今年芸歴20周年を迎えた柚希礼音さんが主演を務める日米共作で新作ロックミュージカル『FACTORY GIRLS〜私が描く物語〜』が9月25日、TBS赤坂ACTシアターで幕を開けました!!

本作は、クレイトン・アイロンズ氏とショーン・マホニー氏というブロードウェイの新進気鋭作曲家コンビと日本版の脚本・演出を板垣恭一さんが担当する日米共作ミュージカル。

初日公演開幕前に囲み取材が行われ、主演を務める柚希礼音さん、ソニンさん、実咲凜音さん、清水くるみさん、石田ニコルさん、板垣恭一さん、クレイトン・アイロンズさん、ショーン・マホニーさんが出席しました。

写真前列左から、清水くるみさん、実咲凜音さん、柚希礼音さん、ソニンさん、石田ニコルさん

後列左から、板垣恭一さん、クレイトン・アイロンズさん、ショーン・マホニーさん

初日を迎える心境を柚希さんは、「ついに初日ですね!!世界初演、日米共作という大きな作品に関わらせていただき、いつも以上にキャスト、スタッフ全員で一丸となって作りあげましたので、早くお客さまにご覧いただきたい自信作でございます!!」と自信をのぞかせ、ソニンさんは、「アメリカチームが音楽、演出を板垣さんが担当した日米合作です。オリジナルを作りあげる難しさと楽しさ、充実さを感じた稽古の毎日でした。板垣さんにご理解をいただき、歌詞や言葉を作りあげるということを私が演じるハリエットと同じようにライターとして自分の言葉で書くということで練りこんだところもあるので、役と作品を作りあげるということを同時に経験したとっても大切な日々でした。今日は初日、すごく緊張していますが、言葉の大切さを大事に、お客さまに伝えることができればと思っています。感謝の気持ちを持って舞台に立ちたいと思います」と緊張ながらも充実した表情で語ってくれました。

柚希さん演じるサラと同じ紡績工場で働くファクトリーガールのアビゲイルを演じる実咲凜音さんは、「日本初演、世界初演ということで高揚感でいっぱいです!!お客さまにご覧いただき、どのようなお言葉をいただけるのかすごく楽しみです。今回は新作ですので、(脚本・演出の)板垣さんとお話をしながら役を作りあげる部分も多くあり、キャストの皆さんともいろいろ話し合い、柚希さん、ソニンさんからもたくさんアドバイスをいただき、みんなで作りあげた作品です。皆さんにご覧いただけるのが楽しみです」と笑顔をみせ、同じくファトリーガールズのルーシーを演じる清水くるみさんは、

今回の世界初演について「世界初演というのが皆さんにあまり伝わっていなかったので、本当に書いておいて欲しいです!!」とアピールし、「初日は、どんな作品でも緊張しますが、今回は特に1から作りあげた作品ですので、本当に緊張しています。皆んなで作りあげたものをきちんと届けられるよう頑張ります」と気合十分!!

久しぶりの舞台作となる石田ニコルさんは、「今回が2回目の舞台作となり、舞台に立つことだけでも緊張しますが、恵まれた環境の中でこの作品をできることにすごく喜びを感じています。今日は気合という意味を込めて私服で赤いワンピースを着てきました。頑張ります!!」と初日への思いを語ってくれました。

今回脚本・演出を務めた板垣さんは、日米合作について、「おふたりが作られたミュージカル『ファクトリーガールズ』という種がありました。その楽曲を僕たちが使わせていただくことになりましたが、脚本がまだ完成していなかったので、日本版で作らせてもらって良いか確認したら、OKと言ってくださいました。実際に上演するには曲が足りなかったので、9曲こういう曲を書いて欲しいとリクエストをさせていただき、おふたりが作ってくださいました。そういう意味で本当に日米合作です。僕自身も楽しみにしていますが、まずは劇場に観にきていただき、日本でもこんな作品が作れるんだなって思っていただけると嬉しいです」と真相を語り、長年温めてきた作品が世界初演で上演される気持ちを、クレイトン・アイロンズさんは、「日本で上演できることをとても光栄に思っています。日米ではお互いに文化の違いもあります。労働する女性の環境についても考え方に差があったと思いますが、今回のコラボレーションで非常にうまくいったと思います。今日のワールドプレミアはとても光栄で楽しみです」と語り、ショーン・マホニーさんは、「今回の作品は制作に12年という長い時間がかかっています。今回の上演のために新しい曲を作曲しましたが、引き出しに温存していた楽曲も出してきて、お披露目することができたので、大変楽しみにしています。日本チームと協業できたことを誇りに思います。本日ワールドプレミアをできることを光栄に思っています」とおふたり共に喜びの表情を見せてくれました。

最後に柚希礼音さんは、「個人的には、芸歴20周年の締めくくりで素晴らしい作品に出会えて、宝塚歌劇団で学んだこと、女優になってから学んだことすべてを経験していないと巡り会えない役に出会えました。本当に早くお客さまにご覧いただきたいです。全体としても本当に面白い作品となっておりますので、お見逃しなく!!」と作品そして役への思いを語り会見を締めくくりました。

 

A New Musical『FACTORY GIRLS〜私が描く物語〜』は、19世紀のアメリカ・ローウェルが舞台。

産業革命により大規模な紡績工場が誕生した街で、女性の権利を求めて、そして自由を求めて戦った女性たちの物語。時代は違えど様々な思惑が渦巻くなかで自分の信念にしたがってまっすぐに生きるサラとハリエット。そしてファクトリーガールズたちの思いを応援したくなる作品です。

決して過去だけにとどまらない現在に通ずるテーマとメッセージを含んだ、“今を生きるあなた”に伝えたい、自由を求め闘った女性達の物語をぜひ劇場でご覧ください。

 

【公演概要】

■タイトル A New Musical『FACTORY GIRLS〜私が描く物語〜』

■日程・会場

東京公演:2019年9月25日(水)〜10月9日(水) TBS 赤坂 ACTシアター

大阪公演:2019年10月25日(金)〜10月27日(日) 梅田芸術劇場メインホール

■出演

柚希礼音 ソニン 実咲凜音 清水くるみ 石田ニコル/

原田優一 平野良 猪塚健太 青野紗穂 谷口ゆうな 能篠愛未 戸井勝海 剣幸 ほか

■公式ホームページ http://musical-fg.com/

(2019,09,26)

photo&text:Akiko Yamashita

#NorieM #NorieMmagazine #ノリエム #FACTORYGIRLS #ファクトリーガールズ