佐藤アツヒロさん主演舞台『hymns(ヒムス)』が4月11日(木)、東京・博品館劇場にて初日を迎えました。

本作は鈴木勝秀さんの脚本・演出による『LYNX(リンクス)』『MYTH(ミス)』に続く3部作の最後の作品。2008年に佐藤さん主演で初演されていますが、2019年度版となる今回は5人の男たちの物語としてリライトされました。

初日前にゲネプロが公開され、佐藤さん、中山祐一朗さん、山岸門人さん、陰山泰さん、新納慎也さん、そして鈴木さんが囲み会見に出席しました。

写真左から鈴木勝秀さん、山岸門人さん、陰山泰さん、佐藤アツヒロさん、新納慎也さん、中山祐一朗さん

 

鈴木さんは本作について「もう一度やりたかったんです。僕がこれを書いたのが45歳ぐらいで、アツヒロの年齢がだいぶ近くなってきたので、もう一度やるのにちょうどいいかなあと思ったんです」と再演の真意を語り、再び主演を務める佐藤さんについては「アツヒロは“託せる”役者。とにかくピンと来る人なんです」と評価していました。

佐藤さんは鈴木さんのコメントを受けて「スズカツさんの作品は、オーバーに表現しなくても物語が進んでいく会話劇であり空間。改めてこういう原点に居られる自分がすごく幸せ」と笑顔を見せました。

オガワの家に転がり込み同居しているギャンブラー・クロエ役の新納さんは自身の役を「キーマンです」と表現。すると佐藤さんは「女優さんはいないけれど、相手役といえば新納のクロエだと言えますね」と言う。その表現に二人の愛が描かれる?と言いたげにツッコミが入りましたが、新納さんは「恋愛はないですよ、残念ながら(笑)。ただ二人で居残り練習をしなきゃいけないぐらい二人のシーンが大変でした」と笑いながら説明していました。

佐藤さんと新納さんは本作で初共演。「性格とか価値観とか似ていてびっくりしましたね」と話す佐藤さん。一方の新納さんは「“初めて会った気がしない”とアツヒロくんからも言われたんですが、結構早い段階で“前から友達だった気がするね”って言われて。僕は光GENJIを見ていたので昔からお友達でしたけど」というと全員大笑い。

画商のナナシ役の中山さんは「僕の役は社会的には普通の人。だからこそ芸術家のオガワさんをこきおろすんです。かなりおちょくったりするのでよくアッくんが付き合ってくれるなあって」と心配すると、佐藤さんは「オガワは若いうちに賞を取りますが、その後売れない画家になるんです。僕が10代の頃と20代になってからの状況と被るので(笑)、何を言われても大丈夫!!」。それを聞いていた中山さんは「余計、言ってもいいのかな?」とさらに心配していました。

オガワの友人でありマネージャーのムメイ役の山岸さんは、「オガワを茶化しながら正論ばっかり言う男です」。

そしてナカハラ役の陰山さんは「ナカハラは初演の時にはいない役なんです。企画書には謎の男、とありました。他の方はオガワに核心を突くような事をいうんですが、ナカハラはそうじゃなく全く謎です」と静かに語っていました。

ゲネプロでは、黒い絵ばかり描いているオガワと、ギャンブル話ばかり持ちかけるギャンブラーのクロエのアブないやり取りがどこかコミカルに描かれています。ですが画商のナナシ、マネージャーのムメイは辛辣な言葉をオガワにぶつけてきます。突然現れるナカヤマの存在も気になるところ。

「この作品のテーマは、どう生きていくか、どう生きるか、なぜ生きるかということ。それを主人公・オガワがどう切り拓いていくかでもある」と会見でコメントした佐藤さんの言葉の真意を考えつつ楽しんでみてはいかがでしょうか?


『hymns(ヒムス)』は4月11日(木)から21日(日)まで、東京・博品館劇場にて、4月22日(月)は大阪・サンケイホールブリーゼにて上演されます。

 

【公演概要】

■タイトル 舞台『hymns(ヒムス)』

■日程・会場

東京公演:2019年4月11日(木)~4月21日(日) 博品館劇場

大阪公演:2019年4月22日(月) サンケイホールブリーゼ

■脚本・演出 鈴木勝秀

■出演

佐藤アツヒロ

中山祐一朗 山岸門人 陰山泰

新納慎也

■公式ホームページ https://www.hymns-stage.com/

(2019,04,12)

photo&text:Saki Komura

#NorieM #NorieMmagazine #hymns #ヒムス #佐藤アツヒロ さん #新納慎也 さん