5月22日(水)、23日(木)に東京、そして6月1日(土)には初の韓国でのチャリティーコンサートを行う安蘭けいさん。在日3世として日本で生まれ育ち、在日韓国人として初の宝塚歌劇団のトップスターとして活躍。宝塚歌劇団を退団後も確かな実力と華やかな持ち味でさまざまな舞台に出演しています。宝塚歌劇団時代に宝塚星組で、宝塚退団後は蜷川幸雄さん演出『アントニーとクレオパトラ』でソウル公演を行っており、日本と韓国の文化の架け橋になりたいと思い続けて来た安蘭さんが自ら企画したチャリティーコンサートの開催を前に、公演への想いを語っていただきました。

 

ー今回のチャリティーコンサートは、安蘭さんの想いがぎゅっと詰まった内容になると思いますが、どんなコンサートにしていきたいと考えていますか?
以前から日本と韓国の文化の架け橋となるような活動ができればいいなと考えていましたが、なかなか機会がありませんでした。韓国も文化活動にすごく力を入れていて、ミュージカルの世界ではとても素晴らしい公演が行われています。今回こうしてご縁をいただき、日本と韓国の文化の交流を通して、私自身のアイデンティティーを考え直すこともできると思います。国と国との関係は不安定だったりもしますが、心と心がつながることができたらいいなと考えています。コンサートで歌うことで、すごく小さな力ですが、日本と韓国の人と人がつながることができたらいいなと思いますし、今回のチャリティーの収益金は2001年に新大久保駅で日本人を助けようとして命を落としたイ・スヒョンさんの遺志を継いで設立されたNPO法人「エルエスエイチアジア奨学会」へ贈ります。そのイ・スヒョンさん、そしてご両親の想いを少しでもくめればと思い、韓国の曲も披露したいと思っています。

ーこのコンサートだからこそ届けたいと思っていらっしゃる曲はありますか?
最初に思い浮かんだのは「イムジン河」という曲です。大好きな曲なので機会があったら一度歌ってみたいと思っていました。あとはミュージカルの曲と韓国ドラマ『天国の階段』の主題歌「ポゴシプタ」も歌います。この曲は、宝塚歌劇団時代の韓国公演で披露したこともあります。

 

ー日本の公演では、韓国からヤン・ジュンモさんが、そして遠野あすかさんもゲストで駆けつけてくださいますが、共演で楽しみにしていることを教えてください。
ジュンモさんとは以前、コンサートでご一緒させていただいたのですが、その時はソロでした。今回は一緒に歌う曲がありますので、すごく楽しみです。あすかちゃんとは宝塚歌劇団で相手役として一緒に過ごしてきたのでデュエットを期待される方も多いと思いますが、今回のコンサートでは女性2人のナンバーなどをデュエットする予定です。

ー6月にはソウルでの公演も控えていますが、韓国での公演についてどんな想いがありますか?
ずっと韓国でコンサートをやってみたいと思っていたので、まずは実現できることが本当に嬉しいです。宝塚歌劇団での公演、『アントニーとクレオパトラ』という作品、そして今回はコンサートという形でステージに立てます。日本での公演とは違う気持ち、想いを持って行けると思っています。そして、コンサートにいらっしゃる韓国の皆さんもイ・スヒョンさんが日本で人を助けたということをご存知だと思います。イ・スヒョンさんの遺志を継いで、このコンサートを通し、留学生の皆さんの支援にご協力ができればと思っています。

 

ー安蘭さんにとってのコンサートとはどんな存在ですか?また、今回の公演のために特別にプラスしたことはありますか?
私にとって、コンサートとは、自分の好きな曲だけを、自分の好きなように歌えるという、自分の想いを伝えることができるすごく自由なものです。でも、今回はこのコンサートの意味を皆さんに理解していただきたいと思っていますので、短い映像でイ・スヒョンさんをご紹介をさせていただきます。

ーイ・スヒョンさんの事故からは18年という時間が経過しています。今回のコンサートをきっかけにまた日本の皆さんにも思い出していただける機会になりますね。最後にコンサートへの意気込みをお願いいたします。
今回の公演は、私にとっても久しぶりのコンサートです。韓国からはヤン・ジュンモさんが、そしてあすかちゃんもゲストで来てくれて、とても豪華なコンサートになると思います。ソウル公演では、ソウル芸術団の協力を得てチェ・ウヒョクさん、パク・ウンソクさん、チェ・ジョンスさんと3人のゲストも来てくださいます。チャリティーコンサートという意味も踏まえて、大切にいろいろな歌を歌い、気持ちをそして韓国と日本への想いを皆さまにお届けしたいと思っています。

 

【profile】
滋賀県出身。1991年、宝塚歌劇団に首席で入団。『ベルサイユのばら』で初舞台を踏む。以降、早くから実力派男役として注目を集め数多くの舞台に出演。2004年には現役の宝塚歌劇団生では初となる松尾芸能賞演劇新人賞を受賞した。2006年、星組男役トップスターに就任。東京宝塚劇場開場以来、史上最高の動員記録を樹立した『スカーレット・ピンパーネル』(小池修一郎演出)の日本初演などに主演した。2009年、宝塚歌劇団を退団。退団後も女優として舞台を中心に活躍している。
『サンセット大通り』『アリス・イン・ワンダーランド』の演技に対して、第38回菊田一夫演劇賞受賞 。近年の主な舞台作品に『漂流劇 ひょっこりひょうたん島』『スカーレット・ピンパーネル』『白蟻の巣』『リトル・ヴォイス』『リトル・ナイト・ミュージック』『レインマン』『民衆の敵』『マン イスト マン』、『ハル』、ドラマ『KBOYS』(ABCテレビ/GYAO!)など。『スカーレット・ピンパーネル』では、主演のパーシーとヒロインのマルグリットの両方を演じた唯一の俳優でもある。2020年3月『サンセット大通り』出演予定、主演ノーマ・デズモンドを演じる。

 

【公演概要】
■タイトル 安蘭けいチャリティーコンサート『A Piece Of Courage』
■日程・会場
東京公演:2019年5月22日(水)18時30分、5月23日(木)14時 サントリーホール ブルーローズ(小ホール)
韓国公演:2019年6月1日(土)19時 KT&Gサンサンマダン テチアートホール
■出演
東京公演:安蘭けい/ゲスト ヤン・ジュンモ、遠野あすか
韓国公演:安蘭けい/ゲスト チェ・ウヒョク、パク・ウンソク、チェ・スジョン
■公式ホームページ https://www.horipro.co.jp/arankei/

(2019,05,16)

photo:Hirofumi Miyata/hair&make-up:Yuko Takei/interview&text:Akiko Yamashita

#NorieM #NorieMmagazine #安蘭けい さん #チャリティーコンサート