failing, I took part just because I really love this musical. I was so happy just to meet the director Matthew and choreographer Bill at the audition venue (laugh).

I was nervous during the audition, but when Matthew said they wanted me to do it, I was so happy I jumped up, hugged him and just said everything I could in English, “Amazing! Miracle!”

– What do you think is the appeal of the musical Top Hat?

All of it, really, but if I had to choose something then all the dance numbers! The group numbers are especially impressive. The choreography is wonderful, dynamic, holding the viewer’s attention even during the long numbers, and I think that head-on stance of “dance, dance, dance” is really appealing.

 

– The production has also attracted attention due to having more than 200 costumes. How did you feel when you put your costumes on, and did anything of note happen when shooting stills wearing them?

The costumes from the English production have been brought over to Japan. They have materials and subtle use of color that ready-made clothing can’t achieve, so it was a lot of fun to put them on.

The hat worn by Madge on the poster and leaflet was very hard to wear at that angle, and we took lots and lots of different shots at different angles. The one best shot from among all we took is the one now being officially used, so take a careful look at it! (laugh)

 

– What preparations did you go through for this packed production, featuring singing, dancing, and such gorgeous costumes?

Vocal training, of course, but as this is my first musical in a while, I’ve been working on my stamina too. My character, Madge, doesn’t do much dancing, but she moves around a lot, so I thought it would be better to have some stamina, and so I’ve been training for that.

– Where do you personally think is the appeal of musicals?

If depends on the individual production, of course, but I think the addition of singing and music really unleashes the emotions of the characters and lets them penetrate the hearts of the people watching, and the way you can feel an expansion of the visual elements in front of your eyes, those are the things that really appeal about musicals.

 

– The cast for this production are all extremely talented and very unique. What are you particularly looking forward to?

I love watching Toru Masuoka and Kazuyuki Asano perform, as a member of the audience, I go to see them as often as I can, so I am looking forward to performing with them more than anything.

Masayuki Sakamoto and Tomoyuki Yara that have unique Johnny’s combination of gorgeousness and talent, while Mikako Tabe is so charming, not only on TV and in the movies but I also saw her performing on the stage in Orlando, and her pure acting ability to hit the audience head-on with the emotions of her character was incredibly wonderful. I didn’t expect to get to perform with her so quickly, so I’m really happy about that too.

 

– What do you personally think is your highlight in the musical Top Hat?

I hope people will watch it and see what I’m now capable of tackling this kind of role. I hope they can just get into the story without anything feeling out of place. I think Matthew’s direction will draw out the irresistible charm of Madge, a rich, liberated and independent woman. That’s the highlight!

 

– Finally, please tell us the appeal of this production again.

If you like musicals but haven’t seen this one yet, you can’t talk about musicals without adding it to your list! It’s the definitive musical. However busy you are in your life, it’s more than worth making room to see this.

If you’ve never seen a musical, we have also have stage acting specialists Toru Masuoka and Kazuyuki Asano appearing. Powerfully pushing their characters forward, the non-singing parts are sure to also be very full and appealing. So you can come, looking forward to those parts too.

The Japanese cast version, handled by the original creators from England, and creating a wonderful and gorgeous world. Bringing you all the enjoyment of singing, dancing and story, check out the musical Top Hat in the theater. Also take note of the wonderful array of amazing costumes!