2018年発売#35では朝海ひかるさん、1月25日発売#36では杜けあきさんへインタビューし、2号連続で本誌で特集した『ベルサイユのばら45〜45年の軌跡、そして未来へ〜』が本日開幕します。

開幕前日に公開稽古が開催され、注目のステージがマスコミ向けに公開されました。

昭和49年8月29日宝塚大劇場で伝説の扉をあけた『ベルサイユのばら』は、総公演回数は2000回を超え、観客動員数は515万人と宝塚最大のヒット作となり、多くの人に支持され、数多くのスターを生んだ作品です。『ベルサイユのばら45〜45年の軌跡、そして未来へ〜』は、歴代のオスカル、アンドレ、フェルゼン、アントワネットを演じた宝塚歌劇団卒業生による歌と名場面が再現される記念すべきスペシャルステージです。

公開されたのは、本日上演の“1970年代ALL”。歴代のレジェンドが華やかなステージを彩りました。

一瞬で『ベルサイユのばら』の世界へ誘う「ごらんなさいごらんなさい」から公演がスタート!!

ソング&トークでは、初代アントワネットの初風諄さんが登場。

初風諄さん「青きドナウの岸辺」

安奈淳さん「愛の巡礼」

汀夏子さん「ばらベルサイユ」

榛名由梨さん「心のひとオスカル」

 

歌唱披露の後のトークコーナーでは、当時を振り返り、様々なエピソードを披露されました。

ソングコーナーでは、怒涛のメドレーが続きます。

麻路さきさん「白ばらのひと」

一路真輝さん「愛の巡礼」

杜けあきさん「心の白薔薇」

紫苑ゆうさん「結ばれぬ愛」

日向薫さん「ばらのスーべニール」

 

続くダイジェストでは、オスカル、アンドレの扮装で稔幸さん、水夏希さん、朝海ひかるさん、湖月わたるさんが登場。

続いて、フェルゼン、アントワネットの扮装で和央ようかさん、白羽ゆりさんが登場し、さらに華やかなステージに。

左から白羽ゆりさん、和央ようかさん

稔幸さん、水夏希さんによる我が祖国フランスのシーンが再現されました。

続いて、朝海ひかるさん、湖月わたるさんによるバスティーユのシーンの再現が。

ACT2では、和央ようかさんによる駆けろペガサスの如く、和央ようかさん、白羽ゆりさんによる牢獄から断頭台のシーンが。

フィナーレは、再びダンスと歌による豪華なステージへ。

最後には、出演者全員がステージに。

 

歴史を彩ったレジェンドの皆さんによるスペシャルステージ。オスカルとアンドレの奇跡の組み合わせも見逃せません!!時代を超え、多くの人の心を捉えてきた愛と革命のドラマ、そして素晴らしいパフォーマンスをぜひ体感してください。

 

【公演概要】
■タイトル 『ベルサイユのばら 〜45年の軌跡、そして未来へ〜』
■日程・会場
東京公演:2019年1月27日(日)〜2月9日(土) 東京国際フォーラムC
大阪公演:2019年2月16日(土)〜2月24日(日) 梅田芸術劇場メインホール
■公式ホームページ
http://www.umegei.com/versailles45/

(2019,01,27)

photo&text:Akiko Yamashita

#NorieM #NorieMmagazine #ベルサイユのばら #ベルばら45