劇団☆新感線が旗揚げから39年を迎える2019年、応援してくれたすべての方々に「サンキュー」という想いを伝えるべく「39興行」を実施することとなり、その一環として3年ぶりに本公演『偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)』の上演を発表しました。

11月26日(月)都内にて本作の製作発表記者会見が行われ、主演を務める生田斗真さん、りょうさん、中山優馬さん、藤原さくらさん、粟根まことさん、山内圭哉さん、早乙女友貴さん、橋本じゅんさん、三宅弘城さん、橋本さとしさんが、脚本の中島かずきさん、演出のいのうえひでのりさんと共に出席しました。

集合写真 前列左から 藤原さくらさん、りょうさん、生田斗真さん、中山優馬さん、橋本さとしさん

後列左から いのうえひでのりさん、早乙女友貴さん、山内圭哉さん、橋本じゅんさん、三宅弘城さん、粟根まことさん、中島かずきさん

「奥州三代」「義経黄金伝説」をモチーフにした本作について、中島さんは「基本的にはいつもの新感線らしい賑やかな芝居です」と作品の方向性に触れ、「生田くんとは『スサノオ-神の剣の物語』以来、16年くらいずっと一緒にやりたかった。彼は(外部では)抑えた役や受けの芝居をすることが多いので、新感線に来たからには図抜けた明るさを持つキャラクターをやってもらいたい」と期待を寄せていました。

いのうえさんは、客席が回転する豊洲のIHIステージアラウンド東京で上演してきた『髑髏城の七人』『メタルマクベス』の存在を匂わせ「本作は久しぶりに回らない劇場でやる芝居です。回る事を考えないのがすごく新鮮」と言うとキャストから思わず笑い声が!!「“チャンバラ版アベンジャーズ”“これぞ新感線”という内容です。『いのうえ歌舞伎』初登場の斗真には思いきり暴れてほしいですし、藤原さくらさんと中山優馬さんというフレッシュな顔合わせも楽しみです」と笑顔。

2016年の『Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!』以来の出演となる生田さんはこれが4度目の新感線参加。“偽義経”奥華玄久郎国衡(おうがのげんくろうくにひら)役を演じますが「前作の時、いのうえさんから『次は斗真で歌舞伎をやりたい。斗真のために考えている企画がある』とお話をいただいた」と話し、「2年間、客席をぐるぐる回してきた新感線の皆さんと、今度は自分が地方都市をぐるぐる回る。今からワクワクしています」と嬉しそう。「『39興行』という事で、各地の皆さんにたくさんのサンキューを届けたいと思います」と意気込みを見せました。

奥州・奥華一族の巫女長(みこおさ)、黄泉津(よもつ)の方役のりょうさん。2017年の『髑髏城の七人 Season花』以来2度目の新感線参加となりますが、「昨年、ぐるぐるしていた頃にもう一度新感線さんの作品に出るチャンスがあれば……とアピールしていたので、その夢がこんなにすぐに実現してうれしいです」と挨拶。

玄久郎国衡の弟・奥華次郎泰衡(おうがのじろうやすひら)役の中山さんは新感線初参加です。「僕ら世代の同じ事務所の仲間が新感線の舞台に出ているのを見て『なんで僕じゃないんだろう』と羨ましく思っていました」と素直に心境を語り、「僕には兄がいないので今回(生田さんが)兄役という事で嬉しいです」とコメント。すると生田さんは「僕には弟がいますが……アナウンサーをやっているんですけど」とフジテレビの生田竜聖さんの存在に触れつつ「本作の公演中は優馬を実の弟だと思うようにします」と笑いを誘っていました。

本作が初舞台となる藤原さんはシンガーソングライターとして人気を博しており、本作でも静歌(しずか)役で歌います。「一観客として拝見させていただいていたので、お友達も出演していた舞台に出演できるのは嬉しいです」と緊張しつつも喜びを溢れさせ「本番では普段使っているギターによく似た楽器を使って弾き語りをするようです」と演出を垣間見せていました。

源頼朝役の粟根さんは、「日本人なら誰しもが知っているだろう頼朝役をまさか自分が演じる事になるとは、と思ったのですが、台本を読むと“頼朝は目つきが悪く、性格も悪く、疑り深い”と書いてあったので、通常営業でいきたいと思います」と冷静。その姿に笑い声が上がっていました。

