関ジャニの安田章大さんが主演する音楽劇『マニアック』が大阪での公演を経て25()から東京・新国立劇場 中劇場にて上演されます。青木豪さんが脚本と演出を手掛けた本作の公開ゲネプロが同日日中に披露されました。

とある町の山の上にある不気味ないやとても昭和的な佇まいの八猪(やずま)病院を舞台に院長・八猪不二男(古田さん)の一人娘のメイ(成海さん)と病院の庭木の手入れに訪れた植木屋の犬塚アキラ(安田さん)が出会う。この病院で起こっている医療の秘密を知ったアキラはメイを連れ出し逃げようとするが……

生バンドによる華やかな音楽が響くなか、キャストたちは歌い踊りながら病院の暗部をさらけ出していきます。アキラ役の安田さんは時にはギターを抱えて弾き語り、成海さんは昭和のアイドル風に踊り、古田さんが軽い身のこなしで患者()やナースたちとダンスを鮮やかにキメる姿は必見!!

ブラックコメディのような展開に何度も笑ってしまいますが、一方で現代の医療、患者を取り巻く問題も匂わせるシニカルさも秘め、考えさせられる物語となっていました。

 

ゲネプロ後に行われた囲み会見では、安田さん、古田さん、成海さんが登場し、大阪公演での手応えを踏まえつつ質問に答えます。「来てくださる方に感謝しかないです」と語る安田さん。

「最初の台本から自分の役柄がだいぶ変わってしまいましたが、楽しいです」と話す成海さん。すると古田さんは「青春ラブストーリーのラブがなくなっちゃたね」と笑います。そこに安田さんも乗っかって「ラブをどっかに落としてきたんだろうなって。でも、ラブはあると思います」とコメント。古田さんは「初めは怒られるだろうなと思っていたが、(大阪公演で)意外にお客さんがニコニコしていて、良い作品になってしまった。ああ失敗しちゃった」と言うと皆大笑い。

安田さんも「客席で最後にブラボー!!”って声が聞こえましたからね」と振り返ると、古田さんは「ブラボーとアレをかけているのか?……ブラブラする棒でしょ?」とネタバレギリギリの発言をしてさらに笑わせます。最後は安田さんが「ぜひブラボーの作品を見に来てください!!」とオチに使って話をシメていました。

古田さんの魅力を「統率力じゃないですか。このカンパニーがこれだけまとまっているのは新太さんのおかげ」とリスペクトする安田さんに、古田さんも「安田くんはすごく素直でアドバイスも通る人。非常に信頼のできる俳優さん。芝居の部分では、アキラという役で動いてくれるので、本当に頼りになりますね」と口にしつつ、ストーリーとは裏腹に「意外と上品な座組みなんです」と表現すると安田さんと成海さんがたまらず噴き出していました。

【公演概要】

■タイトル パルコ・プロデュース2019 音楽劇『マニアック』

■日程・会場 2019年2月5日(火)~2月27日(水) 新国立劇場 中劇場

作・演出 青木豪

■音楽 浅草ジンタ

■出演

安田章大 古田新太 成海璃子

堀内敬子 小松和重 山本カナコ 宮崎秋人

山崎静代 頼経明子 浅野和之

永沼伊久也 木村真佑 甲斐祐次 斎藤准一郎 中本雅俊 西田欧誼 森山晶之

伊藤彩夏 加藤梨里香 吉田彩美 永石千尋

■公式ホームページ http://www.parco-play.com/s/program/maniac/

(2019,02,06)

photo&text:Saki Komura

#NorieM #NorieMmagazine #音楽劇 #マニアック #安田章大 さん #古田新太 さん #成海璃子 さん