西島秀俊さん、佐々木蔵之介さん、髙嶋政宏さん、藤竜也さん、佐藤浩市さんら日本映画界を牽引する超重厚キャストの共演によって映画化された、破格のエンタテインメント映画『空母いぶき』が5月24日(金)から全国ロードショー。豪華キャスト陣の中で編集部注目のアルバトロス隊パイロット柿沼正人役の平埜生成さんにインタビュー!!作品への想いをたっぷり語っていただきました。

 

ー映画『空母いぶき』に出演が決まったときはどんな気持ちでしたか?
実はこの映画は、今までの僕の経験上、異例の経緯で出演が決まった作品でした。最初に台本をいただいて、マネージャーさんには、“絶対にやりたい”と話していましたが、スケジュール的に出演が難しかったんです。そういった状況の中、スケジュールを調整していただいて、出演することができたので本当に感謝しかなかったです。この作品に命を捧げようと思っていました。

ーどうしても平埜さん自身が出演したいと思った作品の魅力は何でしょうか?
日本の最前線にいて、自分の国を守るために戦っている人たちのドラマが好きで、いろいろと調べていく中で、自分のアイデンティティーを考えたときに、避けては通れない道で、今後も絶対に向き合っていかなくてはいけないとずっと思っていました。豪華なキャストの皆さんと一緒にできる作品でしたし、今までに経験したことがない役でしたので、やるという選択肢しかなかったです。

 

ー平埜さんの役どころを教えてください。
空母いぶきでの第92飛行群アルバトロス隊のパイロットです。階級は一尉です。実年齢よりも少し上で、優秀なパイロットです。

 上記写真:オフィシャル提供

 

ー優秀なパイロットを演じる上で、役作りで意識した部分はありますか?
自衛隊の方と直接コンタクトを取ることが出来なかったので、トレーニングをして身体を作ったり、資料を見ることでしか近づけないと思い、資料はたくさん目を通しましたし、どんな道のりでウィングマークを手にするのかという過程も調べました。生まれたばかりの子供がいる家族という話も資料にあったので、そこからも役を考えていきました。

上記写真:オフィシャル提供

 

ー実際に完成した作品をご覧になっていかがでしたか?
2回観ました。1回目は、豪華なキャストに圧倒され、その中での自分の姿が邪魔をして、客観的に作品が見えていませんでした。でも2回目のときは、平和についてはもちろんなんですが、人に寄り添っている作品なのではないかと思いました。コンビニ店長を演じる中井貴一さんがクリスマスのプレゼントにひと言ずつメッセージを書くというシーンがあります。その言葉のひとつひとつが印象的で、それは家族や、上司と部下など、様々な関係性がありますが、やはり人と人との寄り添いなんだなって思いました。この作品は最前線で戦う人とそれを指揮する国家、そして市民とジャーナリストという4つの部分に分かれた中で、それぞれの「人」を描いていたということに気がつきました。この作品の人間ドラマ的な部分の描き方がとてもスマートで、ずるいなって思うんです(笑)。

 

ー撮影も苦労された部分があると思うのですが、撮影中のエピソードがあれば教えてください。
戦闘機ってすごく重力がかかるので、Gに負けない呼吸法を学んだり、身体を作るということがありました。そんな中、僕が乗っている戦闘機が急降下するシーンがあって、急降下すると血が上にあがってくるので、逆Gに耐えるお芝居をするということになり、実際に足が上がった状態になるようスタッフさんが装置を作ってくださって、そこで撮影をすることもありましたし、極寒の海の中での撮影は、今までに経験したことがなかったので、“これが映画か!!”と思いながら楽しく撮影に臨みました。

ーこの作品へ出演したことが平埜さんにとってどんな経験になりましたか?
あまりドラマや映画の経験がなかったので、若松監督と出会えたということがまず僕の中で大きな経験となりました。監督と話をして、指示をいただいて、僕の一番最後のシーンでは、共演者の方に迷惑をかけてしまったと思うのですがずっと粘って撮影してくださって、そのあとの打ち上げでも生成くんの武器はこうだからって教えてくださって、今後の演じていく上での大きな課題をいただきましたし、次にまたご一緒するときにはそれを克服して、楽しい未来が描けたらいいなと思えた作品でした。

 

ー映画が公開されたら、9月には舞台も控えています。井上ひさしメモリアル10 こまつ座第129回公演『日の浦姫物語』で楽しみにしていることはありますか?
こまつ座さんがすごく好きで、井上ひさしさんのエッセイや本も読んでいました。単純にファンで、人生を教わったと思います。井上ひさしさんは、僕の中で私淑する方のひとりだと思っています。舞台というのは、僕にとって尊敬できる人と出会わせてくれる場なので今回もとても楽しみです。役的には、主人公の相手役なので重要な役どころですが、初めてご一緒する演出の鵜山仁さんや、一人芝居も拝見していた毬谷友子さんとの共演など、新しい出会いが多く、尊敬し学んでいく人や場所が控えているというのはワクワク感があります。

ー日の浦姫を演じる朝海ひかるさんとは『私はだれでしょう』で共演されましたが、どんな印象ですか?
朝海ひかるさんは、すごくチャーミングで大人の女性でありながら穢れない雰囲気があって、心から好きになれる相手なので日の浦姫を演じてくださるのが朝海さんで光栄です。

 

ーこの映画の公開日5月24日(金)にOAのドラマ『家政夫のミタゾノ』にも出演されると聞きました。
僕自身この作品のファンで、TOKIOの松岡さんが女装をして演じているミタゾノが家政婦として派遣され、数々の事件を解決していくすごく面白いドラマです。シーズン3作目でまさかこのドラマに出演できるとは思っていなくて、単純にミタゾノさんのファンだったので、TOKIOの松岡さん演じるミタゾノさんに会いたくて会いてくてしょうがなかったです!!

