水谷八重子さん、波乃久里子さんが出演する舞台『犬神家の一族』の東京公演が、11月14日(水)から東京・新橋演舞場にてスタートしました。本作は新派130年を記念して上演されるものであり、大阪公演を経て、東京初日を迎えました。初日直前には囲み会見が催され、水谷さん、波乃さんと河合雪之丞さん、浜中文一さん、喜多村緑郎さん、佐藤B作さんが出席しました。

※集合写真左から河合雪之丞さん、浜中文一さん、波乃久里子さん、水谷八重子さん、佐藤B作さん、喜多村緑郎さん

本作は、1950・51年に雑誌「キング」にて掲載された横溝正史のミステリー小説を原作とした、私立探偵・金田一耕助が一代で財を成した犬神佐兵衛の遺産相続を巡る騒動に挑む物語です。

会見では、香琴役の水谷さんが「新派の中からこの作品が生まれた事が何よりも嬉しい。この作品の脚色・演出をなさった齋藤雅文さんは新派の一員。そんな方が新派130周年の年に、これまでにない路線の作品を作ってくださいました。私たちは作品の中の『駒』として綺麗に動き、この作品を後世に残していきたいです」と語り、犬神松子役の波乃さんは東京初日を迎えるにあたって「初日は格別怖いんです。作品を分かってしまったからかも」とベテラン女優だからこそ感じる一言を口にし、さらにレポーターが掘り下げようとすると「もっと深い芝居をしようと思っていて、今パニックなの。何か聞かれても台詞しか出てこないから、もうお聞きにならないで!!」と冗談交じりで交わしていました。

今回新派に初参加となった犬神助清役ほかを務める浜中さんについては共演者から絶賛する声が。水谷さんは「覆面の中の目だけで『僕が息子ですよ』と思わされてしまうんです」、波乃さんは「『あ。私この子を産んだわ』と思わせるんです。“お母さん!!”ってやってくると嬉しくなってしまうんです」とメロメロ。犬神梅子役の河合さんも「私は(浜中さんを見て)“この野郎”と思っていなければいけないんですが、(芝居を見ていると)思わず泣いてしまいますね」と話していました。

褒められまくりの浜中さんは「皆さん温かく受け入れてくださっています」と照れ笑い。ですが、何か喋ろうとすると、波乃さんが小声でヒソヒソとささやく。「僕が喋ろうとするといつも久里子さんが横からささやいてくるので、話そうと思っていた事がどこかへ行ってしまうんです。……そんな感じの新派です!」とまとめると思わず皆から笑い声が。


犬神梅子役の河合さんは「古典ではないこういうお芝居で、女形としての存在感が出せたら」とコメントし、金田一耕助役の喜多村さんは「八重子さんや久里子さんなど、新派には横溝正史や江戸川乱歩の作品は絶対にお似合いだと思っていましたが、本当にバッチシピッタシはまっています」と笑顔を見せていました。

橘警察署長役の佐藤さんはこれまでも新派の舞台に出演しています。「新派は居心地がいいですよ!本人たちを目の前に悪いなんて言えるわけないでしょ!」と笑いを誘うと波乃さんがすかさず佐藤の腕を掴んでひねり上げる真似を。笑いながら佐藤さんは映画版の『犬神家の一族』で警察署長役だった加藤武さんの話に触れ、「加藤さんが大好きなので加藤さんに負けないようにこれが人生最後の勝負だと思って頑張りたい」と気合いを入れていました。

 

【公演概要】

■タイトル 新派130年十一月新派特別公演『犬神家の一族』

■原作 横溝正史
■脚色・演出 齋藤雅文
■出演
水谷八重子 波乃久里子 河合雪之丞 喜多村緑郎 浜中文一 佐藤B作 瀬戸摩純 春本由香 (交互出演)/河合宥季(交互出演) 田口守 ほか

■会場・日程 2018年11月14日(水)~11月25日(日) 新橋演舞場

■公式サイトhttps://www.shochiku.co.jp/play/schedules/detail/2018_inugamike_shochikuza/

(2018,11,15)

photo&text:Saki Komura

#NorieM #NorieMmagazine #犬神家の一族 #水谷八重子 さん #波乃久里子 さん #河合雪之丞 さん #浜中文一 さん #喜多村緑郎 さん #佐藤B作 さん