2008年の初演『最遊記歌劇伝-Go to the West-』から玄奘三蔵を演じ、2009年の『最遊記歌劇伝-Dead or Alive-』、2014年の『最遊記歌劇伝-God Child-』、2015年の『最遊記歌劇伝-Burial-』、『最遊記歌劇伝-Reload-』に続き、約4年ぶりに『最遊記歌劇伝』に帰って来た鈴木拡樹さんへ作品への意気込みとそしてNorieMならではのファションのこだわりを語っていただきました。

 

ー4年ぶりの『最遊記歌劇伝』への出演になります。まず出演が決まった時の気持ちはどうでしたか?

前回も公演の期間が空いてしまった時がありましたが、次の公演をやれるかどうかわからないというよりも、“やるぞ‼”という意思を持って過ごしてきました。また、再会した時にそれぞれに何ができるかを考えて過ごしてきた時間だと思っています。僕としては、やはり『最遊記歌劇伝』と言っていますので、歌の方もパワーアップしていかないといけないなと前回目標にしていましたので、今作でもより力を入れて取り組んでいけたらなって。

 

ー“またやるぞ!!”という気持ちは、皆さんとお話しされてきたことですか?

そうですね。(椎名)鯛造君ときちんと続けてきて、ここまで行きたいよねという目標を決めて、たどり着いてから欲を出していこうと話していました。“外伝もやりたいよね(笑)”なんて話も出てますよ。そこに向けて、我々は今作に挑戦していこうという挑戦者のスタイルです。

ー最初に演じた時から、今まで、鈴木さんの中で、玄奘三蔵という役はどのように変化してきていますか?

初演はデビューして間もない頃でしたので、役を演じられるということ自体が嬉しくて。漫画もすごく読みましたし、当時知れる限りこの役について知ろうとしていました。実際に演じてみると、三蔵より若かったので、どうやったら貫禄が出るんだろうとずっと悩み続けていたのが、気づいたら年齢も逆転していて(笑)。10年経って今の方が素直にわかる感情も多いですし、これまでは沙 悟浄、猪 八戒に向けて“殺す”というセリフがあるだけで殺すという感情をどうやってぶつけたらいいのかわからなかったんですが、今では共感することができるところまで来たかなと思います。嘘で言っているわけではなく、愛がないわけでもない。難しい表現だったなと初演当時は鬼門になっていたと思います。音として“ころす”とは言えるんですが、ちゃんとした感情が乗らなかったけど、今だと台本上に書かれている意図を理解した上で、それをやってみて、稽古場で変化が生まれるかどうかということを試せるくらいにはなったかなと思います。そういうところは今気づけたことなので、再び演じることになって、もっともっと深く読み込んでいきたいし、周りのキャストとの化学反応も楽しみたいです。

 

ー今回猪 八戒をさいねい龍二さんがカムバックして演じますね?

こうやってご一緒できるということに最初は驚きましたが、すごく当時のことを思い出して。デビュー当初で、現場での居方もわからないところが多々ありました。さいねいさんがお兄さん的な感じでうまくまとめてくれた部分があって、頼りきっていた頃から年月が経って、一緒に支えられるようになったというところを個人的には見せたいですね。でも、単純に会って、一緒にお芝居することが楽しみです。現場がスムーズに行くようにとさいねいさんが行動に起こしてくれていたことをすごく覚えています。なので、次はさいねいさんがひとりで背負いすぎないようにどうにか僕たちも支えられたらと思います。

ーさいねいさんとの共演もとても楽しみですが、共演が楽しみだなと思ってらっしゃる方はいらっしゃいますか?
新キャストですと、ガト役の成松慶彦さんです。共演したことがあるので、成松さんがガトという役に驚きましたね‼あと、原作上でも背は高いのですが、沙 悟浄を(鮎川)太陽くんが演じていて、彼は役者の中でもかなり背が高い方なので、それよりも大きい人を見つけるのはとても大変だったんじゃないかな(笑)。成松さんがガトを演じてくれるのは嬉しいですね。どんな風になっていくのかここからとても楽しみです。

 

ー椎名さんとは、昨年も長い公演を一緒にされましたが、今作について何かお話しされましたか?
作品の話というか、久しぶりにさいねいさんに会えるから、一緒にご飯行きたいねと。そこできっといろいろな話が出てくるかなと思います。あれからやってきた作品の話とかそういう中からいろいろ見つかっていくと思います。個人的には、考えている課題はたくさんありますし、みんなとすり合わせをしていかなくてはと思っています。

ー今日のスタイリングは春を先取りした爽やかなスタイルですが、鈴木さんのファッションのこだわりを教えてください。
前はファッションのショー雑誌を買っていましたが、ここ最近はあまり見れていなくて。今の年齢になって、ちょっと長めのコートとかを着れるようになってきたなと思います。コートを着るのは、自分の中では大人だなあという背伸び感が少しあったんです。最近ではこれ着てみようかなってコートを選ぶのが楽しくなってきましたね。

ーついこだわってしまうアイテムはありますか?
靴が好きですね。洋服のトータルスタイリングのイメージにあわせて変えられるようにって考えると靴って自然と数が増えちゃうんですよね(笑)。これは革の方が、スニーカーの方が、ブーツの方がってなると、一番収納に困るのが靴なんですよ‼たくさん集めてきたつもりですが、まだまだ足りないような気がしていて(笑)。30足くらいはあるんですが、まだ足りない!!寝かせてしまっている靴もあリます。箱に入っているのを引っ張り出してきて、中を確認して、あっ‼これあった‼この前買わなくてもこれあったなぁとか(笑)。

ー今年は挑戦の年とおっしゃってましたが、ファッションの上での挑戦は?

