舞台、ドラマ、アニメなど様々な分野で活躍中の太田将煕さんの初のカレンダー発売記念イベントが1224日(月・祝)に東京・渋谷のHMVBOOKSで開催されました。

 

 

1,800名のファンの皆さんが参加する自身初のイベントに太田さんは、「最初にカレンダーを発売すると決まったときに、どのくらいの方が手にとってくださるんだろうと考えたり、イベントもやらせていただくことになり、みんな来てくれるかなって思ったりしてました。(イベントは)1224日という特別な日にこんなにたくさんの方が集まってくださると聞いてすごく幸せです!!たくさんの方に愛してもらっているなって感じています」と語り、カレンダーでお気に入りの月を聞かれると、「個人的には全部気にっているのですが、中でも12月の写真が一番のお気に入りです。表情やポージング、赤のチェックパンツと衣裳も冒険していて、今まで僕が見せて来たことのないクール目な太田将煕を表現できていると思います。写真の後ろの銀のフェンスや真っ暗な中にひとりたたずんでいる空気感がすごく好き」とお気に入りのページを手にニッコリと笑顔で語ってくれました。

太田さんお気に入りのカレンダー12月

撮影場所を探しているときに「岐阜の養老天命反転地というカラフルなフォトスポットがあると聞いて、実際に行って見たら非日常的な空間がすごく広がっていて神秘的なんです。出来上がっているのを見てもよかったと思える場所でした」とエピソードも披露してくれました。

2019年が終わっても、ひとつの作品として残るようなカレンダーにしたいという太田さんの想いがたっぷりつまったカレンダーは、“色”がテーマになっていて、「ファンの皆さんに支えていただいて、こうしてカレンダーを発売したり、お仕事させていただいています。そんなファンの皆さんを光に例えて、ファンの皆さんの光に照らしていただいている僕をいろいろな色で表現したものが今回のカレンダーになっています。いたるところに飾って欲しい!!ちょっと恥ずかしかもしれませんがオフィスのデスクにどん!!っと飾っていただき、みんなに宣伝してもらえたらなって思っています。ひとつの作品として作っているので、家のおしゃれなスペースに飾ったり、カバンに入れて毎日持ち歩いたりして、常に一緒にいる感じに」と太田さんオススメのカレンダーの使い方もレクチャー。

クリスマスイブに開催されたイベントにちなんで、クリスマスの思い出は?の質問に「事務所のハンサムフェスティバルというイベントがあって、そのリハーサルや本番をやらせてもらっていたのがここ最近の思い出ですが、幼い頃は、家族で朝起きてからアイススケートによく行っていました」とクリスマスエピソードを披露。

2018年を振り返ってと聞かれると、「個人的にとっても充実した1年になりました。普段やらせていただいているお芝居はもちろん、舞台、ドラマ、そしてドリフェス!というプロジェクトでライブもさせていただき、武道館にも立たせていただきました。幅広いお仕事をたくさんさせていただき、めちゃくちゃ幸せでしたし、ファンの方の支えがあるから本当にこうして仕事ができているなと思います。ファンの皆さんの愛を強く感じた1年でした」と振り返りました。

2019年の目標は?と聞かれると、「飛躍できる1年にしたいと思っています。2018年はとても充実した1年でしたので、もっともっと自分のスキルもあげつつ、より多くの人に太田将煕というひとりの僕を知ってもらいたいと思っています。ドリフェス!で培ったライブ活動や歌やダンスが、自分のフィールドにあっているなと思っているので、挑戦していきたいという気持ちもありますが、いまはひとつひとつ焦らずに準備して、いつか絶対にお見せしたいと思っているので、待っててもらいたいなと思っています」と力強く語ってくれました。具体的に挑戦したいことは、「お仕事では映像や舞台、フィールドを決めずにお芝居に挑戦したいですが、やはり歌に挑戦したいという気持ちが強くあります。焦らずに着実にできることをやっていこうと思っています。プライベートでは、ヨーロッパに行きたいです!!イギリスのロンドン、フランスのパリに行きたいと3年くらいずっと言っているのですが、ずっといけていないので思い切っていこうと思っています」と目を輝かせ、彼女との理想のクリスマスの過ごし方は?と聞かれると、「聖なる夜に、イルミネーションが綺麗なところに、僕も行きたいし、連れて行きたいですね。大きいチキンを食べながら『ホーム・アローン』を観てゆったりした1日になれば。ニューヨークのでっかいクリスマスツリーも見に行きたいし、夢の国にも行きたいです。ロマンチックに過ごしたいですね」と願いを込めてコメント。

年末年始は、1月に上演を控えている舞台『紫猫のギリ』の稽古をしつつ、「年始は家でゆっくり、家族と一緒にすごしたい」と語った太田さん。

会見の最後に「メリークリスマス!!1224日にこうしてイベントをさせてもらえることがとても光栄です!!このカレンダーは、2019年が終わってもずっと手元においていただける作品になっています。2019年もその先もずっと僕と一緒にいていただけたらなって思っています」とメッセージ。

充実した表情と笑顔で初のカレンダー発売イベント囲み取材に応じてくれた太田将煕さん。2019年の活躍にも注目が集まります。

(2018,12,24)

photo&text:Akiko Yamashita

#NorieM #NorieMmagazine #太田将煕 さん #カレンダー発売記念イベント