4月25日発売の#29の春号のPERSONに本誌初登場してくれた加藤良輔さん出演の舞台『おん・すてーじ「真夜中の弥次さん喜多さん」双』が開幕しました。

初日公演の前にマスコミ向けのゲネプロとキャストコメント取材が行われました。

「真夜中の弥次さん喜多さん」は、2016年1月に初演が上演され、2016年5月からはテレビ版としてTOKYO MXテレビ『ブタイモン』内で隔週でおん・てぃーびー「真夜中の弥次さん喜多さん」が放送され、常に話題を呼んできた作品。弥次さんと喜多さんがお伊勢さんへ向かう途中に出会う奇想天外な出来事や様々な人との出会いを歌とパフォーマンスでカオスな世界と笑いを届けるエンタテイメントなステージ。

初日公演を前に、弥次郎兵衛演じる唐橋充さんは「今日を迎えるまで宣伝の機会を頂きましたが、役名やシーンなど発表できないことが多かったのでようやく発表できる喜びがあります。僕らは、しりあがり寿先生のこの作品の舞台化をまだまだ続けていきたいと思っています。全員で一致団結して初日を迎えたいと思います。頑張ります!!」と語り、喜多八演じる藤原祐規さんは、「このカオスでシュールなしりあがり寿先生の作品の舞台化で、僕たち弥次喜多は、このカオスな世界観をどう普通の人間としてその場にいられるかがひとつのテーマだと思っています。お客さまの先導者になれるように丁寧に、物事のひとつひとつを受けて、物語を面白く彩れたらと思っています。頑張ります!!」と語ってくれました。

そして、ボンドガールズのジョディー・マクガバン他を演じる加藤良輔さんは、「この作品の世界観はぶっ飛んでいるのですがその世界観を存分に楽しんでいただけるようにひとつひとつの役を丁寧に、全力で演じたいと思います」とコメント。

そして、今回の作品で目が離せないのがジェームスボンド他を演じる愛原実花さん。「はじめはすごく緊張していましたが、毎日がすごく楽しくて、かなり自由にやらせてもらっています。実は初挑戦の男役ですので頑張りたいと思います」と笑顔で語ってくれました。

【公演概要】

■タイトル おん・すてーじ「真夜中の弥次さん喜多さん」双
■日程・会場
2017年6月21日(水)~25日(日) 全労済ホール スペースゼロ
■原作 しりあがり寿
■作・演出 川尻恵太(SUGARBOY)
■出演 唐橋充、藤原祐規
愛原実花 松本寛也、岡田あがさ、松本祐一、古谷大和 足立英昭、石田隼、田代哲哉、福井将太 加藤良輔、米原幸佑
■公式サイト http://www.clie.asia/on_yajikita/

日常と非日常がミックスされ、気がつけばあっという間にカオスな世界に入り込んでしまう魅力的な作品。作品を色鮮やかな世界へと誘うそれぞれにキャラクターの衣裳もみどころのひとつ。

たくさんの元気をもらって劇場をあとにできる作品です。ぜひ劇場で弥次さん喜多さんと一緒にお伊勢さんを目指して旅してみてはいかがでしょうか。

text&photo:Akiko Yamashita(NorieM)

(C)しりあがり寿/2017おんすて弥次喜多

(2017,06,22)

#NorieM #真夜中の弥次さん喜多さん