A.B.C-Zの戸塚祥太さん、加藤和樹さん、ふぉ~ゆ~の辰巳雄大さんらが出演する舞台『BACKBEAT』の制作発表記者会見が4月15日(月)に東京・新宿LOFTにて行われ、戸塚さん、加藤さん、辰巳さん、JUONさん、上口耕平さん、夏子さん、鈴木壮麻さん、尾藤イサオさん、そして翻訳・演出の石丸さち子さんが登壇しました。

写真前列左から上口耕平さん、辰巳雄大さん、戸塚祥太さん、加藤和樹さん、JUONさん

後列左から石丸さち子さん、夏子さん、尾藤イサオさん、鈴木壮麻さん

 

本作は、伝説のロックバンド・ビートルズの創成期であるハンブルグ時代を描いた1994年に公開された伝記映画『BACKBEAT』を、監督のイアン・ソフトリー自らが舞台化した作品。ビートルズ結成時のベーシストであり、デビュー目前に21歳という若さでこの世を去ったスチュアート・サトクリフを中心に描かれている。

新宿LOFTといえば、山下達郎、サザンオールスターズ、BOOWYらもステージに立った歴史あるロックの殿堂。この日は会見が始まる前に生ライブが披露されました。
暗闇の中ステージに上がり楽器を手にする5人。軽く音を出した後、ライブスタート!!

1曲目はチャック・ベリーの楽曲をジョン・レノンのボーカルでカバーした「ロックン・ロール・ミュージック」。ジョン役を演じる加藤さんがギター片手に英語詞でシャウト。ドラムのピート・ベスト役・上口さんが背後がらリズムで支える中、ギターのジョージ・ハリスン役の辰巳さんと同じくギターのポール・マッカートニー役のJUONさんが顔を見合わせ笑顔を浮かべながら楽しそうに演奏しています。
そして2曲目。ビートルズに影響を与えたエルヴィス・プレスリーの名曲「ラブミー・テンダー」をベース担当のスチュアート・サトクリフ役の戸塚さんが柔らかい声質で甘く歌い上げると、会場からは拍手が沸き起こりました。

   戸塚祥太さん

加藤和樹さん

JUONさん

上口耕平さん

 

演奏後に行われた会見で、戸塚さんは「バンドとして皆さまの前で演奏するのは初めて。気分が高揚しています。バンドのマジックを初体験してしまったなという感じ」と満面の笑みを浮かべ、「初めてバイクに跨ってエンジンをかけた時のような、自分の中に新しい命が生まれたような感覚ですっごい楽しかった!!」と興奮冷めやらぬ発言に他のメンバーも同感、と言いたげにうなずきます。戸塚さんはギターの経験はあってもベースは初めてという事でしたが、「手がデカかったから良かった。お父さん、お母さん、ありがとう!!」と笑っていました。

加藤さんは「演奏、いかがでしたか?」と照れ笑いを浮かべつつも「20曲もの楽曲を舞台で毎日演奏届けていきます。初めて皆さんの前に出て演奏した時、俺たちバンドなんだなって思いました。初めてひとつになった瞬間でした。ここからもっとグルーヴを高めていきたいです」と話していました。

辰巳さんは「実はわたくし、ほとんどギターを弾けない状態から始めました。2月くらいからギターレッスンを始めたんですが、レッスン初日の皆さんの“大丈夫か?”と言いたげなドキドキした顔は忘れられません」と苦笑いしつつも、「本番はジョージ・ハリスンとしてお客さんをドキドキさせます」と宣言!!多いときは1日8時間も練習することもあるそうですが「昨年まではバンドを演奏するなんて思ってもいなかったので、ものすごく興奮を覚えました。(生演奏が)始まるまでは本当に緊張していたんですけど、始まったら楽しい!!まさにロックンロール。しっかり味をしめちゃったので、まだ舞台も始まっていませんが、このバンドメンバーでライブツアーでもやりたいなと思いました」と言うとメンバーも同感とばかりに声を上げていました。

