English version of the interview with Misa Eto is posted following the Japanese interview.


2019年4月に日本初演を迎えるミュージカル『笑う男 The Eternal Love –永遠の愛-』。『レ・ミゼラブル』の著者として知られるヴィクトル・ユーゴーが手掛けた「The Man Who Laughs」を原作に、『マリー・アントワネット』のロバート・ヨハンソンが脚本を、『モンテ・クリスト伯』『デスノート THE MUSICAL』のフランク・ワイルドホーン&ジャック・マーフィーが音楽と歌詞を務めて生まれたグランド・ミュージカルです。日本版では浦井健治さんが主人公のグウィンプレンを演じ、グウィンプレンが幼い頃に出会う盲目の少女デア役を夢咲ねねさんとWキャストで演じるのが衛藤美彩さんです。

アイドルグループ乃木坂46のメンバーとして活動し、2019年3月にグループを卒業した衛藤さんがミュージカルの舞台を目指すきっかけや、自身が演じるデア役について話を伺ってきました。

 

―製作発表時の挨拶で「自分一人で歌うのが初めて」という発言が意外でした。

そうなんです。乃木坂46では複数名で同じパートを歌う事が多くて。自分がソロで歌う曲はないんですよ。

 

―だからこそ今回ミュージカルで歌うのが「一人では初めて」という言葉に繋がるんですね。衛藤さんがこの世界に入るきっかけになったのが歌唱力の高さと聞いたんですが、子どもの頃から歌が好きだったんですか?

母の影響が大きいです。母はカラオケで歌うのが大好きで上手くて、それこそ私がお腹の中にいる時からカラオケに行って歌っていたそうです(笑)。そのせいか私も小さい頃から歌うのが大好きでした。最初は「歌手になりたい」、とか「ミュージカルに出たい」とかいろいろ考えたんですが、とりわけ「これがやりたい!!」という強いものがなく、ただ歌いたいなっていうざっくりとした気持ちでした。縁があって乃木坂46のオーディションを受け、今はアイドルとして歌っているんです。

―ただ、歌いたい、からミュージカルで歌いたいという心境に変化したきっかけは?

乃木坂46に入ってからもやはり一人で歌いたいという気持ちがありました。乃木坂46にはシングルが発売になるとテレビやラジオなどに出演できる「選抜」とそれ以外の「アンダー」という仕組みがあるんですが、私はずっとアンダーでした。昔はアンダーライブもなかったので本当に活動をする場所が限られていました。生ちゃん(生田絵梨花さん)がミュージカルに出て歌っている姿を見て自分ももっと歌いたいという思いになりました。そんな思いの中から「ミュージカルに出てみたい。歌ってみたい」という強い気持ちが出てきたのかもって考えますね。

 

―乃木坂46の活動が忙しい中ではありますが、他の舞台を観に行く機会は作れましたか?

ミュージカルよりも舞台の方をよく観ていました。ミュージカルは『エリザベート』そして乃木坂46のメンバーが出ている『ロミオ&ジュリエット』『レベッカ』を観ました。宝塚歌劇はまだ観た事がないので一度観てみたいですね。高山一実ちゃんと寺田蘭世ちゃんが宝塚の大ファンなんですよ。

 

―そんな衛藤さんがミュージカルに出ることが発表になったときの周りの反応はいかがでしたか?

