ジャニーズJr.内ユニット・宇宙Sixの松本幸大さんが単独初主演する舞台『どれミゼラブル!』が、10月3日、東京・博品館劇場にて初日を迎えました。この初日に先駆けて同劇場でゲネプロが公開されました。この内容を紹介します。

写真前列左から岩田華怜さん、室龍太さん、松本幸大さん、石垣佑磨さん

後列左から池田テツヒロさん、早乙女友貴さん、金田哲さん、石橋徹郎さん

 

売れない役者たちが住む下北沢のアパートを舞台に、広島から上京してきた俳優志望の若者が入居して起こった珍騒動を描いた物語。2004年に初演され、以降はしばらくやっていなかった。再演版の演出を務めたのは俳優で劇作家な池田テツヒロさんです。

どこか昭和の香りという懐かしさを感じるハートフルコメディ。夢を描いて上京した田中(松本さん)と、そんな田中に稽古をつけるこの道の先輩(売れない)役者たちとのやり取りは、クスクス、ウハハと笑いを呼びこみ、後半になるにつれ、その笑いは一層盛りあがり、同時に涙も誘うのです。彼らは果たして売れっ子役者になれるのか。その答えはぜひ劇場でご確認ください。

囲み会見には、松本さんのほか関西ジャニーズJr.の室龍太さん、石垣佑磨さん、岩田華怜さん、金田哲(はんにゃ)さん、早乙女友貴さん、石橋徹郎さんと演出の池田テツヒロさんが出席しました。
松本さんは「初日が楽しみでしかない。プレッシャーもありますが、それ以上に素晴らしい皆さんと一緒にできるという楽しさがあり、コメディなので自分たちも楽しんで、その楽しさをいかに皆さんに伝えるかが大事」と気合いを入れます。

売れない芸人コムサ真二役を演じる室さんは、芸人役のお手本について「近くに金田さんがいらっしゃるので何の心配もなくできています」と笑顔。
その一方で「芸人ぽいですよね」と話を振られ「僕一応ジャニーズなんですけどね」と否定しながら笑いを誘っていました。松本さんと室さんは芸歴がそこそこある“舞台班”だが、実は今回が初共演。松本さんの印象を「稽古に入るまでは怖かった」と話す室さん。「というのも最初は無口だったので。一発目は殴られるんじゃないかと思っていたくらい」と言うと、松本さんは「恥ずかしがり屋なんです」と“不仲説”を一笑にふしていました。

このカンパニーについて池田さんは「異種格闘技戦です。ジャニーズに、元AKB、劇団朱雀の方もいますから。皆さんポテンシャルが高いのでそれを活かせる演出が自分ができているかが不安なんです。実際、彼らは稽古場ではあまり本気を出してこないのに、劇場に入ったら本気を出してきまして」と笑い、本作を「とんでもない傑作になった。私史上、最も面白い作品になった」と力説。

松本さん「もちろんイケテツさんあってなんですが、お笑いだったら金田さん、アクションだったら佑磨さん、お芝居だったら石橋さん、そして僕扇子の技や殺陣もやるんですけどそれを全部(早乙女が)教えてくれたんですよ。だから皆で作った作品、という意識が稽古場にあふれていて楽しいです」とニコリと微笑んでいました。

舞台『どれミゼラブル』は東京を皮切りに以下の日程で上演されます。

【公演概要】

■タイトル 舞台『どれミゼラブル!』

■日程・会場

東京公演:2019年10月3日(木)~10月14 日(月・祝) 博品館劇場
大阪公演:2019年10月17日(木)~10月22日(火・祝) 松下IMPホール
福岡公演:2019年10月30日(水)・31日(木) ももちパレス大ホール
仙台公演;2019年11月3日(日) ・4日 (月・休) 電力ホール

■演出  池田テツヒロ

■脚本  可児理華
■出演
松本幸大(宇宙Six/ジャニーズJr.)
室龍太(関西ジャニーズJr.)
石垣佑磨 岩田華怜 金田哲(はんにゃ)
早乙女友貴 石橋徹郎(文学座)

■公式ホームページ https://www.doremize.jp/

(2019,10,04)

photo&text:Saki Komura

#NorieM #NorieMmgazine #ノリエム #どれミゼラブル #松本幸大 さん