英国からヨーロッパ各地、アジア、カナダ、オーストラリアなど世界各国を熱狂の渦に巻き込んだ大ヒットミュージカル『ボディガード』が2019年9~10月に東京・東急シアターオーブ、大阪・梅田芸術劇場メインホールでの上演されます。

ミュージカル「ボディガード」は、1992年のアカデミー賞にノミネートされた、ホイットニー・ヒューストンとケビン・コスナー主演、ローレンス・カスダン脚本、ワーナーブラザーズの映画「The Bodyguard/ボディガード」をもとに、テア・シャロック演出、アレクサンダー・ディネラリス(「バードマン」でアカデミー賞受賞)脚本で制作され、2012年ロンドン・ウェストエンドのアデルフィ劇場で初演。「英国ローレンス・オリヴィエ賞」では、最優秀作品賞を含む4部門にノミネート。その後、18か月の英国&アイル ランドツアーは完売し、ウェストエンドのドミニオン劇場へ凱旋。オランダ、ドイツ、韓国、カナダ、イタリア、オーストラリア、スペイン、フランスなど世界中で上演され、現在ではウィーンでの上演に加え2018年12月には3度目となる英国ツアー公演がスタート。日本での公演ではこの英国ツアー中のカンパニーが来日!!

映画「The Bodyguard/ボディガード」の楽曲で、歴史に残る最高 のヒットソングの一つである「I Will Always Love You」のほか、「Greatest Love of All」、「I’m Every Woman」、「Where Do Broken Hearts Go」、「Queen of the Night」、「So Emotional」、「One Moment in Time」、「Saving All My Love」、「Run to You」、「I Have Nothing」、「I Wanna Dance with Somebody」などなど、原作映画で使用されていたものだけでなく、魅力的な名曲の数々が盛り込まれ、聴きごたえのある作品です。グラマラスにショーアップされたステージとサスペンスをはらんだラブストーリーは、映画をも超えて、新たな衝撃と感動を呼び起こします。

<STORY>

人気絶頂の歌手レイチェル・マロンは、謎のストーカーに付きまとわれ、敏腕ボディガードのフランク・ファーマーが雇われた。レイチェルは、警備強化のため窮屈な生活を強いるフランクを疎ましく思うが、献身的な仕事ぶりに次第に心を開き、二 人は互いに愛し合うようになる。常に行動を共にしてきた姉が殺されてしまうなど危険状況にあることを知りながら、アカデ ミー賞受賞式への出席を決意する。狂気を増していくストーカー。歌手人生に命をかけるレイチェル。任務遂行に身を捧 げるフランク。家族が、仲間たちが、愛情、友情、恐怖、嫉妬、欲望がうずまく複雑な感情に揺り動かされストーリーは進行していく―。

 

【公演概要】

■タイトル 『THE BODYGUARD』 THE MUSICAL/ミュージカル『ボディガード』来日公演

■日程・会場

東京公演:2019年9月中旬~10月上旬 東急シアターオーブ(予定)

大阪公演:2019年10月中旬~10月下旬 梅田芸術劇場メインホール

■原作 映画「The Bodyguard/ボディガード」
(1992年米国 1993年日本公開 ホイットニー・ヒューストン、ケビン・コスナー主演・ローレンス・カスダン脚本)

■演出 テア・シャロック
■脚本 アレクサンダー・ディネラリス(「バードマン」でアカデミー賞受賞)

■プロデューサー(英国ツアー) マイケル・ハリソン、デヴィッド・イアン

■主要キャスト

アレクサンドラ・バーク(Alexandra Burke)/レイチェル・マロン役(ダブルキャスト)

ジェンリー・シャロ―(Jennlee Shallow)/レイチェル・マロン役(ダブルキャスト)

ブノワ・マレシャル(Benoît Maréchal)/フランク・ファーマー役

■お問い合わせ 梅田芸術劇場(10:00~18:00)〔東京〕0570-077-039 〔大阪〕06-6377-3800

(2018,12,26)

#NorieM #NorieMmagazine #musicalBODYGUARD #ミュージカルボディガード