 

ー実際にお会いした時はどうでしたか?
もう興奮してしまって、全員初共演の方でしたので、誰かに話をするということもできず、これは直接想いをぶつけるしかないって思っていて、帰る寸前に松岡さんに思いの丈を全部ぶつけて逃げるようにして帰ってきました(笑)。目の前でお芝居をされているので、見入ってしまい、リハーサルでは感動しながら演じてしまいました。今回のようなお芝居を経験させて頂いたことは、ミタゾノさんと会えたことも合わさって、とても楽しく本当に役者をやっていて良かったなと思った作品です。生き生きと演じていますので、ぜひご覧ください(笑)。

 

ー映画に舞台、映像と活動の幅を広げている平埜さんのこれからの夢を教えてください。
舞台は絶対に作りたいと思っています。本も書いて演出もしたいと思っています。あとは、僕単位でも会社単位、国単位でも無益な喧嘩をしないということですね。僕という最小の単位から始まって、人を恨むという感情をなるべく削ぎ落として、笑顔でいれたらなと思います。

 

ー最後にいよいよ公開の映画『空母いぶき』の見どころをお願いします。
錚々たるキャストが集まる作品の力。普通は中々集まらないキャストだと思います。その作品の求心力はものすごく強いと思います。劇中でも発せられますが、戦後に日本は戦争をしていないということに僕自身まだまだ考えが及んでいませんでした。でも実際に最近では「いずも」の空母化のニュースがあったり、映画の中での話が身近にも起こってきているので、この映画を見ることで現実的な今、未来と世界が広がっていくのではと思います。ぜひご覧ください。


平埜生成さんのファッションのこだわりはここ!!


今日の衣裳のポイントは、イタリアです。ビンテージっぽいベルトとシューズに自由さのあるスーツスタイルですごく気に入っていて、着心地が良くてそのまま購入したいくらいです(笑)。普段のスタイルは今の僕にあったものを選んでいて、ジャージを着ることも多いんですが、スポーティーな「Y-3(ワイスリー)」とかかっこいいなと思っています。好きなスタイルは英国紳士のようなトラッドなスタイルで、それに近づきたいなと思ってます。

【profile】
1993年2月17日生まれ。東京都出身。
舞台、TV、映画と幅広いジャンルで活動を続け、2014年に蜷川幸雄さん演出のNinagawa×Shakespeare LegendI「ロミオとジュリエット」ではティボルト役で出演。「ア・フュー・グッドメン」、「オーファンズ」、「DISGRACED」、こまつ座「私はだれでしょう」、「誰もいない国」と舞台への出演を続け、TVでは、2018年11月「今日から俺は!!(#5)」、2019年には「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」、「女川 いのちの坂道」、「隠蔽捜査~去就~」へ出演。
5月24日には、出演映画『空母いぶき』の公開が控えている。


【作品概要】

■タイトル 映画『空母いぶき』

■出演
西島秀俊 佐々木蔵之介
本田翼 小倉久寛 髙嶋政宏 玉木宏 戸次重幸 市原隼人 堂珍嘉邦 片桐仁 和田正人 石田法嗣 平埜生成 土村芳 深川麻衣 山内圭哉
中井貴一 村上淳 吉田栄作 佐々木勝彦 中村育二 益岡徹 斉藤由貴 藤竜也 佐藤浩市

■原作 かわぐちかいじ「空母いぶき」(小学館「ビッグコミック」連載中・協力:惠谷治)

■企画 福井晴敏

■脚本 伊藤和典 長谷川康夫

■音楽 岩代太郎

■監督 若松節朗

■製作 『空母いぶき』フィルムパートナーズ

■配給 キノフィルムズ
■公式ホームページ https://kuboibuki.jp/


©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

5月24日(金)全国ロードショー!!

 

【公演情報】
■タイトル 『日の浦姫物語』
■日程・会場 2019年9月6日(金)〜9月23日(月・祝) 紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
■出演 朝海ひかる/平埜生成/毬谷友子/辻萬長 ほか
■公式ホームページ http://www.komatsuza.co.jp/program/index.html#more330

(2019,05,21)

photo:Hirofumi Miyata/styling:渡辺 慎也 (Koa Hole inc)/hair&make-up:安海督曜(EFFECTOR)

interview&text:Akiko Yamashita

 


☆PRESENT☆

今回インタビューで初登場いただいた平埜生成さんのサイン入り写真を1名さまにプレゼントいたします。

ご応募は下記をご確認ください。

1.NorieMのtwitterアカウント(@noriem_press)をフォロー。

2.プレゼント該当twitterをリツイート。

3.該当ツイートにコメントで応募完了です。

※締切は5/25(Sat) 10:00、当選の方へはtwitter DMでご連絡いたします。プレゼントの発送は日本国内のみとなります。

プレゼントツイートは5/22(Wed) ツイートいたします。たくさんのご応募お待ちしております!!


4月に開催された完成披露試写会のレポートはこちら↓

西島秀俊さん、佐々木蔵之介さん、本田翼さん、佐藤浩市さんら超豪華キャストが登壇!!映画『空母いぶき』完成披露試写会開催