「HIRUME」はファッションジャーナリストの生駒芳子さんが総合プロデュースするブランドで、日本が誇る伝統技術や素材をベースとして、時代にあったクリエイティブなアイテムを誕生させています。

日本の伝統工芸の職人の方たちとトレンドに捉われないエターナルなファッションアイテムとして、羽織ものやドレスはフォルムはそのままに、素材や色を変えながら展開。スカーフやバッグ、ジュエリーも揃えています。

 

2020年春夏の展示会は、江戸小紋ストールと江戸やっこサンダルとネーミングされたサンダルが目をひきました。

ストールはシルク100%の涼しげなカラーの中に江戸小紋の伝統的な技法でスカルとカモフラージュ柄があしらわれ、ラグジュアリーでいて合わせやすいカラーで首元を華やかに飾ってくれます。また江戸やっこサンダル とネーミングされた下駄風サンダルはヒールの緩やかなカーブや塗りの輝きが美しく、洋服に合わせて足元からエッジの効いたスタイルングになりそうです。

ヒール部分がレインボーカラーで彩られたものや、白と黒でモダンなカラーも揃っていました。

国産のパールを使用したロングネックレスは木曽漆の蒔絵入り、バンブーのバングルは竹ひごを作ることに時間を費やしたというとても美しいフォルム。漆バングルやイヤリング、リングは流動感のある表情に。膨れジャカードのジャケットは桐生織りの日本らしいほのかな輝きを放っていました。

あえて形はシンプルなものに、日本の伝統工芸によって作られた煌びやかさがモダンに見せてくれる作品ばかりでした。

(2019,07,30)
photo&text:Etsuko Baba

#NorieM #NorieMmagazine #fashion #HIRUME #ヒルメ #伝統工芸 #サンダル #ストール #江戸小紋 #20ss