ログアウトしますか?

NorieMマガジンを閲覧するためには会員登録が必要です。

夏の人気限定メニュー‼️「ハモ天丼」登場

こんにちは。

暑い日々が続いておりますが、こんな時こそたくさん食べて元気をつけたいですね。

7/18~7/24 の一汁三菜の選べるお昼ご飯に

カフェノリエムの夏の風物詩「ハモ天丼」1,000yen+tax ランチ登場です!

 

実は鹿児島県の志布志市港は、ハモの漁獲量が全国でもトップクラス。

これまでは知名度が低く、骨切りの技術を持つ職人さんがいなかったので

鹿児島ではあまり食べられてこなかったのですが

志布志市漁業協同組合がハモの「骨切り機」を購入し、

職人の技がないと食べられなかったハモが、ぐっと身近になりました。

毎年夏には「志布志ハモ三昧まつり」も開催されているそうですよ。

 

丁寧に骨切りされた身は、ふわふわでしっとり。

淡白なのに、独特の旨味がたまらない初夏の味です。

そんな天然ハモを梅肉や大葉と合わせて天ぷらにし

野菜たっぷりの薬味と合わせてお丼にしました。

 

これからの暑さを乗り越えるためにも

地味豊富なハモ天丼、是非ご賞味ください。

 

その他 ・甘辛ジンジャーチキン ・あじのマッシュポテトフライ

・スペシャル薩摩隼豚ランチ「薬膳酢豚」(ドリンク・プチデザート付き1,800yen+tax)

以上の週替わりランチで皆様をお待ちしております。

ミントシロップで食べるチョコレートパフェ!

すこんにちは!

今回は新しいデザートのご紹介です。

季節で変わるパフェの夏版

「チョコレートパフェ ミントシロップ付き 850yen+tax」です。

パフェの中は

チョコレートチーズケーキ、濃厚なチョコレートアイス、バニラアイス

たっぷりチョコチップ、ココアのビスコッティを添えたリッチテイストのパフェです。

夏にチョコパフェ?

はい!そこで清涼感たっぷりのミントシロップをかけてみてください。

ミントをたっぷり使って手作りしたミントシロップ。これがとってもあうのです!

すーっと広がるミント風味がチョコを邪魔しすぎず、絶妙です。

チョコミントが苦手だったスタッフもペロリでした!

是非、カフェノリエムで、甘い夏の味をお楽しみくださいませ。

 

麺’sフェアー「薩摩隼豚の塩レモン焼きそば」1,200yen+tax

こんにちは!!

鹿児島は梅雨入りしましたが、途端に晴れ間が続いています。

今回はこんな時期にぴったりのランチメニュー「塩レモン焼きそば」のご紹介です。

マルヤガーデンズ館内、飲食店舗での合同企画「麺’Sフェアー」(メンズフェアー)

毎年人気の企画でメンズと麺をかけた父の日までのスペシャルです。

カフェノリエムでは、黒豚 薩摩隼豚のお肉とラードで塩焼きそばを作りました!

シンプルな味付けながら、お肉のコクが麺に絡まって深いあじわいです。

途中からレモンを絞ってさっぱりといただくのもおすすめです。

薩摩隼豚のチャーシューご飯付き!男性の方もしっかり満足できる一品。

6月17日(日)までこの機会にぜひお召し上がりくださいませ。

(ランチタイムメニューです。)

通常の一汁三菜のお昼ご飯(1,000yen+tax)も提供しています。お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

薩摩隼豚のお昼ご飯 第2弾登場!

こんにちは、ゴールデンウィーク皆様いかがお過ごしでしょうか。

先月より始まった新しいランチメニュー

「薩摩隼豚のお昼ご飯」1,800yen+tax(ドリンク付き) 第二弾は、角煮ステーキ!

今回のお肉の部分は「バラ肉」です。

トロトロに煮込んだお肉をソテーして香ばしく仕上げました。

薩摩隼豚の特徴である、融点の低い脂と旨味。

口に入れると、スッととけて旨味と甘みが広がります。

つけ合わせには相性の良い、大根のステーキと大豆と青菜。

バランスの取れた一品です。

こちら毎日数量限定でのご提供ですので、お早目のご来店をお勧めいたします。

そのほか 定番のランチメニュー

「一汁三菜のお昼ご飯」 1,000yen+tax

5月2日(水)~5月8日(火)までのラインナップは

「鶏の中華ソース」

「アジのマッシュポテトフライ」

です!どちらも人気のランチで皆様のお越しをお待ちしております。

薩摩隼豚(さつまはやとん)のお昼ご飯 1944円

こんにちは!今回は新しいランチのご紹介です。

4月20日(金)から

定番の一汁三菜のお昼ご飯にスペシャルメニューが登場します。

「薩摩隼豚のお昼ご飯」1944円

鹿児島県大隅町にある「たまり農園」の希少な黒豚「薩摩隼豚(さつまはやとん)」

を使用したランチです。

かごしまのおいしい食材を探していく中でノリエムは「薩摩隼豚」と出会いました。

代表の玉利さんは、食品ロスの低減と資源循環を目指したこだわりの生産者。

悠々とした風土の中、地元のおからや、米ぬか、さつまいもなどを発酵させた飼料で

おなかの中から健やかな豚を生産しています。

 

カフェノリエムはそんな玉利さんに共感し、何よりも味の美味しさに感動して当初より

使用していました。

豚肉には色々な部位にそれぞれの味わいがあります、もっと皆様にあじわっていただきたい!

カフェノリエムでは一頭買いして、ランチでさまざまな形にかえて提供することにしました。

第一弾は

「ロース肉のステーキ」

低温でじっくり加熱し柔らかく仕上げたステーキです。

薩摩隼豚の一番の特徴はさっぱりした脂身、その旨味はお野菜にとてもよくなじみます。

お野菜もたっぷり盛り込んだ体に優しいプレミアムランチです。

希少な薩摩隼豚がランチで食べられるのは、全国でもカフェノリエムだけ!

ゴールデンウイーク中も限定数ではございますが提供いたします。

ぜひご賞味くださいませ。

1