V6坂本昌行さんのソロコンサート『ONE MAN STANDING 2019 The Greatest Symphony』が5月22日(水)、東京・Bunkamura オーチャードホールにて初日を迎えました。

今回のコンサートは2016年の坂本さん自身初となるソロコンサート『ONE MAN STANDING』の第2弾!!日本の女性アーティストのヒット曲を中心とした様々な楽曲を、オーケストラをバックに、バラエティに富んだ音楽で構成されている魅惑のステージです。このゲネプロの模様をレポートします。

今回は「女心」をテーマに女性アーティストの曲を中心に「愛」を歌いあげる企画。

中山美穂さんの「You’re My Only Shinin’ Star」、竹内まりやさんの「駅」など様々な場面で魅せる女性の恋愛模様を描いた歌を、坂本さんはオーケストラの音色に乗せて一曲一曲魂を注ぎ込むように歌っていました。

 

坂本さんといえばやはりミュージカルスター!!中盤ではこれまでに出演したミュージカル『TOP HAT』『THE BOY FROM OZ』『The Greatest Show Man』のナンバーもダンサーたちを引き連れて歌って踊ってと贅沢三昧。

終盤ではAIさんの「STORY」を熱唱して拍手喝采となりました。

 

ゲネプロ後、行われた会見で、3年ぶりのソロコンサートについて坂本さんは「前回と同じ場所に立てて、こんなに幸せな事はないですね」と嬉しそう。今回のセットリストについて、「昭和、平成、令和と時代が変わっていけば歌詞の内容も変わっていくんだなと感じました。僕が耳にしていた曲が昭和の曲だったのでそれが多くなりました。新しい曲も考えてみたんだけど、なかなかピンとこなかった」と笑いを誘います。なおいちばん気持ちが乗る曲はと聴かれた坂本さんはしばらく考えたのち「高橋真梨子さんの『for you…』。“あなたが欲しい、あなたが欲しい”そして最後に“私を奪って”。こんなストレートな歌詞はなかなか男性曲では歌えないから」と胸の内を語っていました。

客層も坂本さんに近い世代が多い事も踏まえつつ「曲を聴いて当時の思い出とかを振り返ってもらうのも今回のコンサートの楽しみ方のひとつなんじゃないかな。僕が歌う曲を聴くだけではなく、皆が口ずさむような気持ちになるのもいいですね、なんなら終ってからご飯を食べた後、カラオケにでも行っていただければ」と終演後のナビゲートも!!

ミュージカルナンバーの話になると「『The Greatest Show Man』の楽曲はどうしてもやらせてほしい、と演出家に相談した曲です」と口にした坂本さん。「いつか日本に本作がミュージカルで上陸した際、是非主演でやらせていただきたい。関係者の皆さん、どうぞお願いいたします。衣裳はあります。身体もあります!!」とアピールしていました。

「今年の11月にV6も25周年の年に入ります。20周年の時は皆さんから“おめでとう!!”という言葉をたくさんいただいたので、25周年はこちらから“ありがとう!!”と伝えたいです」と長年応援してきたファンに感謝の想いを伝える坂本さんは、「25周年記念コンサート、やりたいです。僕らまだまだ踊りたいですから」と強く語っていました。

『MASAYUKI SAKAMOTO ONE MAN STANDING 2019 The Greatest Symphony』は5月26日まで、東京・Bunkamuraオーチャードホールにて上演中です。

 

【公演概要】

■タイトル MASAYUKI SAKAMOTO 『ONE MAN STANDING 2019 The Greatest Symphony』

■日程・概要 2019年5月22日(水)〜5月26日(日) Bunkamura オーチャードホール

■構成・演出 菅野こうめい
■音楽監修・編曲 服部克久
■ミュージックディレクター・指揮・編曲 ボブ佐久間
■編曲 羽毛田丈史

■出演 坂本昌行

(2019,05,24)

photo&text:Saki Komura

#NorieM #NorieMmagazine #坂本昌行 さん #ONEMANSTANDING