八月新派公演 山村美紗サスペンス『京都 都大路謎の花くらべ』が、8月3日に東京・新橋演舞場で開幕しました。初日直前の時間を使って囲み会見が開かれ、出演する波乃久里子さん、中村梅雀さん、喜多村緑郎さん、河合雪之丞さん、長谷川純さん、山村紅葉さんが出席しました。

左から長谷川純さん、山村紅葉さん、中村梅雀さん、波乃久里子さん、喜多村緑郎さん、河合雪之丞さん

 

本作は山村紅葉さんの母、山村美紗さんの小説「京都西大路通り殺人事件」を原作とした推理劇。齋藤雅文さんが舞台用に脚色・演出を手がけました。

いよいよ初日、と水を向けられた波乃さんは「ホントだ!!ダメだ」とわざと泣き言を口にして笑いを誘います。「(出来は)完全ではないですが、皆さんと一緒にやる嬉しさがありますね」と語ると、梅雀さんも「お客さまが(客席に)入ると私たちにももらうものがありますからね」と観客が持つ力に触れました。山村美紗さんの作品に初めて挑むことについて波乃さんは「TVではよく拝見しますが、やってみると難しいですね。トリックなどの表現が。でも齋藤先生が書いてくださったので面白いと思います」と胸を張りました。

 

一方TVドラマで山村美紗サスペンスに出演経験がある雪之丞さんは「舞台はテレビと違ってカット割りができませんし、常にどこからも観られている状況下で最後の最後まで犯人を分からなくするというサスペンスならではの難しさがありますね」と胸の内を語ると、隣から「(雪之丞さんは)TVの時は男ですからね。舞台では女ですので全然違います!!」と喜多村さんが茶々を入れ場を沸かしていました。

 

新派の作品に初参加となる長谷川さんは「とにかく毎日新鮮です。まず新派の歴史にびっくりしました。100年以上続いている訳ですから。その新派で、山村美紗作品に出演できるということが凄く嬉しくて!!」と顔をほころばせます。そして「今回は歌と踊りがあります。ジャニーズの踊りなんですが、エンターテイメントの要素を入れた、新しい舞台作品ならではの山村美紗サスペンスになっています。一番熱心に練習していたのが波乃さんでした(笑)」とほんの少し舞台裏をチラ見せ。

 

喜多村さんは「最後まですごく大変なんです。出とちったりして、まだ舞台機構に慣れていないというところがサスペンス!!」とニヤリ。

 

すると梅雀さんも「舞台裏が本当に大変。どこでどう盆(舞台)に乗ったらいいか把握できないんです」と愚痴をこぼし、波乃さんは「一昨日なんて盆からごろんって転がったりしてね」とあわや一大事な出来事を明かしていました。

山村紅葉さんは皆の話を聴きつつ「母の作品は難解なところが多く、舞台化がとても大変で。今回が東京の大劇場での初上演となります。母もきっと喜んでいると思います。親孝行になると思いますので、大勢の方に足をお運びいただきたいです」と笑顔を見せていました。

 

親孝行といえばもう一人、長谷川さんのお母さまも観劇に訪れることも明かし、「もう(劇場近くで)コーヒーでも飲んでいるかもしれない」と笑わせます。また長谷川さんは「高校の先輩である中村七之助くんにもぜひ見てもらいたい」と言うと、波乃さんが「あの子も(歌舞伎座で)舞台なのよ」と観劇が難しい事を示します。

すると長谷川さんは「じゃあ、親友の松本潤くんに連絡してみようかな」と新たなターゲットを見出していました。

最後に本作の見どころは?と聴かれた波乃さんは「見どころは言いません。ミステリーですから」とうまくかわして会見がお開きとなりました。

会見の後早速始まった初日の模様もほんの少しレポートします。

<あらすじ>
京都・祇園のクラブ「牡丹」のホステス、桃子が死んだという連絡が入る。部屋には鍵がかかったまま。桃子はホステスでありながら、女流人形師の歌乃(雪之丞さん)や日本画家の沢木(喜多村さん)という二人の天才芸術家が取りあうほど、魅力にあふれた女性だった。
桃子をしのぶ会に「牡丹」のママ・美保子(波乃さん)を初め祇園の芸妓・小春(山村さん)やベンチャー会社社長の山田(長谷川さん)ら常連客が集まる。だが警察が桃子の死を服毒自殺だと判断した事に疑いを持つ。果たして本当に自殺なのかと。美保子や小春が独自の調査を始め、また京都府警の狩矢警部(梅雀さん)も自身の経験を信じて調査を続ける。

やがて第二の、そして第三の殺人が起きて―。

ステージいっぱいに広がる大きな舞台セットは、クラブ「牡丹」のゴージャスな店内と、美保子が疲れをいやす「離れ」に大きく変化し、その贅沢さは目を奪われるほど。そんなセットのなかで一人、また一人と死んでいく謎めいた事件に、いつしか心を奪われてしまうようでした。観客は水を打ったように静かで、あたかも「犯人はあの人では?」と推理しているかのように、皆が成り行きを見守っていました。

一方で、会見で長谷川さんが触れていた「ジャニーズの踊り」ですが、一部のファンの間では“ジャニーズの社歌もしくは国歌”と呼ばれている“あの曲”に乗せて、波乃さんはじめキャストが揃って踊り出すという壮観な光景となっていました。

八月新派公演 山村美紗サスペンス『京都 都大路謎の花くらべ』は、8月17日まで、東京・新橋演舞場で上演されます。

 

【公演概要】
■タイトル 新橋演舞場 八月新派公演 山村美紗サスペンス『京都 都大路謎の花くらべ』
■日程・会場 2019年8月3日(土)〜8月17日(土)
■出演 波乃久里子 河合雪之丞 喜多村緑郎 長谷川純 山村紅葉 中村梅雀 ほか
■公式ホームページ https://www.shochiku.co.jp/shinpa/pfmc/1908/index.html

(2019,08,05)

photo&text:Saki Komura

#NorieM #NorieMmagazine #ノリエム #山村美紗サスペンス #新派公演 #京都都大路謎の花くらべ