今年芸能活動25周年を迎える彩吹真央さんが8月1日(木)から六本木トリコロールシアターで上演されるTipTap新作オリジナル作品『フリーダ・カーロ』で、激動の時代を鮮やかに生きたメキシコを代表する女流画家フリーダ・カーロを演じます。初日を約10日後に控えた7月23日(火)に稽古場にてお話をうかがいました。

 

ー8月1日(木)に初日を迎えます。現在のお稽古はどんな段階ですか?
「この作品は、上田一豪さんのオリジナル作品です。セリフはもちろんのこと、皆んなの動きまで、計算し尽くされていて、一豪さんの頭の中には完成形ができています。お稽古では、まず大まかな動きをつけて、今日から細かくしていく感じです。期間的には初日まで10日あるかないかですが、3分の2くらいまでできていると思います。あとは細かいことを固めていくだけです」

ー彩吹真央さんご自身は、『フリーダ・カーロ』についてどんな印象を持っていますか?
「フリーダ・カーロは、メキシコを代表する女流画家。私自身もこの作品に出会うまですごく詳しく知っていたかというとそうではありませんでした。アメリカやメキシコではとても有名で、お札に印刷されるくらいの有名人。彼女の人生の苦悩や波乱に満ちた部分を初めて深く掘りさげたと思います。彼女が幼い時から亡くなるまでに数多くの苦痛を重ねています。47歳で亡くなるというのはとても早く、生き急いでしまったのかなって最初は思っていましたが、今は47年間を懸命に生き抜いた人だと思います。障害を受け入れて、自分しかできない世界を自分自身で切り開いたカッコいい女性だという印象を持っています。それは、メキシコという風土だったからなのか、そうでなかったとしても、彼女は情熱的だったと思います。そこにメキシコという風土や文化がプラスされてあまりにも情熱的な女性として生き、そして語り継がれていると思います」

 

ーカンパニーはどんな雰囲気ですか?
「顔合わせの時からそうなんですが、この痛み苦しみを演じていくカンパニーとは思えないくらいに明るくて楽しくて、清さん(今井清隆さん)、禅さん(石川禅さん)という先輩がとても心優しくいてくださるおかげで、若いキャストもお稽古でいつもあたたかく笑っていられると思います。私も、おふたりの素晴らしい先輩が、培ってこられた芸に対する考え方や存在感に胸をお借りして、主演をさせていただいています。プレッシャーはなくて、なんて幸せな環境なんだろうと毎日感謝しています」

 

ーこの作品をご覧になる方にどんな気持ちを持って帰ってもらいたいと考えていますか?
「とても非現実的に見える部分と現実的に見える部分があると思います。痛み、苦しみ、不条理なこと、人生の中で死に向き合うということは誰にでもあることです。目を背けたくなるシーンもあると思いますが、それこそが生きるということです。いろいろなことにぶつかって向き合って生きていく。困難や喜びをリアルにこの舞台で表現し、舞台の上でフリーダ・カーロとして嘘のない表現で生き抜くことができたらと思っています。見届けていただき、彼女の人生に寄り添っていただければと思います」

 

ー初日までにこの作品をどうブラッシュアップしていこうと思っていますか?
「一豪さんが導いていってくださる信頼。私の想いを受け取めて、その上でこういう方法があるよって一豪さんの中にあるフリーダ・カーロ像にストレートに導いてくださることがありがたいと思っています。それは私だけでなく、皆さんに対してそうやって導いていってくださるので、一豪さんの世界の私たちが具現化してお客さまの前で生きていきたいと思います」

 

ー最後に皆さんにメッセージをお願いします。
「稽古前にメキシコに行ってきました。彼女が生まれて、育って、亡くなっていった家が今でもあるんです。博物館になっていて、本当に行ってよかったと思っています。私ができる限りの彼女を吸収してきたつもりです。それをこの舞台の上でお届けすることで、フリーダ・カーロの人生を目の当たりにしていただきたいですし、ミュージカルとしてはもちろん、お芝居としても堪能していただきたいです。そして画家として生き抜いた彼女の作品への想いと美術品を見るという美術鑑賞としても楽しんでいただけると思います。この作品自体を彼女が描いた絵画のように受け取っていただけたらと思います」

たくさんの男と浮名を流し、自らをキャンパスに描き込んだフリーダ・カーロ。
バスの事故で脊髄を損傷し、その大半を激痛と共に過ごした華々しくも痛々しい彼女の人生。
必死で47年の人生を生き抜いた一人の女性の人生の物語を描く『フリーダ・カーロ』は8月1日(木)六本木トリコロールシアターにて上演スタートです。

 

【公演概要】
■タイトル ミュージカル『フリーダ・カーロ ー折れた支柱ー』
■日程・会場 2019年8月1日(木)〜8月7日(水) 六本木トリコロールシアター
■作・演出 上田一豪
■作曲 小澤時史
■出演
彩吹真央 今井清隆 石川 禅
遠山裕介 田村良太 麻尋えりか 上野聖太
田宮華苗 八尋由貴 コリ伽路
■公式ホームページ http://www.tiptap.jp/TipTap_HP/FridaKahlo.html

(2019,08,01)

photo&text:Akiko Yamashita

#NorieM #NorieMmagazine #ノリエム #フリーダカーロ #彩吹真央 さん