2019年1月14日(月・祝)、東京・歌舞伎座にて市川海老蔵さんが十三代市川團十郎白猿(はくえん)を襲名し、2020年の5~7月に歌舞伎座を皮切りに全国各地で襲名披露興行を行う事が本日発表され、これと同じくして海老蔵さんの長男・堀越勸玄くんが八代目市川新之助を名乗り、初舞台を踏む事も明らかとなりました。

「市川團十郎」は江戸時代から脈々とその名が受け継がれ、常に江戸歌舞伎の中心として歴史を築いてきた名跡の一つ。6年前に亡くなった海老蔵さんの父である十二代目以来の襲名となります。

会見は口上からスタート。まずは海老蔵さんからご挨拶。

「この度、私、十三代目市川團十郎白猿を襲名させていただく運びとあいなりましてございます」と述べ、「市川團十郎白猿」という名について「歌舞伎界にとりまして、大変大きな名跡でございます。この上は、己の命の限り、懸命に歌舞伎に生きて参りたいと思う所存でございます。まだまだ未熟、不鍛錬でございますが、いずれの皆様方におかれましては、何卒、ご指導ご鞭撻のほどを、ひとえに、そしてお見捨てなくよろしくお願い申し上げまする次第でございます」と丁寧に挨拶した。

続いて海老蔵さんの隣に座る長男・勸玄さんの番。「この度、父も名乗っておりました、市川新之助の名跡を八代目として相続いたします。どうぞよろしくお願いいたします」と元気に口上を述べる勸玄さんの姿に、詰めかけた多くの取材陣が思わず笑顔になっていました。

取材陣との質疑応答で「白猿」という名の意味を聴かれた海老蔵さんは「白猿」とは俳名というものであると説明し、「五代目市川團十郎が名乗り始めたのですが、元は「栢筵」と書いて「はくえん」。ところが五代目が「私は父や祖父の芸の域にまだ達していない」という考えから同じ読みで違う文字の「白猿」を名乗ったそうです。私自身もまだ父の足元にも及ばない、そしてこれからも稽古をいっしょうけんめいやっていこうと」そんな想いからこの名前を付ける事にしたと説明されました。

また「團十郎」という名前について、「自分も古典に向き合い歩んでいくと共に、新元号になる年に襲名させていただきますので、時代と共に生きている事を多くの方に感じていただけるような團十郎像を描いていきたいです」と意気込みを見せていました。

一方、かわいらしい勸玄くんへの質問も多数寄せられます。
すでに舞台に出演している立派な役者ではありますが、とはいえ5歳の勸玄くん。歌舞伎をするときの名前が「新之助」に変わる事を理解できているのか?という質問が寄せられると、海老蔵さんは「以前から彼は(自分が)新之助だと思っている節があり……本当は新之助を飛び越えて『海老蔵』になりたかったようなんです」とこぼすとマスコミが大笑い。「だから海老蔵という名になる前に新之助という段階があるから、新之助でどうだろう?」と(勸玄くんに)話したら『わかった』と納得してもらえまして」と海老蔵さん。
海老蔵さんから見た息子・勸玄くんは、「先ほどお見せしたご挨拶も『こういう風にやりなさい』と言うと『えーできなーい』と言うんですが、いざ緞帳が上がると堂々とやっているので、ほおっておいてもいいのかな(笑)」と思っているようです。

ちなみに勸玄さんは遊びより舞台のお稽古のほうが楽しいそうで、その言葉に師匠でもある父・海老蔵さんは「本当に?聴いちゃったよ~」とニヤリ。新之助の名前になってからやりたい役は舞踊の『玉兎』(たまうさぎ)と先日まで海老蔵さんが出演していた演目に出てくる『幡随院長兵衛』(ばんずいんちょうべえ)の役。「この演目には彼も出ていまして、どうしてもやりたいそうです」と語る海老蔵さんでした。

将来が楽しみな勸玄さんの事、そして自身の襲名について誰に伝えたいか?という話になると、海老蔵さんは「ふたりいまして。父と麻央です。直に伝えられないのは非常に大きな事だと思います」と2013年に亡くなった父・十二代目團十郎さん、そして2017年に亡くなった妻・小林麻央さんに想いを寄せます。「今日も出かける前に妻の遺影に手を合わせて“そういう日が来たよ”と伝えました」と偲んでいました。

襲名興行は、2020年5~7月に東京・歌舞伎座で行われ、その後福岡、大阪、名古屋ほか地方都市にて行われ、市川家のお家芸である古典の演目が披露されるそうです。

(2019,01,14)

photo&text:Saski Komura

#NorieM #NorieMmagazine #市川海老蔵 さん #堀越勸玄 さん