スリーピース・ロックバンドFUZZY CONTROLで活躍するJUONさんは、「台詞がある舞台というのは初挑戦ですが、皆さんと“Get Together”しながら全力でやっていきたいです」とコメント。今日の演奏では興奮のあまりいきなりギターの弦を切ってしまった事を暴露。「これぞロックンロール・ミュージックだ!!」と楽し気に語っていました。
もちろんギターは経験者ですが、左利きのポール・マッカートニー役ということでJUONさんも左でギターを弾くという初めての経験をしているそう。ここは注目です。

 

上口さんは「ドラムの席って最高の特等席なんだなと。お客さまの表情も観れるし、メンバーのテンションも分かるんです。いつもより演奏が走っちゃってるなあとかもね」というとメンバーが噴き出していました。また自身の役に絡めて「ピートは結成当初のビートルズのリズムを支えてきた男なんです。だから僕も皆を支えていけたいです。また舞台を観に来たお客さんが『ピートもビートルズに残っていたらよかったんじゃない?』と思ってくださる方が一人でもいてくれたら嬉しいです」と期待を持たせていました。

 

スチュワートと恋に落ちる写真家アストリッド・キルヒヘルを演じる夏子さんは「初舞台ですが、がむしゃらに石丸さんについていきたい」と語り、ブライアン・エプスタインほか4役を演じる鈴木さんは「今、素敵なこの若者たちのプロデュースを俺がするんだ、とヒシヒシと感じ、皆さんと同じ気持ちを感じています。登場人物全員が実在の人物であるということで、ヒリヒリするようなリアルなところと役者として向き合えることを楽しみたい」と語っていました。

 

そしてブルーノ・コシュミダー役を演じるのはこの場では誰よりもビートルズを知る尾藤さん。ビートルズが初来日した公演で前座を務めた時の貴重な経験や、その時、先日亡くなられた内田裕也さんとビートルズにプレゼントを渡しに行こうとしたが警備員に止められたエピソードなどを楽しく聞かせてくれました。今回の5人の演奏については「グーですね!!」とニッコリ。「話を聞いたら、ほぼ一夜漬けだったそうでそれでよくここまでやりましたね。最終的にはお客さんに喜んでもらえるように最後まで頑張ってやりましょう!!僕で役に立てること、僕が答えられることは答えますから」と励ましていました。

尾藤イサオさん

鈴木壮麻さん

 

加藤さんが現在ツアー中ということで「(このメンバーも)サプライズで出ちゃう?という発言も飛び出した会見でしたが、いずれはこのバンドメンバーでCDデビューも!?という質問が出ると、辰巳さんは「僕はまだ個人的にもCD出してないのですが」と口にしてキャストもマスコミも全員大爆笑。「僕のグループは『ふぉ~ゆ~』っていうんですけど。ここ(バンド)が(CDデビュー)先か~!!メンバーごめんね~」とさらに笑わせていました。

舞台『BACKBEAT』は5月25日から6月9日まで東京芸術劇場にて、6月12日~16日まで兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール、6月19日に愛知・刈谷市総合文化センターアイリス大ホール、6月22日、23日に神奈川・やまと芸術文化ホールメインホールにて上演されます。

 

カメラマンから「ロックなポーズで」とリクエストが飛ぶと、辰巳さんが「6」、戸塚さんが「9」を手で示して「ロック」なポーズをしていました(笑)!!

 

【公演概要】

■タイトル 舞台『BACKBEAT』

■日程・会場

東京公演:2019年5月25日(土)~ 6月9日(日) 東京芸術劇場 プレイハウス

兵庫公演:2019年6月12日(水)〜 6月16日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール

愛知公演:2019年6月19日(水) 刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール

神奈川公演:2019年6月22日(土)・ 23日(日) やまと芸術文化ホール メインホール

■出演

戸塚祥太(A.B.C-Z) 加藤和樹
辰巳雄大(ふぉ~ゆ~) JUON(FUZZY CONTROL) 上口耕平
夏子
鍛治直人 田村良太 西川大貴 工藤広夢
鈴木壮麻 尾藤イサオ

■公式ホームページ https://www.backbeat-stage.jp/

(2019,04,17)

photo&text:Saki Komura

#NorieM #NorieMmagazine #Backbeat