常陸坊海尊(ひたちぼうかいそん)役の山内さんは「地方公演からスタートするということで、2年間豊洲にいらっしゃった劇団員の皆さんの解放感が……『遊びに行こう!』みたいな雰囲気を一緒に楽しみたい」と話し、登壇者からさらに大きな笑い声が響きました。

遮那王牛若(しゃなおううしわか)役の早乙女さんが前回新感線の舞台に出演したのは(『蒼の乱』の時。「17歳の頃に参加させていただきましたが、凄く緊張して常に体に力が入った状態で、“楽しむ”事ができなかった。今回はいい意味で力を抜いて楽しみたい」と二度目の参加にやる気を見せました。

武蔵坊弁慶役の橋本じゅんさんは「どう見ても(山内)圭哉くんのほうが弁慶なんですけどと笑いを誘いつつ「新感線の王道である『大人の悪ふざけ』を大阪から爆発させたいと思います」と嬉しそう。(橋本じゅんさんは大阪、金沢、松本公演に出演)

東京・福岡公演で橋本じゅんさんと同じく武蔵坊弁慶役を演じる三宅さんは「今まで大体おバカな役が多かったのですが、今回初めてまともな役(笑)。義経のサポートをする弁慶という大役を仰せつかることになりました」と背筋を伸ばしつつも「(自分が出演するのは)再来年の公演からなのでまだピンと来ていないところも。じゅんさんと同じ役を演じるのはプレッシャーですが、1年近く間が空くので皆さんが(じゅんさんの芝居を)忘れていらっしゃることを願っています」と言うと隣の席で橋本じゅんさんが噴き出す一幕も。

国衡と泰衡の父・奥華秀衡(おうがのひでひら)役の橋本さとしさんは、今夏『メタルマクベス disc1』で21年ぶりに新感線作品に参加。「新感線を退団した際、占い師から“あなたの人生のピークは53歳か54歳に訪れる”と言われ、僕は来年53歳になるんです。ひとりの男の人生のピークをぜひ見ていただきたい」とアピール。さらに生田さんと中山さんの父親役という点については、「なかなか顔の濃い家系なのかな」とふたりの顔を覗き込んで笑わせていました。

質疑応答の場では「39興行」にちなみ、「誰にサンキューを伝えたいか」という質問が。これに対してお客さま、スタッフ、家族……と口々に語る中、生田さんは「僕自身を演劇の道に導いてくれた新感線にサンキューと言いたいです」と改めて感謝の想いを伝えていました。

2019年劇団☆新感線 39(サンキュー)興行・春公演 いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)』は、以下の日程で上演されます。

 

【公演概要】

■タイトル いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌(にせよしつねめいかいにうたう)』

■日程・会場

大阪公演:2019年3月8日(金)~3月21日(木・祝) フェスティバルホール

金沢公演:2019年4月2日(火)~4月7日(日) 金沢歌劇座

松本公演:2019年4月18日(木)~4月21日(日) まつもと市民芸術館

東京公演:2020年2月予定 TBS赤坂ACTシアター

福岡公演:2020年4月予定 博多座

■作 中島かずき
■演出 いのうえひでのり
■出演
生田斗真/りょう 中山優馬 藤原さくら/粟根まこと 山内圭哉 早乙女友貴/
橋本じゅん(大阪・金沢・松本公演)  三宅弘城(東京・福岡公演)/橋本さとし
右近健一 河野まさと 逆木圭一郎 村木よし子 インディ高橋
山本カナコ(東京・福岡公演) 礒野慎吾 吉田メタル 中谷さとみ 保坂エマ
新谷真弓(大阪・金沢・松本公演) 村木 仁 川原正嗣 武田浩二
狩野新之介 鈴木智久 山﨑翔太 渡部又吁 小板奈央美 後藤祐香 齋藤志野 鈴木奈苗
藤家 剛 川島弘之 菊地雄人 あきつ来野良 藤田修平 北川裕貴 紀國谷亮輔 下島一成

(2018,11,27)

photo&text:Saki Komura

#NorieM #NorieMmagazine #いのうえ歌舞伎 #偽義経冥界歌