浦井健治さん、長澤まさみさんが出演するONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』disc3 Produced by TBSが2018年11月9日(金)よりステージアラウンド東京にて開幕します。

今春からdisc1、disc2と上演されてきた『メタルマクベス』。その最後を飾るdisc3では、王位を簒奪するランダムスター役を浦井さんが、ランダムスター夫人役を長澤さんが演じます。

本作は、シェイクスピアの四大悲劇の一つ『マクベス』を、劇団☆新感線の主宰であり演出家のいのうえひでのりと人気脚本家・宮藤官九郎とがタッグを組み、大胆に脚色が施されて生まれた新感線の代表作の一つ。2218年の人類が衰退した世界と、空前のバンドブームに沸く1980年代の日本を行き来しながら、バンドが生演奏するヘヴィメタルサウンドに乗せて描かれます。

初日を翌日に控えた11月8日(木)、記者会見とゲネプロ(通し稽古)が公開され、会見には浦井さんと長澤さんが出席しました。

浦井さんは「disc1、2で作ってきたバトンが受け渡された感を感じています。disc3がいろんな意味で集大成という事で、いのうえさんを筆頭にやってきたつもり。ちゃんとお客さんに届けられるように語尾までしっかり届けていきたい」と力を込め、長澤さんは「本当に広い劇場なので、お客さんと一体となって、舞台が無事始まるといいな、と願っています」とコメントしました。

いのうえさんの演出について、浦井さんは「めちゃくちゃ厳しいです。ランダムスター夫人との場面は千本ノックみたい。ランダムスターと夫人の物語なので、二人のシーンはスパルタ指導でやっていただきました。いのうえさんの目は怖いんですが、キラキラと輝いてるので、楽しんでいるんだなと感じました(笑)。こんなに自分の名前を『健治!健治!』と呼んでもらえる事もないので、食らいついてきたつもりです」と語り、「橋本じゅんさんや劇団員の皆さんと一緒にこのdisc3を作ろうという勢いでやってきました」と笑顔。

長澤さんは「チームワークいいですよね」とカンパニーの空気を語る。「公演自体も長いし、見せ場もたくさんあるので、個々で頑張らないといけない部分もある。皆が動いて、全体でお芝居をしているので、まとまらない感じかな?と最初は思っていたんです。でも、目標が一緒なので一丸となって、みんなで作り上げていこうという気合いが現場に感じました」

長澤さんの歌唱シーンについて、本人は「頑張らなきゃ」と謙虚に口にしましたが、ミュージカル界のプリンス・浦井さんから「めちゃめちゃうまいですよ。本当にカッコいいし!!」と褒められ、「いやいや、浦井さんの方が上手いです」と真っ赤になっていました。
長澤さん演じるランダムスター夫人は、浦井さん演じる夫にどSに振るまいながら王位簒奪をそそのかしていく役どころ。稽古場では「衣裳が重くて、汗だくになるんですが“そのぐらいの重さ、男だったら大丈夫だろう”と言われるんです」とエピソードを語る浦井さん。

長澤さんは「“それぐらい耐えろ!!”と(笑)。悪女の役なので普段から浦井さんにビシバシ言わせていただいています」と返すと浦井は「僕は尻に敷かれて頑張って行きたいと思います」と苦笑いでした。

『メタルマクベスdisc3』は今年の大みそかまで60公演上演されます。日によってはキャストらによるアフタートークもあります。ぜひ足を運んでみてください。

 

【公演概要】

■タイトル ONWARD presents 新感線☆RS『メタルマクベス』disc3 Produced by TBS

■日程・会場 2018年11月9日(金)~12月31日(月) IHIステージアラウンド東京(豊洲)

■作 宮藤官九郎
■演出 いのうえひでのり
(原作 ウィリアム・シェイクスピア「マクベス」松岡和子翻訳版より)
■出演
浦井健治 長澤まさみ/高杉真宙 柳下 大/
峯村リエ 粟根まこと 右近健一/橋本じゅん/ラサール石井 ほか
■公式サイト:http://www.tbs.co.jp/stagearound/metalmacbeth_disc3/

(2018,11,09)

photo&text:Saki Komura

#NorieM #NorieMmagazine #メタルマクベス #disc3 #浦井健治 さん #長澤まさみ さん