生ちゃんと(桜井)玲香ちゃんからは「日生劇場に立つ乃木坂46メンバー、初だよ!!頑張ってね!!」って言ってくれたのですごくありがたいと思いました。

 

―そうなると嬉しさと同じかそれ以上に緊張もあるかと思いますが。

私はそれ以前で、稽古で緊張するかもしれないです。作り上げる作業のほうが(笑)。本番に緊張しないということではないんですが、今から本番までの期間の方が苦しい事が多いんじゃないかなと思っていて。なんで自分はこうしたいのにうまく出来ないんだろうとか、周りの皆さんとの力の差に落ち込んだり、一方で「頑張ろう!!」って自分を奮い立たせたりとジェットコースターのような日々になるんじゃないかなって。本番になってしまえば、あとは身体のケアをしっかりやらないと、という別の心配もあるので。今は「セリフ覚えられるかな」「ちゃんと歌えるかな」とかそういう心配ばかりです(笑)。
でも以前出演した別の作品の監督さんが、私が「初めての現場なので緊張します」と言ったら「僕もこの作品は初めてだよ」って言ってくださったんです。それが結構忘れられなくて。スタッフさんによっては2回目以上の方もいるけれど、このキャストでやるのは初めてなんだから、別に私一人で緊張しなくてもいいんだ、と気づかされたんです。

 

―良い言葉ですね。演劇の現場だけじゃなくても共感できますね。さて、先日の製作発表も含めて今歌稽古をされているかと思いますが、フランク・ワイルドホーンの楽曲は歌ってみてどのような感覚になりますか?

歌ってみてこんなにも感情が湧き出てくるメロディーは初めてで、何も考えず気持ちをふわっと乗せられるような不思議な感覚でした。でも皆さんが難しい、とおっしゃるという事は私にとっては本当に難しいという事なので、いろんな稽古をしなければと思っています。ボイストレーニングもミュージカルとしての発声を習っていかないと!!

 

―今回演じるデアは目が見えない女の子。そういう意味では演技の大変さもあるかと思います。

そうですよね。特に私は「人の目を見て話しなさい」と小さい頃から母にしつけられてきたので、顔をどこに向けて相手と話せばいいんだろうって。また立ち上がる時も見えている時と見えてないときで動き方が違うだろうし。実家の近くに盲学校があって、子どもの頃はそこの生徒と一緒に登下校をしたことがあるので、その時の経験も生きるといいなと思っています。また(夢咲)ねねさんが昔、目が見えない役をやったことがあるとおっしゃっていたので、教えていただけるものは出来る限りすべて吸収したいです。

―ダブルキャストとなるとある程度までは同じくらいの演技が求められますしね。何もかも一緒にする必要はないでしょうが。

浦井さんが大変ですよね!!違う二人のデアを受け止めなければならない訳ですから。

 

―共演される浦井さんや朝夏まなとさんの印象はいかがでしたか?

浦井さんとは『ゴースト』を拝見した時に初めてご挨拶させていただき、今回の製作発表の前の歌稽古で2度目。ステージに乗っている時の浦井さんって王子さまというか、本当にかっこいいじゃないですか!!かっこいいしすごく気さくな方で今回練習をするってなった時に「製作発表、頑張ろうね!」って夢咲さんと私にプレゼントをくださったんです!!家で使えるお揃いのヘアバンドを。会ってすぐさらっと渡してくださって、すぐ心を掴まれました!!練習も身構えていたんですがその優しさにほぐされました。そして朝夏さんは「はじめまして」だったんですが……かっこいいですよね!!私が会見前に緊張でうなだれていたら、「大丈夫!!」って背中をポンって叩いてくれて「はあ~っ(惚)」ってなっちゃいました(笑)。包容力が凄いんですね。

 


衛藤美彩さんのこの春のファッションはこれ!!
この春は個人的にデニムのパンツに挑戦したいなって思っています!!今までにない、Tシャツにデニムのパンツのスタイリングに、エッジの効いたパンプスをあわせて大人っぽい着こなしをイメージしています。あとは、最近ピンクがかわいいなって思うようになりました。かわいらしいピンクではなく、大人っぽいピンクにも挑戦したいなって思っています。


