ービジュアル解禁に待ってました!!と楽しみにされていらっしゃる方が多いと思います。どんな『神田祭』になりそうですか?
雪之丞さん「古典舞踊をしっかりとお見せするのは本当に久しぶりです。『神田祭』では歌舞伎らしさをしっかり出したいと思っています。鬘も新派ですと網鬘を使いますが、今回は古典の歌舞伎舞踊という所にこだわりましたので、歌舞伎で使う台金の鬘にさせていただきました」

 

ー緑郎さんにとっては久しぶりの舞踊。身体の中に入っているものを呼び起こしながらの稽古になりますね。
緑郎さん「そうですね。これから先に新派として新作や古典の作品をやっていくにしても、我々はこういうものが血や肉となって作られているので、踊りの基礎は一生やっていかなければいけないと思っています。脈々とつながっているものがあると思いますので、時々、こうして歌舞伎の古典の作品を上演させていただくのは新派にとっても良いことなのではないかなと思います。」
雪之丞さん「新派は現代劇の上演も多いですが、着物を着てお芝居をすることは新派の基本となるところですから、着物を着たらどう綺麗にみえるのか、どうしたらお客さまに華やかさや役の性根をお届けできるのか、というのは、着物を着て踊る日本舞踊の基礎が身体の中にあることが新派のお芝居にはとても大切な基本的な要素になってると思っています。もう一度イチから勉強し直して、初心に返り、新しい気持ちでさせていただこうと思っています」
緑郎さん「新派の作品はビジュアル的な華やかさをあまり押し出していないので、ビジュアルだけで、華やかだなぁ、きれいだなぁと思っていただけるのは嬉しいですし、我々が新派に入ったからこそできたんだねって言っていただけるようになったらいいなと思います」

ーこれから始まるお稽古に向けて改めて楽しみにしていることは?
緑郎さん「ちゃんと舞踊の稽古をやっていればいいんですが、久しぶりだからいろいろな所が痛くなるんですよね(笑)。普段ここの筋肉を使ってないなと気づかされながら久々に踊りをさせていただくと思います」
雪之丞さん「今回の『神田祭』は、尾上墨雪先生が振付ですので、どんな振付をしてくださるのか楽しみです。着物の裾をひいた芝居は新派でもありますが、裾をひいて踊るということはそれなりの技術がないと出来ないことですので、イチから勉強し直そうという気持ちで臨みたいと思っています」

 

ー公演前の行われる囲み取材では、新派の皆さんのあたたかさと本番前の高揚感を感じるのですが、やはり公演前のワクワク感は格別ですか?
雪之丞さん「それはありますね。やはり初日はワクワクしていますし、初日が明けてからも試行錯誤して変わっていくこともありますし、常に千穐楽までより良いものにしていこうという気持ちがあるので、そういう意味ではワクワク感はありますね」

 

ー歴史があって、連綿と続いている新派さんだからこそのチームワークや連帯感というものも感じますね。
緑郎さん「僕が新派に入った頃はそれぞれのポジションが決まっていて、空気の流れが止まっているなって感じて、退路を断って入ってきた僕自身とのテンションのずれを感じたんでしょうね。少し確信犯的にかき混ぜたんですよ。最初は雰囲気も悪くなるし後悔したことありましたが、真剣に新派のことを考えていて、想いを持っていることを理解してくださって、波乃久里子さんにも”大事なのは熱量よね。思い出したわ”って、言っていただけて、稽古場の雰囲気がまず変わりました。緊張しつつも楽しい稽古場になっていきましたね」

ー新派を変えていこうと考えていらっしゃる緑郎さんの現在の達成度はどのくらいですか?
緑郎さん「まだ5%くらいですね。2桁には到達していないでしょうね。でも逆に言うとこれからの伸び代がまだたくさんあるので楽しみですね。新派に入りたい人、そして新派の上演をご覧になりたい方が増えるというところが最終目標、究極のゴール地点で、そこに到達したらそれを継続することですね。僕が新派に入った頃は、チャージ量は0.5%くらいでしたので、着実に充電は5%まで増えています。公演回数も着実に増えていますし、お客さまも確実に増えていると感じています。新派にはまる方をもっと増やして行けたらと思います」
雪之丞さん「良いものを上演すれば必ずお客さまは観に来てくださるんですが、その良いものを上演するためには、まず新派を世の中の方に知ってもらう、ひとりでも多くの方に知ってもって、拡散してもらうことが必要だと思います。相乗効果が起こるように今どうしたら良いかと考えています」

 

ー中毒性ある新派ですね!!新派の公演では他の現代劇では見られない世界が広がっていますので、ご覧になったことがない方は一度ぜひ体感してもらいたいですね!!
雪之丞さん「女方が出てきてすっと芝居に入っていくのは歌舞伎と新派の公演だけですから、そういうところの魅力も発信していきたいですね」

 

ー最後に読者の方にメッセージをお願いします。
緑郎さん「新派は歌舞伎から通じている日本の立派な演劇のジャンルです。日本人の心のツボを押すものを持っている劇団です。ぜひ劇場に足を運んでご覧になってください」

 

【profile】
■喜多村緑郎
1969年1月6日生まれ。新潟県出身。A型。

■河合雪之丞
1970年11月29日生まれ。東京都出身。A型。

 

【公演概要】
■タイトル
初春新派公演
一、明日の幸福
二、神田祭ー新春ご挨拶申し上げますー
■日程・会場
2020年1月2日(木)〜1月20日(月) 三越劇場
■出演
水谷八重子 波乃久里子 栗山航 河合雪之丞 喜多村緑郎 ほか
■公式ホームページ https://www.shochiku.co.jp/play/schedules/detail/shinpa202001/

(2019,12,20)

photo:Yuji Watanabe/interview&text:Akiko Yamashita

#NorieM #NorieMmagazine #ノリエム #新派 #喜多村緑郎 さん #河合雪之丞 さん


マガジン掲載情報!!

今回初のWEBインタビューに登場してくれた喜多村緑郎さん&河合雪之丞さんが12月20日(金)発売のNorieM magazine#40のINTERVIEWに初登場。WEBインタビューとあわせてご覧ください。

掲載誌情報はこちら→https://noriem.stores.jp/items/5dc3c10363794411497fe644