12月1日は「世界エイズデー」ということで、岸谷五朗さんの呼びかけで1993年からスタートしたチャリティーイベント「Act Against AIDS『THE VARIETY 26』」(以下、AAA)。

2018年12月1日(土)東京・日本武道館にて26回目の開催を迎えました。

「AIDSについて関心を持つことで解決できる問題がたくさんある。一人でも多くの方にAIDSへの関心を持っていただきたい」という主旨で続けてきた「THE VARIETY」には、毎年様々なアーティストが参加してきましたが、今年は「俳優だけの武道館ライブ!!」にこだわり、ドラマや映画、舞台などで活躍する俳優陣が武道館に大集結しました。

イベント直前に行われた会見では岸谷さんと寺脇康文さん、三浦春馬さんが参加。

岸谷さんは「俳優だけで武道館をやるという初の試みを以前から企んでいたんです。来年はオリンピックの準備で武道館が使えないので、その分2年分できたらいいなと思ってまして」と今年のイベントの濃厚さを嬉しそうに予告。寺脇さんは「毎年同じ事を言いますが『できることをできる範囲で』チャリティーしようと思ってやってきました。2020年からまた違った形でやっていけたらいいなと思っています」と心境を語り、三浦さんは「岸谷さんと寺脇さんについていきたいです。今日のライブは稽古時間が少ないなか、頑張っています」と焦りも見せつつ苦笑い。岸谷さんは俳優だらけの顔ぶれに「まず振付が合うかどうかが心配」と笑いつつ、ハプニングもまた楽しむと言いたげに語っていました。

待ちに待ったイベントがスタート。武道館のアリーナ席を横切る形で岸谷さん、寺脇さん、三浦さんが登場。

ブルースブラザーズを彷彿とさせる黒のスーツ姿にグラサンとハットを身に着けた3人は、ステージに上がった後、観客の目の前で生着替え!!一気にカラフルなスタイルに変わると、猪塚健太さん、植原卓也さん、水田航生さん、平間壮一さんも加わり、今年いちばん多くの人が口ずさんだであろう「USA」を披露しました。

イベントは。J-POPコーナー、ミュージカルコーナー(1)(2)、ハンサムコーナーと大きく分けられ、この日出席した俳優たちは、自分が出演した作品の楽曲をメインに、時には思いがけない相手とここでしか観ることができないコラボレーションを見せ、一曲、また一曲歌う度に観客から大きな拍手が送られていました。

J-POPコーナーでは、花澤香菜さんが持ち歌である「大丈夫」を愛らしい歌声で披露し、柚希礼音さんは「六本木心中」を青柳塁斗さん、風間由次郎さんをバックダンサーにクールに歌います。三浦さんはほぼ毎年AAAで誰かが歌っている「大きな玉ねぎの下で」をソロで聴かせ、神木隆之介さんと小関裕太さんは二人で高橋優さんの「福笑い」を熱唱。

「稽古場から急行中、果たして間に合うのか!?」とナレーションが入るなか、登場したのは加藤和樹さん。「ZERO」をステージの端から端まで動きながら熱く歌い上げました。一転、柿澤勇人さんは演歌の名盤「津軽海峡・冬景色」を伸びのある高音を活かして披露。マイクを口から外した状態で「ありがとうございます」と挨拶する演歌歌手のお約束を見せると、会場から笑い声が起きていました。大原櫻子さんは自身の楽曲「キミを忘れないよ」を披露し、このコーナーの最後は『ウルトラマンティガ』の「Brave Love,TIGA」でシメとなりました。

地球ゴージャスコーナーでは過去の作品の中から「Xday」(Xday)、「JUN’S DREAM」「THE TOP OF THE BEST!」「伝説の雄」「BUGS」(以上、The Love Bugs)、「ワイルドアッパー」(海盗セブン)、「サンディー」「Valentina’s Past」「ZEROTOPIA」(以上、ZEROTOPIA)、そして「愛すべき未来へ」(星の大地に降る涙)が歌われました。このコーナーからは城田優さんも登場し、自身が出演した『The Love Bugs』のナンバーを共演した大原さんたちと共に嬉しそうに歌っていました。