【公演概要】
■タイトル ミュージカル『笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-』
■日程・会場
東京公演:2019年4月9日(火)〜4月29日(月・祝) 日生劇場
名古屋公演:2019年5月3日(金・祝)〜5月6日(月・休) 御園座
富山公演:2019年5月10日(金)〜5月12日(日) 新川文化ホール
大阪公演:2019年5月16日(木)〜5月19日(日) 梅田芸術劇場
福岡公演:2019年5月25日(土)〜5月26日(日) 北九州ソレイユホール
■出演
浦井健治/グウィンプレン
夢咲ねね・衛藤美彩/デア(Wキャスト)
朝夏まなと/ジョシアナ公爵
宮原浩暢/デヴィット・ディリー・ムーア卿
石川 禅/フェドロ
山口祐一郎/ウルシュス ほか
■公式ホームページ https://www.tohostage.com/warauotoko/

(2019,04,06)

photo:Hirofumi Miyata/costume:Ayako Maeda/hair&make-up:Tomoe Okada(studio AD)/styling:TOHO STAGE CRAFT Costume section

interview&text:Saki Komura


☆PRESENT☆

今回インタビューで初登場いただいた衛藤美彩さんのサイン入り写真を1名さまにプレゼントいたします。

ご応募は下記をご確認ください。

1.NorieMのtwitterアカウント(@noriem_press)をフォロー。

2.プレゼント該当twitterをリツイート。

3.該当ツイートにコメントで応募完了です。

※締切は4/11 10:00、当選の方へはtwitter DMでご連絡いたします。プレゼントの発送は日本国内のみとなります。

プレゼントツイートは4/9 ツイートいたします。たくさんのご応募お待ちしております!!


An interview with Misa Eto, who will play the role of Dea in “The Man Who Laughs!” “I’ve never experienced melodies that made me feel such a well of emotion.”

Musical “The Man Who Laughs – The Eternal Love” will premiere in Japan in April 2019. This grand musical is based on the original work “The Man Who Laughs” by Victor Hugo, most famously known as the author of “Les Misérables,” with book by Robert Johansson of “Marie Antoinette,” and music and lyrics by Frank Wildhorn and Jack Murphy of “The Count of Monte Cristo” and “Death Note: The Musical.” In the Japanese version the main character of Gwynplaine is played by Kenji Urai, while the double role of the blind girl who the young Gwynplaine meets is played by Nene Yumesaki and the subject of this interview, Misa Eto.

Active as a member of the idol group Nogizaka46, Ms. Eto graduated from the group in March 2019. I talked with her about her reasons for deciding to work in musicals and her role as Dea.

 

―Your greeting at the production announcement when you said “This will be my first time singing alone” took me a little by surprise.

It’s true. In Nogizaka46, usually many of the members are often singing the same parts. There isn’t a single track on which I sing a solo.

 

―That’s where the “singing alone” comes from in regard to performing in this musical, then. I’ve heard that you got into this industry due to your skill as a singer; have you liked singing since you were a child?

My mother is a big influence on me. She loves singing at karaoke and is really good, and I came to know that she actually started going singing when she was pregnant with me (laugh). Likely as a result of these things, I’ve loved to sing since I was small. To start with, I did think about a few things like wanting to first be a singer, and wanting to appear in musicals, but I didn’t have an especially strong desire to do one single thing, just knew that I wanted to sing. I ended up passing the audition for Nogizaka46 and so now I’m singing as an idol.

What brought around your change of heart, from just wanting to sing, to wanting to sing in a musical?

Even after joining Nogizaka46, I had feelings that I wanted to sing alone. When a Nogizaka46 single is released, there is a system in which some members are selected to appear on TV or radio, while the others are called “unders.” I’ve always been an “under.” They didn’t even have under concerts when I was starting out, so it really limited the places I could do anything. When I saw Erika (Ikuta) singing in a musical, I felt that I wanted to sing more myself. I think that may be the source of my strong feelings to be in a musical, to try singing like that.

 

―I know you are very busy with Nogizaka46, but have you made time to go and see any other shows?

