アイドルグループA.B.C-Zの五関晃一さんが単独初主演を務める舞台『奇子』が、7月19日(金)、東京・紀伊國屋ホールで開幕しました。すでに今月14日から茨城・水戸ACM劇場でプレビュー公演を行った本作は、手塚治虫生誕90周年記念事業として、手塚の漫画「奇子」を原作に上演台本・演出を中屋敷法仁さんが務めた作品です。
東京公演開幕直前に行われたゲネプロと囲み会見の模様をお伝えします。

写真左から中屋敷法仁さん、五関晃一さん、梶原善さん

 

敗戦直後の青森県で500年の歴史を誇る大地主・天外一族。村では絶大な富と権力を持っていたが、終戦後の農地改正法によってその勢いは静かに衰えつつあった。大人たちの様々な欲望の果てに産まれた奇子は、一族のメンツを守るため、土蔵の地下に閉じ込められ表向きは死んだ事にされる。土蔵の中で育った奇子は、すくすくと育ち、無邪気に大人たちを翻弄していく……。

ステージ上には薄暗い洞穴と思しきセットが組まれ、ステージ前方に向けて八百屋舞台となっていた。その場所で奇子を中心に、天外家の長男・市郎(梶原善さん)、仁郎(五関さん)、伺郎(三津谷亮さん)、志子(なおこ・松本妃代さん)と天外一族の親戚である医者の山崎(中村まことさん)、そして仁郎を追っている刑事の下田波奈夫(味方良介さん)がうずくまったりうなり声をあげたりしています。
衣裳のどこかに赤色が織り込まれているキャストたちは、天外すえ(深谷由梨香さん)や、お涼(相原雪月花さん)と共に自分たちと奇子の関係、さらにはこの旧家で起きた事件を語り出します。

仁郎役の五関さんは眼帯を付け、一見怪しい風貌。保身のためにお涼にサディスティックに当たる一方で、不憫な育ち方をしてきた奇子に対しては、まるで実の親の様に愛情を注いでいます。その奇子役の駒井さんは、手塚治虫が描く女性像を3次元にしたような美しいスタイル。長い手脚を艶めかしく動かしながら、それでいて純真無垢な子どものように周りの大人たちの心を惑わすように接していました。

 

ゲネプロ後に行われた囲み取材には、五関さんと梶原さんが中屋敷さんと共に出席しました。
五関さんは、本作で単独初主演を、と聴いた時の事を振り返り「初めはすごく嬉しかったんですが、話をいろいろ聞いていくとどんどんいろんなものが乗っかってきて……手塚治虫生誕90周年とか……原作はこんなストーリーだったのか、といろいろなプレッシャーを感じました」と当時を振り返ります。「作品の時代背景や登場人物が持っている欲に触れたとき、“ファンタジーだ”と感じたくらい、かけ離れていると思っていて、感情をリアルに突き詰めていくのに苦労し、中屋敷さんにいろいろ相談しました」と語る五関さん。
役作りの一つ、眼帯の装着については「最初は方向感覚や遠近感がつかめず酔ってしまいました」と述べ、眼帯の素材も「向こうが透けて見えるものも用意していただいたんですが、(両目が見える事で)ステージ上で嘘が出るんじゃないか、と現在の見えない眼帯を用意してもらったんです」。そう言いながら相手を見る時の顔の角度の演技を再現していた五関さんでした。

梶原さんは作品について「重いですね」と語り、「僕はゆとりがなかったんです。でも五関くんは余裕綽々で」と座長を持ちあげると、隣で五関がたまらず笑い声をあげていました。

本作の舞台化について「『奇子』は物心ついた頃から読んでました。読みながら育ったようなものです」と『奇子』へ並々ならぬ思いを主張する中屋敷さん。「好きな俳優さんが僕の好きな演出で『奇子』の舞台をやってくれるなんて、夢かと」と喜びいっぱいです。「(水戸での)プレビューが終わってから、五関くんを早く東京公演で観たくて!!また観る事ができる今日が本当に待ち遠しかった」とまもなく始まる東京初日に期待を寄せているようでした。

最後に先日亡くなった事務所社長のジャニー喜多川さんの話を振られると、五関さんは「僕が一人で舞台に立っているのを見るのは初めてなので、喜んでもらえたら、と思います。ただ、ダメ出しをされないように気をつけなきゃなと。“言いたいのに言えないじゃないか”とイライラされちゃうので、そこは頑張ります」と笑顔。ジャニーさんからはこれまでの舞台やコンサートの現場で「“You、ちっちゃいよ!!”ってよく言われるんです。ダメ出しを受ける時の8割、9割は“ちっちゃい”って(笑)」と言われてきた事を踏まえて「今回は奇子役の蓮ちゃんもすごくスタイルがいいので(靴に)インソールを入れさせていただきました。何センチのかは内緒です」と告白。すると話を聞いていた梶原さんが「多分そういう意味での“ちっちゃい”ではなく“気持ち”の面の話ではないかなあ?“大きく羽ばたきなさい”って言う意味だと思うんだけどなあ」と五関さんをフォローしていたのが印象的でした。

「主役が次々に変わるので、それぞれのキャラクターの欲や、目を疑うような行為がどんどん怒涛の勢いで押し寄せてきます。劇場にいらっしゃるときは一緒に穴倉に入ったつもりで、ドキドキ、ザワザワ、ゾクゾクしてください」と五関さんがファンにメッセージを送る、手塚治虫生誕90周年記念事業 パルコ・プロデュース2019 舞台『奇子(あやこ)』は、7月19日(金)から28日(日)まで、東京・紀伊國屋ホールにて、8月3日(土)から4日(日)まで、大阪・サンケイホールブリーゼにて上演されます。

 

【公演概要】
■タイトル 手塚治虫生誕90周年記念事業 PARCOプロデュース2019 舞台『奇子(あやこ)』

■日程・会場

東京公演:2019年7月19日(金)〜7月28日(日) 紀伊國屋ホール

大阪公演:2019年8月3日(土)・8月4日(日) サンケイホールブリーゼ
■原作 手塚治虫
■上演台本・演出 中屋敷法仁
■出演 五関晃一(A.B.C-Z)
三津谷亮 味方良介 駒井 蓮 深谷由梨香 松本妃代 相原雪月花
中村まこと 梶原善
■公式ホームページ http://www.parco-play.com/web/play/ayako/

(21019,07,20)

photo&text:Saki Komura

#NorieM #NorieMmagazine #ノリエム #奇子 #五関晃一 さん #梶原善 さん #中屋敷法仁 さん