田中哲司さん、大森南朋さん、赤堀雅秋さんによる演劇ユニット「コムレイドプロデュース」による舞台『神の子』が、12月15日(日)、東京・本多劇場にて開幕しました。初日直前には同劇場にて囲み会見とゲネプロが行われ、囲み会見には、大森さん、田中さん、赤堀さんのほか、長澤まさみさん、石橋静河さん、でんでんさん、江口のりこさんが出席しました。

集合写真前列左から田中哲司さん、大森南朋さん、長澤まさみさん、赤堀雅秋さん

後列左から江口のりこさん、でんでんさん、石橋静河さん

 

作・演出を務めた赤堀さんは「下北沢の本多劇場という大好きな劇場で、素敵なキャストで公演を打てるということは、贅沢だなという気持ちとこの上ない幸せを痛感しています」と語り、本作については「終始どうでもいい些末なエピソードの連続なんですけど、その中で何となく世の中に漂っているような虚無感だったり、やるせなさみたいなものがにじみ出ていたら嬉しいなと思います」とコメント。

 

大森さんは、警備員の池田守役。「妙な緊張感を持ちながら今日一日を過ごすのかと思うとソワソワしています」と初日を目前にした心境を語ります。

 

池田が出会う田畑美咲役の長澤さんは「美咲は池田さんと出会う事で、自分の求めているものに出会えるのかというところが見どころかな。稽古で積み重ねてきたものを丁寧に演じられたら」と意気込みを見せます。「赤堀さんの作品に出てみたいって思いもあったので、ラッキーって感じ」と笑いを交えつつも。

舞台出演については「やっぱりすごく緊張するし、難しいものだなというのは毎回舞台に立つたびに思うのですが、でも楽をしてはいけないなと思うので、楽しむために楽をしないで、生の舞台で生の温度を感じて自分も苦しみながら楽しくお芝居が出来たらなと思っています」と想いを述べていました。

 

五十嵐健役の田中さんは、「でんでんさんと大森さんと一緒に働く警備員仲間というか、恐らく僕の役がこの登場人物の中で一番最低だと思います」と述べ、「初日をずっと待っていたので、今日が本当に楽しみで思う存分やろうと思います」と喜びを口にしていました。

 

でんでんさんが演じるのは最年長の土井春彦役。「初日があと1週間後だったら嬉しいんですけど、今日は今日で楽しみにしております。(土井は)最低の人間なんですけど、それが自分であるというものを、何となく自分で支えているような弱い人間なんですけど、そういうところを上手く演じていければいいな」と笑顔でコメント。

 

警備員の3人組が通うスナックのママ・林田美保役を演じる江口さん。「先輩たちがすごい頼もしいので安心感がありつつ、初日の不安もありつつですが……今日は楽しもうと思います」と言葉少なめに挨拶。

 

斎藤真理子役を務める石橋さんは「長澤さん演じる田畑さんと似た境遇で田畑さんに憧れを頂いているような人です」と自身の役どころを説明し、「こんな先輩方と舞台に立てることはなかなか無いんじゃないかなと。今日(初日)は不安はあるんですけど、それよりも楽しみな気持ちの方が大きいので、観ていただくお客さんに楽しんでもらえたら良いなと思います」と笑顔を見せていた。石橋凌さんと原田美枝子さんを親に持つ石橋さんですが「始まる前は怖くて怖くてしょうがなかったんですけど」と不安を垣間見せます。「でも昨日も自分が出ていないシーンを客席から見ていて、こんなに面白いお芝居の中で自分も一緒にやらせてもらえるんだ!!と改めて思うと楽しみになった」と、最後は笑顔に。

 

12月24日が昼公演のみ、25日が休演日ということで話題はクリスマスの過ごし方について。今年、妻・仲間由紀恵さんが双子を生んだばかりの田中さんは「撮影があって・・・」と家族サービスが出来ないとこぼす一方で、同じく今年子どもが産まれた大森さんは「休みなので家族と一緒に過ごしたいです。でも俺がサンタの格好をしてもまだ(子どもは)無自覚ですから何やってんだって話になるかと」と照れ笑い。長澤さんは「両親が上京してくるので家族で過ごします」と娘の立場から家族サービスに徹すると笑顔を見せる長澤さんでした。

最後に大森さんが「キャスト全員ここまで頑張って初日を迎えることが出来たので、最後まで全力で突っ走れたら」と気合いを入れて会見をお開きにしていました。

 

ゲネプロはというと……。

池田、五十嵐、土井。
路上で警備員として働く3人は、職場はもちろん行きつけのスナック、趣味のパチンコまで常に一緒にいる。
3人そろって独身で貧乏。
目的も展望もない生活にウンザリしつつも、抜け出すほどのヤル気はなく、漠然とした不安の中で、ただ日々をやり過ごしていた。

ある日、池田に若くきれいな田畑と斎藤という二人の女が声をかけてくる。
彼女らの誘いを受け、 池田は街頭でのゴミ拾いボランティアに参加することに。

呆れるほど単調な日常の中に小さな変化が兆す。
田畑との出会いにほのかな夢を見る池田。
それは、男たちにとって幸か不幸か…。

「最低な男」「愛すべき人間のクズ」をあたたかい眼差しで描くことに定評がある赤堀作品が今回もまたどうしようもなく愛おしい人々の姿を描いていました。果たして、警備員3人の展開に未来はあるのでしょうか。すべては本多劇場で。

 photo:引地信彦(舞台写真)

 

 photo:引地信彦(舞台写真)

 

 photo:引地信彦(舞台写真)

 

 photo:引地信彦(舞台写真)

コムレイドプロデュース公演『神の子』は以下の日時、会場で上演されます。

【公演概要】

■タイトル コムレイドプロデュース公演『神の子』

■日程・会場

東京公演:2019年12月15日(日)~12月30日(月) 本多劇場
愛知公演:2020年1月7日(火)~1月9日(木) ウインクあいち
福岡公演:2020年1月13日(月・祝) 福岡国際会議場
広島公演:2020年1月16日(木) JMSアステールプラザ 大ホール
大阪公演:2020年1月18日(土)〜1月19日(日) サンケイホールブリーゼ
長野公演:2020年1月23日(木) サントミューゼ
静岡公演:2020年1月25日(土)〜1月26日(日) 浜松市浜北文化センター

■作・演出 赤堀雅秋

■出演

大森南朋 長澤まさみ でんでん 江口のりこ 石橋静河 /
永岡佑 川畑和雄 飯田あさと / 赤堀雅秋・田中哲司

■公式ホームページ https://www.comrade.jpn.com/kaminoko/

(2019,12,17)

photo&text:Saki Komura

#NorieM #NorieMmagazine #ノリエム #舞台神の子 #大森南朋 さん #長澤まさみ さん