イベントの途中では「AAA2018の活動報告」がされ、このイベントの収益金が寄付されているラオスのラオ・フレンズ小児病院に岸谷さんが視察に行った模様が写真や動画と共に紹介されていました。また、この活動を始めた頃と比べ、現在はAIDSに対する理解も広まってAIDS治療の薬も進化し、AIDS感染者が減少している事を受けて「Act Against AIDS」の活動が終了される事が発表されました。ただ今後はAIDSだけではなく脳性麻痺など、難病に苦しむ子どもたちも応援していきたいという想いから「Act Against Anything」、チャリティーイベントも「THE VARIETY SHOW 27」と名前を変えて、引き続き継続していく事が報告されました。

ミュージカルコーナー(1)は、情熱的な歌声で様々なミュージカルで活躍するソニンさんが『WICKED』の「Defying Gravity」を歌い上げるところからスタート。柚希さんと加藤さんは共演した『マタ・ハリ』から「さよなら」を、ここから登場した小池徹平さんは『デスノート』で共演した柿澤さんと共に「ヤツの中へ」を熱唱しました。
大原さんと平間さんが「サンライズ」(イン・ザ・ハイツ)を歌った後、2019年に上演される『PIPIN』から「コーナー・オブ・ザ・スカイ」を主演の城田さんによって嬉しいフライング披露、フレンチ・ロックミュージカル『1789 -バスティーユの恋人たち-』からは「二度と消せない」を小池さんと神田沙也加さんが、そして「サ・イラ・モナムール」は加藤さん、青柳さん、植原さん、水田さんで、最後は『マイ・フェア・レディ』から
「だったらいいな」をイライザ役の神田さんとヒギンズ教授役を務めた寺脇さんがキュートに歌いました。

ここで、アミューズ所属の若手俳優によって毎年年末に行われてきた大人気のファン感謝イベント「ハンサムライブ」の中からダイジェスト版として「PARTY RIDE」「君だけのHERO」(青柳さん、猪塚さん、風間さん、松島庄汰さん、吉村卓也さん)、「キミノリズム」(石賀和輝さん、石原壮馬さん、富田健太郎さん、松岡広大さん、溝口琢矢さん)、「White Serenade」(小関さん、甲斐翔真さん)、「Butterfly」(植原さん、平間さん、水田さん)そして「THIS IS THE TIME」が立て続けに歌われました。今年は「ハンサムライブ」を実施しないと夏に発表があり、がっかりしていただろうファンの方々が「ハンサム……」というナレーションが入るや否や大騒ぎ!!悲鳴のような歓声が何度も聞こえていました。ラストの「THIS IS THE TIME」では2012年のハンサムライブ以来となる三浦さんがセンターを務めるレアな光景に観客の興奮はさらに高まっていました。

ミュージカルコーナー(2)では、前半をディズニー作品からの楽曲をセレクト。『アラジン』日本語吹替版のジャスミン役を務めた麻生かほ里さんが登場し、城田さんと美しいハーモニーを聴かせました。続いて小池さんと寺脇さんのコンビで『リトル・マーメイド』の「アンダー・ザ・シー」を、大原さんはソロで「パート・オブ・ユア・ワールド」を歌い上げます。
岸谷さんは青柳さん、猪塚さん、植原さん、太田将熙さん、風間さん、小関さん、平間さん、松岡さん、水田さん、溝口さんと共に『ジーザス・クライスト・スーパースター』の「Simon Zealotes」を本番の舞台をほうふつとさせるパフォーマンスで魅せ、続く柿澤さんとソニンさんは『モーツァルト!』から「愛していれば分かり合える」をデュエットで披露。
昨今何かと歌われる機会が増えている『エリザベート』のナンバー「闇が広がる」を本番でトート役を演じた城田さんと共に、三浦さんがルドルフのパートを務めるというスペシャルコラボが実現!!二人が魅せるすさまじい迫力に会場からはため息と興奮が混じったような歓声と拍手が鳴り響いていました。
柚希さんは宝塚歌劇団在団中に出演した『オーシャンズ11』の「FATE CITY」を植原さん、平間さん、水田さんとキメ、トップスターのオーラを今もなお輝かせていました。
最後は今年大ヒットしたミュージカル映画『ザ・グレイテスト・ショーマン』から、城田さんとソニンさんで「ア・ミリオン・ドリームズ」を、そしてソニンさんを中心に全キャストで「This Is Me」を映画さながらのパフォーマンスで魅せていました。