I see more stage shows than musicals. I did see “Elisabeth,” and “Romeo & Juliet” and “Rebecca” which feature other members from Nogizaka46. I haven’t seen a Takarazuka Revue performance yet, and so would really like to. Kazumi Takayama and Ranze Terada are both big fans of Takarazuka.

 

―What was the response like from the people around you when you announced you were going to be appearing in a musical?

Erika and Reika (Sakurai) were great, and told me to do my very best, especially as the first member of Nogizaka46 to appear at the Nissay Theatre. The support from them has been really nice.

 

―I’m sure with that happiness there also comes a kind of pressure to do well.

I think I’m going to be quite tense even in rehearsals. The process of having to create all of this (laugh). I do get nervous for the actual performance, but I think there’s going to be a lot more difficult stuff to face in the time between now and then. It feels like it’s going to be a real rollercoaster, knowing what I want to do but wondering why I can’t quite achieve it, getting depressed at the difference in ability I see with the others around me, and then pumping myself back up and getting back to it. Once we get to the actual performance, I have other concerns too, like making sure I properly look after my health. At the moment I’m just full of worries about whether I can learn my lines and whether I can sing all the songs well enough (laugh). During something I worked on before, I mentioned to the director that I was nervous, this being my first time working on something like that, and he kindly said to me that it was also his first time directing that specific piece. I haven’t been able to forget that. He helped me realize that even if some of the staff have done this show before, it’s still their first time doing it with this cast, and so I don’t need to just be nervous on my own.

 

―Well said. I think many people can sympathize with that sentiment, not just those in the theater. Moving on, after the recent production announcement, I presume that you are now in rehearsals. What are you feelings after singing some Frank Wildhorn songs?

After giving them a try, I’ve never experienced melodies that made me feel such a well of emotion, and it feels very strange, being able to transfer my emotions to the singing without having to think about it at all. But anything that other people find difficult, I personally find incredibly difficult, so I’m going to have to train myself very hard. I’m also going to be doing musical voice training to help me project my voice!

 

―The role you are playing of Dea is a girl who can’t see. I should think that creates some challenges in regard to your performance, too?

That’s true. In particular, my mother always told me to look people in the eyes when I’m talking to them, so I’m wondering about where I should be looking when I talk to people. I’m sure the way someone does something like standing up is also very different when they can see and when they cannot. There’s a school for the blind close to my family home. When I was a child, sometimes I would walk to school or from school to my home with students from there, so I’m hoping to be able to use those experiences. Also, Nene (Yumesaki) told me that she’s played a blind role before, so I’m hoping to absorb as much as I can of what she can tell me.

―Having it being a double role means a certain degree of the same performance is required from you both, too. Although I’m sure you don’t have to do absolutely everything the same.

It’s also tough on Kenji Urai! He has to work with and accept two different Deas.

 

―What were your impressions of the co-stars you will actually be performing alongside, Kenji Urai and Manato Asaka?

I talked with Kenji for the first time when I saw “Ghost,” and then the singing rehearsal prior to the production announcement was the second time. He’s like a prince when he’s up there on the stage, almost, he really is so cool! So cool, and so friendly, at the rehearsal he had words of encouragement for me about the production announcement, and gave Nene and me a present each! Hairbands to use at home, both the same. He handed them over so casually, so soon after we met, he really grabbed my heart from the start! I was worried about practice, but his kindness melted that tension away.It was my first time meeting Manato, and she’s so cool, isn’t she! When I was nervous before the announcement, she said that I’ll be fine and tapped me on the back, and I almost melted! (laugh) She’s so accepting, it’s incredible.


Misa Eto’s fashion for this spring!!

This spring I’m personally taking up the challenge of denim pants! Something different from what I’ve worn before, I’m styling a T-shirt with denim pants and then some edgy pumps for a more mature look. I’ve also recently started to find pink very cute. So I want to try and pull off not a cute pink, but a mature pink.