昨年から少しずつ買ってきたんですが、フォーマルにも着れるセットアップ。スーツや、いろいろなカラーバリエーションなどを揃えていきたいなって思っています。

ー久しぶりに『最遊記歌劇伝』に返ってきての今作。どんなチームにしていきたいですか?また多くの作品で座長を務める鈴木さんのチーム作りの秘訣は?
座組としては、メンバーのみんながいかに楽にできているかな?っていうところがポイントだと思っています。先輩後輩ですので、気遣いはもちろんありますが、それをしていてもうまく波長があう、無理をしない関係性が作れたら嬉しいなと思います。それができていると、作品内の話しあいも割とスムーズにいくと思います。ぽろっと言えちゃうような環境づくりが大事だと思っています。

 

ー最後に『最遊記歌劇伝-Darkness-』をご覧いただく皆さまへメッセージをお願いします。

この作品は楽しいというだけの感情ではなく、胸に残る言葉も多い作品です。どれがご覧頂いた方の心に刺さるのかはわかりませんが、演劇って楽しいなっていうことを知ってほしいですし、自分が一番最初に演劇を観て感じたその感覚というものをこの作品にも込めたいなと思っています。初めてご覧いただく方にも、ずっとこの作品をご覧頂いた方にもそこは伝わって欲しいなと思います。


Profile
1985年6月4日生まれ。大阪府出身。AB型。
2007年テレビドラマ『風魔の小次郎』でデビュー。2008年上演の『最遊記歌劇伝-Go to the West-』で初主演を務める。舞台、テレビ、映画と幅広い活動で注目を集め、2019年は、3月上演の舞台『どろろ』、4月から5月にかけて上演の『舞台 PSYCHO-PASS サイコパス Virtue and Vice』、6月上演の『最遊記歌劇伝-Darkness-』への出演が控えている。

photo:Osamu Unosawa/hair&make-up:AKI/styling:Miho Nakamura

interview&text:Akiko Yamashita

Long-shirts 25,000yen+tax/Iroquois 、T-shirts 5,500yen+tax/SUPERTHANKS、Pants 11,000yen+tax/SUPERTHANKS (以上すべてKaraln tel:03-6231-9091)、Shoes 14,000yen+tax/BICASH(RAYAN tel:03-3871-1855)、Socks スタイリスト私物

 

【公演概要】
■タイトル 『最遊記歌劇伝-Darkness-』
■日程・会場
2019年6月6日(木)〜6月14日(金) ヒューリックホール東京
■出演
鈴木拡樹/玄奘三蔵役
椎名鯛造/孫 悟空役
鮎川太陽/沙 悟浄役
さいねい龍二/猪 八戒役
法月康平/ヘイゼル=グロース役 成松慶彦/ガト役
うじすけ/フィルバート=グロース役
三上 俊/光明三蔵役
唐橋 充/烏哭三蔵役 ほか

■チケット情報
桃源郷シート:10,800円(非売品グッズ特典付き・前方席)/A席:7,800円/B席:5,800円 ※チケットはすべて税込、全席指定

・キャスト別先行(抽選):2019年2月28日(木)10:00〜3月11日(月)23:59
カンフェティ:http://confetti-web.com/saiyuki
・ビジュアル先行 (抽選):2019年3月28日(木)10:00〜4月7日(日)23:59
イープラス:https://eplus.jp/saiyukikagekiden/
・一般発売(先着):2019年4月20日(土)10:00~
チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/saiyuki-kgkdn/
カンフェティ:http://confetti-web.com/saiyuki
イープラス:http://eplus.jp/saiyukikagekiden/

■公式ホームページ https://www.clie.asia/saiyukikagekiden/dn/
■公式twitter @saiyuki_kgkdn

©峰倉かずや・一迅社/最遊記歌劇伝旅社 2019


☆PRESENT☆

今回インタビューで初登場いただいた鈴木拡樹さんのサイン入り写真を2名さまにプレゼントいたします。

ご応募は下記をご確認ください。

1.NorieMのtwitterアカウント(@noriem_press)をフォロー。

2.プレゼント該当twitterをリツイート。

3.該当ツイートにコメントで応募完了です。

※お写真はお選びいただけません。締切は3/11 10:00、当選の方へはtwitter DMでご連絡いたします。

プレゼントツイートは本日ツイートいたします。たくさんのご応募お待ちしております!!


(2019,03,06)

#NorieM #NorieMmagazine #Interview #インタビュー #最遊記歌劇伝 #鈴木拡樹 さん