崎山つばささんが主演する舞台『幽☆遊☆白書』が8月28日、東京・シアター1010にて初日を迎えました。
本作は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1990年から1994年に渡り連載された冨樫義博さんの人気作品。コミック累計発行部数は5000万部を越え、1992年から全112話を放送したアニメも高視聴率を記録し、国内のみならず、世界各国でも人気を博しています。

初日に先駆けて同劇場にて囲み会見並びに公開ゲネプロが行われ、会見には浦飯幽助役の崎山つばささん、桑原和真役の郷本直也さん、蔵馬役の鈴木拡樹さん、飛影役の橋本祥平さん、コエンマ役の荒木宏文さんが原作漫画から抜け出したような見事なビジュアルで登場し、今の心境を語りました。

写真左から橋本祥平さん、郷本直也さん、崎山つばささん、鈴木拡樹さん、荒木宏文さん

 

崎山さんは、「いよいよ本日夜初日を迎える事になります。稽古は1か月ないくらいだったんで、あっという間に過ぎていったんですが、(本作を)“演劇”として観て欲しいなと思っています。今2.5次元と言う言葉が段々広まっていますが、そういう部分も併せて楽しんでいただければ」と挨拶、続けて「原作を知っている方は懐かしいなと、初めて観る方にはこんな舞台観た事がない、と思っていただけると思います」と自信のほどを見せました。

 

郷本さんは、「今、つばさも言ってましたが、原作が大好きな方にとっても“あ、このシーンはこうなっているんだ”と思っていただけると思うし、初めて観る方にとっても観やすい内容になっていると思います」と言葉を続け、「チームワークも良くて、この良さも本番に影響してくるんじゃないかな」と胸を張っていました。

 

鈴木さんは、「僕は原作のファンであり、アニメ版の視聴者でもありました。稽古初日に思ったんですが、最初に幽助が喋り出した瞬間、“「幽☆遊☆白書」が帰ってきた!!”と肌で感じました。観てくださる方々にも同じ気持ちになっていただけるんじゃないかな、と今からワクワクしています」と笑顔を見せます。

 

橋本さんは、稽古初日の顔合わせの頃を振り返り「いろいろな現場でいろいろな経験を積まれている方々ばかり。これほどのプレッシャーと緊張を感じた事はなかったです。演出の御笠ノ忠次さんもそうですが、全員がプレッシャーと闘い、プレッシャーを共有している事が驚きでした」と語りつつ「(原作の)連載が始まった時はまだ僕は生まれていませんでしたが、もちろん漫画は知っていますし、幅広い世代の方々に愛されている作品なので生半可な気持ちでここには立ってないです」と自分自身に気合いを入れるように話していました。

 

最後に荒木さんは、コエンマ役には必須の“おしゃぶり”を咥えたまま、マイクを手にすると「そのまま喋れるの?」とメンバーが小声で突っ込みますが、「本日はお集りいただきありがとうございました」と口の横に当てて器用に話し出しました。「稽古初日からクオリティの高い芝居を観てすごく刺激をもらいながら、稽古最終日まで常にチャレンジして掘りさげて作りあげました。友人や関係者からの期待が集まる中、見せつけてやろうというものが出来たと思います。自信を持って初日を迎えられます」と挨拶する荒木さん。

 

質疑応答では、記者からの質問が入る前に「はいはい」と郷本さんが手を挙げ、質問を始めました。「荒木さんに質問です。この後ゲネプロがありますが、舞台上ではずっとそのおしゃぶりを加えたままなのでしょうか?」この質問に荒木さんはコエンマの口調で「そだね!!このまま話していこうと思う」と返すと、音声さんのように荒木さんにマイクを向けていた崎山さんが「このまま話していこうと思う……だそうです」と通訳のように郷本さんに返し、鈴木さんと橋本さんが笑い出します。さらに荒木さんはコエンマ口調のまま「舞台上に字幕が出るかもな!!聞き取れなかったら字幕が出るかもな!!」と続けるとたまらず全員が笑い出していました。

 

ゲネプロでは、交通事故で死んでしまった幽助が、ひょんなことから霊界の案内人ぼたん(平田裕香さん)や閻魔大王の息子・コエンマに巡り合い、いろいろな出来事を経て生き返り、「霊界探偵」として活躍する物語が描かれていました。
冒頭からラストまで激しいアクションシーンが目白押しの本作、ステージ狭しと幽助たちが走り回り飛び回り殴る蹴るの連続にいつしか手に汗を握ったまま見つめていました。
本作の見どころはアクションだけでなく、幽助が同級生で霊感がある桑原と激しいケンカをし、また時には結託して共通の敵に戦いを挑む様や、またガールフレンドの蛍子(未来さん)にスカートめくりをしては追いかけられるやり取りの裏で、お互い心のどこかで好意を抱いている不器用な恋心などが原作の筋を壊す事なく描かれており、むしろ舞台化された事でより一層リアルに感じさせるものとなっていたのが印象的でした。さらに敵として出会った蔵馬と飛影についても、蔵馬の過去や飛影の背景もしっかりと映し出され、その後幽助と会ったときに生まれる関係性は非常に納得のいくものとなっていました。

物語のストーリーテラーを兼ねるコエンマの存在も見どころでしょう。初めて「幽☆遊☆白書」の世界に触れる観客にも分かりやすく、そして原作やアニメのファンにはより一層期待を持たせるように時々登場してはナビゲートしていた姿が印象的でした。


なお、会見で話題になっていたおしゃぶりはゲネプロでは一切落下させることなく咥えたまましゃべり続けていた荒木さん。さすがの一言でした!!

舞台『幽☆遊☆白書』は、以下の日程で上演されます。

【公演概要】
■タイトル 舞台『幽☆遊☆白書』
■日程・会場
東京公演:2019年8月28日(水)~9月2日(月) シアター1010
大阪公演:2019年9月4日(水)~9月8日(日) 森ノ宮ピロティホール
福岡公演:2019年9月10日(火)~9月13日(金) ももちパレス
愛知公演:2019年9月20日(金)~9月22日(日) 一宮市民会館
また9月22日にはライブビューイングが実施されます。
■出演

浦飯幽助:崎山つばさ 桑原和真:郷本直也 蔵馬:鈴木拡樹 飛影:橋本祥平
雪村螢子:未来 浦飯温子:角島美緒 ぼたん:平田裕香 剛鬼:新田健太 幻海:エリザベス・マリー
コエンマ:荒木宏文 ほか

■公式ホームページ  http://officeendless.com/sp/yuhaku/

(2019,08,29)

photo&text:Saki Komura

#NorieM #NorieMmagazine #ノリエム#幽遊白書 #崎山つばさ さん #郷本直也 さん #鈴木拡樹 さん #橋本祥平 さん #荒木宏文 さん