5/10(Tue)に行われたコットンの日イベントではコットン USA アワードの授与式とともに「パワーオブコットン」プロジェクトの紹介とトークセッションも同時開催されました。

パワーオブコットンはアメリカ綿の力で日本の伝統工芸の新しい職人像を提案しようというものです。ヴォーグジャパンの協力の下、コットン USAとアンリアレイジの森永さんがコラボレーション。

2016年春夏パリコレでも注目を集めた再帰性反射を取り入れたユニフォームを制作し、富山県高岡市の伝統工芸工房モメンタムファクトリーOriiに寄贈しました。

トークセッションに登場した森永さんは「工房の床や壁、ユニフォームについているシミは汚れではなく積み重ねた時間や歴史、勲章のようなもの。シミをスキャンして光を反射すると柄が浮かび上がるようにしました」などと話しました。

職人の減少に歯止めをかけるためのこうした取り組みが今後も広がればいいのですが。

写真は当日お披露目されたユニフォーム。

by Shin(2016,05,17)

#NorieM #fashion #fashionnews #アンリアレイジ #ANREALAGE