最後はこのイベントのテーマソングでもある「一人じゃないから」を全キャストで合唱。来年はオリンピックの影響で武道館が使えないこともあり、『THE VARIETY』はお休みの一年となりますが、2020年には再び皆の前に戻ってくることを宣言して、閉会となりました。

 

【セットリスト】

「USA」岸谷、寺脇、三浦、猪塚、植原、水田、平間
「大丈夫」(花澤香菜)/花澤
「六本木心中」(アン・ルイス)/柚希・青柳・風間
「大きな玉ねぎの下で」(爆風スランプ)/三浦
「福笑い」(高橋優)/神木・小関
「ZERO」(B’z)/加藤
「津軽海峡・冬景色」(石川さゆり)/柿澤
「キミを忘れないよ」(大原櫻子)/大原
「Brave Love,TIGA」/岸谷・寺脇・三浦・神木・小関・平間・ウルトラマンティガ

「Xday」(Xday)/岸谷・寺脇・藤林・碓井
「JUN’S DREAM」(ZEROTOPIA)/柚希・岸谷
「THE TOP OF THE BEST!」(The Love Bugs)/大原・城田・平間・猪塚・風間・藤林・碓井・岸谷・寺脇
「伝説の雄」(The Love Bugs)/城田・大原・平間・猪塚・風間・藤林・碓井
「BUGS」(The Love Bugs)/城田・大原・平間・岸谷
「ワイルドアッパー」(海盗セブン)/三浦・風間・青柳・水田・猪塚
「サンディー」(ZEROTOPIA)/花澤
「Valentina’s Past」(ZEROTOPIA)/藤林・植原・水田
「ZEROTOPIA」(ZEROTOPIA)/柚希・花澤・藤林・植原・水田・碓井・寺脇
「愛すべき未来へ」(星の大地に降る涙)/三浦・柚希

「Defying Gravity」(WICKED)/ソニン
「さよなら」(マタ・ハリ)/柚希・加藤
「ヤツの中へ」(デスノート)/小池・柿澤
「サンライズ」(イン・ザ・ハイツ)/大原・平間
「コーナー・オブ・ザ・スカイ」(ピピン)/城田
「二度と消せない」(1789)/小池・神田
「サ・イラ・モナムール」(1789)/加藤・青柳・植原・水田
「だったらいいな」(マイ・フェア・レディ)/神田・寺脇

「PARTY RIDE」/岸谷・寺脇・「チーム・ハンサム!」全員
「君だけのHERO」/青柳・猪塚・風間・松島・吉村
「キミノリズム」/石賀・石原・富田・松岡・溝口
「White Serenade」/小関・甲斐
「Butterfly」/植原・平間・水田
「Inst:」/三浦・岸谷・寺脇・「チーム・ハンサム!」全員
「THIS IS THE TIME」/三浦・「チーム・ハンサム!」全員

「ア・ホール・ニュー・ワールド」(アラジン)/城田・麻生
「アンダー・ザ・シー」(リトル・マーメイド)/小池・寺脇
「パート・オブ・ユア・ワールド」(リトル・マーメイド)/大原
「Simon Zealotes」(ジーザス・クライスト・スーパースター)/岸谷・青柳・猪塚・植原・太田・風間・小関・平間・松岡・水田・溝口
「愛していれば分かり合える」(モーツァルト!)/柿澤・ソニン
「闇が広がる」(エリザベート)/城田・三浦
「FATE CITY」(オーシャンズ11)/柚希・植原・平間・水田
「ア・ミリオン・ドリームズ」(ザ・グレイテスト・ショーマン)/城田・ソニン
「This Is Me」(ザ・グレイテスト・ショーマン)/ソニン・オールキャスト

「一人じゃないから」オールキャスト

【出演者】
岸谷五朗、寺脇康文、三浦春馬
青柳塁斗、麻生かほ里、石賀和輝、石原壮馬、猪塚健太、植原卓也、太田将熙、大原櫻子、甲斐翔真、柿澤勇人、風間由次郎、加藤和樹、金子大地、神木隆之介、神田沙也加、小池徹平、小関裕太、城田優、ソニン、富田健太郎、花澤香菜、平間壮一、正木郁、松岡広大、松島庄汰、水田航生、溝口琢矢、柚希礼音、吉村卓也
※バンドメンバーの藤林美沙、碓井菜央もパフォーマンスに参加

(2018,12,03)

photo:オフィシャル提供

text:Saki Komura

#NorieM #NorieMmagazine #AAA