2018年春夏パリコレクションでは今シーズンも日本人デザイナーの活躍が目を引きました。

中でも気になったのはアンダーカバー。はじめに書いたようにコレクションはすべての服がリバーシブルでした。

コレクションの途中でリバーシブルだと気づきましたが、秋冬とは違い春夏コレクションは薄く、軽いアイテムが中心で、一見するとリバーシブルには見えないアイテムもあったので念のため確認すると、やはり全てリバーシブル。

今回はローマ神話で、門の守護神や頭の前後に反対向きの顔を持つ双面神とされる“ヤヌス”がテーマとなったためリバーシブルになったようです。

ここのところMA-1やスカートをリバーシブルにしたものなど、いくつかのブランドでリバーシブルを見かけましたが、来年はリバーシブルが更に増えるかもしれません。

phototext:Shinichi Higuchi

(2017,11,14)

#NorieM #fashion #fashionnews #undercover #アンダーカバー