4月10日(水)、東京・新橋演舞場にて『滝沢歌舞伎ZERO』が東京初日を迎えました。昨年末に現役引退し、スタッフに転身した滝沢秀明さんに代わって、今年はジャニーズJr.のSnow Man(岩本照さん、深澤辰哉さん、ラウールさん、渡辺翔太さん、阿部亮平さん、宮舘涼太さん、佐久間大介さん、向井康二さん、目黒蓮さん)が主演を務めることになりました。

演出は滝沢さんが担い、振付はA.B.C-Zの五関晃一さんが担当しました。

新橋演舞場での東京公演初日に向けて囲み会見とゲネプロが同日行われました。

会見には、東京公演から参加するラウールさんと共にSnow Manの9名が勢ぞろい。この日、関東で季節外れの雪が降った事を受け、気象予報士の資格を持つ阿部さんが本日のお天気予報。「本州上空の低気圧の影響によるものと考えられています。この後東進すると思われるので夕方から天候は回復する見込みです」と答えると「ニュース番組ちゃうで!!」とツッコむ向井さん。

今年1月、関西ジャニーズJr.の向井さん、宇宙Sixの目黒さんと共にSnow Manに新加入したラウールさんは取材陣から今の心境を問われると「あの……」と緊張からか言葉を詰まらせます。すると周りの“兄貴”たちがすかさずフォロー。岩本は「緊張しているのか?」とラウールの肩をそっと抱き、向井さんは「取材の人が多くて緊張しているので……いったん帰ってもらっていいですか?」と笑いを誘い、ラウールさんの緊張をほぐします。
「ひと一倍練習していたんですよ」と深澤さんからもフォローが入ると「自分は経験が浅いので頑張りたい。観に来てくれたお客さん全員を幸せに返せるようにしたいです」とようやく語ったラウールさんに「うちの子、かわいいんです!!」と佐久間さんがアピールしていました。

会見で着ていた衣裳は東京公演で初お披露目となる新曲「Make it Hot」の衣裳。「ダテさま」こと宮館さんが手掛けたもの。右前身ごろと左前身ごろとで生地を変えたり、袖口のデザインを変えるなど様々な工夫が施されていました「個性を見ながら作りました。9人体制では初となる舞台の勢いをこの衣裳と共に伝えられれば」と宮館さん。最後に「衣裳さんに大変ご迷惑をおかけしました」と頭をさげていました。

前列左から向井康二さん、深澤辰哉さん、ラウールさん、岩本照さん、渡辺翔太さん

後列左から佐久間大介さん、宮舘涼太さん、目黒蓮さん、阿部亮平さん

 

「南座から新橋演舞場に戻ってきてさらにパワーアップしているので、東京オリンピックも近い事ですし、海外からのお客さんにも見ていただきたい」とコメントした渡辺さん。

そして岩本さんは「この新橋演舞場は滝沢秀明くんが『滝沢歌舞伎』のスタートを切った場所でもあり、平成が終わるこのタイミングでSnow Manが『滝沢歌舞伎ZERO』として平成からZERO和(ZEROをれいと読み「令和」)をまたいで新橋演舞場に立てるのは望んでもできない事。50年、100年経っても語り継がれるよう、歴史の一ページを刻んでいけたら」と想いを述べるとメンバーから拍手が沸き起こっていました。

ゲネプロでは、滝沢さん、五関さんが見守る中スタート。3万枚の桜吹雪が一気に落ちて視界がピンク色になるど派手なオープニング、上半身裸で己の腹筋だけで起き上がり太鼓を叩く「腹筋メカ太鼓」は中央の3人乗りのやぐらが時速約15kmで回転、『鼠小僧次郎吉』の芝居の大詰めでは、本水が使われる中で繰り広げられる圧巻の大立ち回り。とにかく驚き、そして楽しいエンターテイメントショーとなっていました。

『滝沢歌舞伎ZERO』は、4月10日(水)から5月19日(日)まで、東京・新橋演舞場にて上演されます。

ダテさま(宮館さん)デザインの衣裳もお楽しみください!!

 

【公演概要】

■タイトル 『滝沢歌舞伎ZERO』

■日程・会場 2019年4月10日(水)~5月19日(日) 新橋演舞場

■出演

【Snow Man(スノーマン)】
岩本 照
深澤辰哉
ラウール
渡辺翔太
阿部亮平
宮舘涼太
佐久間大介
向井康二
目黒 蓮

林 翔太
影山拓也
ほかジャニーズJr.

■公式ホームページ https://www.shochiku.co.jp/play/schedules/detail/enbujyo_20190410/

(2019,04,11)

photo&text:Saki Komura

#NorieM #NorieMmagazine #滝沢歌舞伎ZERO #SnowMan